さんとうきんのブログ

20代です。電験二種、三種取得。【転職と仮想通貨で一発逆転!】

icon_054340_256

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では、宇宙開発の発達で、現在は安全資産として逃避先となっている金もいずれ無価値になるのではないかということを書きたいと思います。

まずはこちらの記事をご覧ください

【金の役割】
今のところ、投資家から見た金は株や不動産からの逃避先になっています。主に希少価値が高い事と中央銀行が発行している通貨の数が増えて相対的に価値が上がっているかのように価格は右肩上がりなわけです。

【金はこれから世の中を変えるか?】
今までの惰性で金が評価されている気がします。これから、金が世の中を大きく変えるものになるとは思えないからです。価格上がるので価値も付いたように見えていますが金の本質的な価値は年々減少していると感じます。

【惑星間で利用されるのは米ドル?】
月面基地や火星有人探査が2020年以降計画されていますがこのときに利用される通貨は米ドルでしょうか?月専用通貨【MOON】でも発行されるでしょうか?

年々ビットコインの価値が高まっていると思います。
完全にビットコインとか米ドルとかではなくて、使う人が増えそうという事です(*´ω`)
そして、ビットコインは世の中に出て以来ずっとバブルです。根強い需要が新興国を中心に続いています。

【関連記事】
【①金が無価値になる?】コモディティ投資は危険?
【②金が無価値になる?】現実世界からの逃避先はビットコインしかない?
通貨の歴史から考えるビットコイン①



icon_049940_256


こんにちは!さんとうきんです。
自己紹介をしますと、さんとうきんは電験二種を取得し発電事業に携わっています。資格取得と実務経験者としてインフラファンドのリスクリワードについて考えていきますm(__)m
前回の記事ではメリットについて書きました。
※諸説あり

【リスク】
太陽光のリスクといえば災害かなと思います。
特に豪雨や土砂崩れが考えられます。
土砂崩れが起きる地盤の発電所を組み入れてはいないかなとは思うのですが、実際に起こると修正工事だけで売電収入どころではなくなりますので購入するインフラファンドが、どういった地形に建てられているのか調査することをオススメしますm(__)m
全量は難しくても大規模な発電所だけでもやると良いかなと思います。

また、集中豪雨は対策のしようがなく、過去の経験から雨量を算出するので今の感じだと想定外の雨が降るとかなりリスクは高くなるはずです。特に九州は6月~10月にかけて大雨が多いです。土の含水量が増えるとかなり脆くなり、実際に山ごと崩壊して修正工事で20年売電しても赤字なんじゃないかという所もあるようです!

ファンドによっては豪雪地帯に建てていたり、火山灰が降りそうな九州や地震多発地帯、津波の及びそうな沿岸部に建設されていたりしています。どこのインフラファンドも分散させようとはしているもののメインの発電所的なのがあるのでそこだけでも調査することをオススメ致します。


【さんとうきんは買わないの?】
前回の記事で書いたように他の資産に連動しないのでポートフォリオに組み入れるのはかなり良いと考えています!そのうち各ファンドの特徴について記事を書くので読者登録お願いいたしますm(__)m

おわり

【関連記事】
【①2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!
【②2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!
【③2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!

icon_054560_256

さんとうきんは電験2種と3種を取得しています。自分の合格した年の合格率は3%程度でした。ここまで取得した経験や転職から電験の仕事でありがちなことを書いていきます。他の業界ではないようなこともあるかもしれません。記事下の関連記事に勉強法もリンクしています。

【定時で帰れる?】
恐らくですが、電験の仕事で多いのは鉄鋼や半導体、食品などの工場、ビル管理、電力会社、外部委託の保安協会など多岐にわたります。

こういった様々な業界に設備部門はあるわけですが、残念ながら定時に仕事が終わって帰宅できる20代や30代の社員がいる企業を見たことがありません( ;∀;)

特にメーカーは色んな設備をまとめて電気、機械などの部門に分けている会社が多いので電験三種の仕事だけというのはないと思います。。。

【半導体メーカーでは】
某有名半導体メーカーの例としては、働き方改革で時間外は50時間できっちり守られるのですが、今までは70~80時間かかっていたものをその時間でこなすので狂いそうになっています。。。
また、そんな中で仕事をしているので上司もストレスが溜まりやすく叱責がキツ過ぎるとの事でした( ;∀;)

業績はイケイケで賞与は100も超えるようです。

【電力会社では】
部門によりますが、思ったよりキツイというのが本音かなと思います。みんな、これでも他に比べればまだましという理由で電力会社に残り続けている感じがしました。

サービス残業はかなりありますし宿直などもあり時給換算すると激安です。階級が上がり課長以上になると1000万越えたり越えなかったりします。

若手は安いです。30歳で500万が目安で学歴は関係ありません。20代後半で1回のボーナスも50~60万が目安です。他に福利厚生もありますが現金へ換算すると大した金額ではないので割愛します。

あとは組合活動が大変でした。選挙活動への協力や青年会の開催、飲み会などで疲弊していきます。。。

【鉄鋼メーカーの技術系総合職では】
院卒26歳?で550万です。そして大卒はマネージャークラスの待遇が保障されています。。。
全員かは分かりませんがほとんどの人が900万円に到達できるという事でした。

これだけ聞くと良いのですが残業が多めです。大体50~60程度で緊急呼び出しも年に何回かあるようでした。工場なので電気だけではないですし、鉄鋼業界はほとんどが老朽化していてどこの工業でも定期的に改修工事が行われています。よって夏休みはないので友人と予定は合いません。。。

【外部委託企業では?】
これは電力会社に似ています。違うのは報酬くらいで保安協会だと最近は差がなくなりつつあるようですがテクノなどでは激安なので要注意です。しかし、電力会社よりもさらに仕事がキツイ事が多いかもしれません。こちらも夏休みはなく工場の点検などで駆り出されます。。。

【まとめ】
いかがでしたでしょうか?
色々書きましたが、これでも電気、水道業は離職率や年収が1位で他の業界より恵まれているようなのでやはり電験を取得する価値はあるかなと思います。関連記事には以前書いた二種や三種の年収などについて書きましたのでご覧くださいm(__)m

【関連記事】
【電験三種勉強法】
【電験】給料や転職について

↑このページのトップヘ