さんとうきんのブログ

20代です。電験二種、三種取得。【転職と仮想通貨で一発逆転!】 カードローン200万を返済してますm(__)m

icon_054340_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では第二種電気工事士を独学で最短合格する方法を書いていきます。

さんとうきんは電気工事士の上位資格である第一種電気工事士、電験三種と電験二種を取得しています。もちろん第二種電気工事士も試験で取得しています!自己採点は9割以上だった気がします(*´ω`)

何個も資格取得してきたさんとうきんも勉強時間はなるべく少なくしたいと思っていました。。。
遠回りしたこともありますが、ここでは実体験を踏まえて最短経路で合格する方法を書いていきます。

まずは第二種電気工事士がどういう試験化を知る必要があります(*´ω`)

【第二種電気工事士とは?】
・解答はすべてマークシート
・100点満点で1問2点、50問出題
・60点で合格
・試験時間は2時間
・ほとんど過去問から出題
・試験は年二回(6月と10月、実技7月、12月)

以前は年1回しか試験が実施されていませんでしたが、人材不足なので年2回実施に変更となりました。受験者が一気に増えて10万人を超えています(*´ω`)

もちろん資格取得したからといって仕事ができるという事ではありませんが電気工事士を目指したり、最近は大企業の事務系でも電気工事士の取得するように指導されることもあるようです。。。


【合格率は?】
第二種電気工事士の合格率は60%近いので簡単なように思いますが実技試験もあり、こちらは70%なので全体の合格率としては50%を切ります。。。
油断すると落ちますが、個人の努力で十分合格可能です。必ず一発で取得するという気持ちが大切です(*´ω`)

【勉強時間は?】
個人差はあるとはいえ大体筆記だけで、必ず合格したいならば100時間は確保した方が良いでしょう!
毎日1時間を3か月が目安です!
必ず100時間は確保しましょう!

【関連記事】
【第二種電気工事士 筆記試験】独学 最短 勉強法①
【第二種電気工事士 筆記試験】独学 最短 勉強法②

icon_049340_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事ではカードローンの感想を書いていきたいと思います!



【何社で借りた?】

自分は3社で借りました!3社借りて分かったのは金利は会社によってかなり違うという事。。。
ネット銀行=安いという事はなく安い傾向があるって感じでした。。。

某ネット銀行は1番高かったです( ;∀;)
審査基準も異なるので自分に合ったところを探しましょう!
場合によっては断られることもあるので、どうしても借りなければいけない期日がある場合は複数申し込んだほうが良いかもしれません。。。

【金利はどう?】








ここが1番金利が低かったです。もちろん条件にもよりますが高いところでは15%でしたがここは10%でした(*´ω`)

他もシミュレーションしましたがほとんだ15%近かったです。借入金額が低いとどうしても高くなりがちなのでしょうがないのかもしれません。。。

ちなみに目的をギャンブルにすると申し込めない場合がありました(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)
素直に入力したのですがw
気を付けましょう。たぶん金利も少し高くなるかもしれません(*´ω`)

【毎月の返済は?】
会社によって若干変わりますが返済金額は大体同じくらいで借り入れの1~2%程度で1%だと元金が全く減りません( ;∀;)

自分のようにまとまった金額が入る予定のある人は使う価値はあると思いますが生活費が足りなくて借りる方は注意が必要です。。。

【返済忘れには注意!ブラックリストに乗ります。。。】
軽く考えがちですがブラックリストは様々な企業で共有されているのでローンの支払期日は必ず守る世にしたほうが良いです(;^ω^)

出来ればそこの会社で口座開設もして自動引き落としにすれば忘れることもないでしょう。。。
そうでなければ毎回ATMへ行き返済することになるのでついつい忘れてしまう事があります(;^ω^)

【まとめ】
いかがでしたでようか?
さんとうきんも未だに80万円ほどのカードローンがありますがコツコツ返済しています。。。
何とか今年中に返済したいです(;^ω^)

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事ではビットコインを買いまくっている事や大流行目前であるサインを感じている事について解説していきます(*´ω`)

スクリーンショット (485)






ビットコインは2017年の年末に220万円になり2018年は下がり続けました。。。
しかし、2019年は40万円から150万円まで急上昇してきました。通常はここまで短期間で上がるのはバブルである場合が多いので仮想通貨バブルは現在も継続中だと思われます(*´ω`)

そして日本も含めて世界中の企業が参入していて色丹単と投資をしている状況です。つまり、今から仕込めれば企業と同じタイミングで投資することになるので相当な利回りが期待できる可能性があります。※諸説あり

スクリーンショット (486)





実際に日本企業で仮想通貨へ投資している企業がこちらになります。業務提携なども含めると電通やJRなど莫大な数になるので取引所を運営している企業にしました。企業が取引所をオープンするのは取引が増える時です。取引が増えるのはその取引対象物の価格が上がるときなので、こういった企業は今後、仮想通貨が上がる事を見越していると考えられます。

スクリーンショット (487)





ただし価格の上昇に伴いハッキングするハッカーの需要も増えるので注意しましょう。最近はある程度の期間が経過した後に返金されるので安心できますが、マウントゴックスのように返金されない場合があるので注意が必要です。

スクリーンショット (488)





未だに仮想通貨が詐欺だと言われることがありますが裏では着々と準備が進んでいて、ドルや円などの送金で利用されている団体、SWIFTの仮想通貨版の団体の創設が正式に金融庁主導で進められているようです。まだ、なんの通貨が利用されるかが分かりませんが仮想通貨の地位向上に一役買いそうです。

スクリーンショット (489)





次に、仮想通貨に注目しているのは日本だけなのかというとそうではなくアメリカでも密かに熱狂しています。特に機関投資家と呼ばれる人たちの2割が仮想通貨を保有していると、フィデリティという伝統的な資産運用会社が実施したアンケートで回答しています。スマートフォンも、大体15%を超えるあたりからブームが起きたことからここから1年ほどで劇的な仮想通貨投資ブームが巻き起こるきがしています。

スクリーンショット (490)





【まとめ】
こんな感じで仮想通貨の爆発的な流行が目の前に迫っていると考えています。こちから仮想通貨を購入しようとしている方は口座開設方法についてまとめたのでご覧ください。
口座開設方法についてはこちらから

↑このページのトップヘ