外資リーマンーさんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。【株式投資を始めました】 株について書いていますが投資助言はしていません。あくまでも自分のポートフォリオ的に買いたいタイミングで購入しています。投資判断はご自分でお願いします。

icon_032960_256


通貨の歴史近代を書きたいと思います(*´ω`)

なんといっても近代のメインテーマは戦争だと思うので、二度の世界大戦でアメリカ、イギリス、ドイツ、日本の戦費がGDPに対して何倍だったのかという観点から今の日本の国債残高がどれほどなのかを考えたいと思います!

【アメリカ】
第一次世界大戦 GDP比0.9倍
第二次世界大戦 GDP比3.2倍

【イギリス】
第一次世界大戦 3.8倍

【ドイツ】
第一次世界大戦 GDP比3.5倍
第二次世界大戦 GDP比2.5倍

【日本】
第二次世界大戦 GDP比8.8倍

ドイツの戦費はもしかしたら間違っているかも。賠償金なのか戦費なのか曖昧でしたが最低でもこれくらいはかかった感じです。日本の戦費だけ突出していて死に物狂いで戦争に臨んでいたことが分かりました。ここまで膨らんだのは、国債のほとんどは日銀と帝国政府が引き受けていたようで市場の原理さえ働かなければGDP比8.8倍もできる感じ。。。
戦後は日本も強烈なインフレになりました。

このように中世の時と同じく、通貨発行量を増やすと強烈なインフレが起こることは確からしいです。ドイツでは第二次大戦後に賠償金などを支払うために中央銀行が大量に紙幣を発行したせいでマルクが崩壊しました。中世の宋や元王朝に似てますね。。。なので、日本の金融緩和がインフレに影響なかったとか日本はインフレにならないというのはうそだと思われます(*´ω`)

この感じだと日本は第二次世界大戦のころのように中央銀行が引き受けてる限りGDP比で5倍近くまでいけるかもしれませんし預金で銀行が国債を買って日銀が買うというのを無限ループすればどこまでも行けちゃうわけですね。。。

しかし、歴史的には300%を超えてきたあたりで、中央銀行の国債買取が終わった後には金利の上昇と強烈なインフレが起こるのが今までのパターンで今回も例外ではないかなーって感じです。平常時だとGDP比3倍付近はきついかもしれません。日本は大体240%くらい。着実に近づいています。危険のサインは為替で1ドル=150円方向に行ったときは限界の印。。。こんなのが数年続いてあとから株価が上がり始めます。こうなると預金だけしている人が一番損をするのがパターンって感じです(*´ω`)

明日はビットコインがなぜ上がるのかを書きます(*´ω`)

【関連記事】
通貨の歴史から考えるビットコイン④
通貨の歴史から考えるビットコイン③
通貨の歴史から考えるビットコイン②
通貨の歴史から考えるビットコイン①

この記事では自分のチャート分析の勉強結果を書き込む記事になりますのでなんの保証もありませんのでご注意を。

5月にも、100万円に届きそうだったビットコインだが、99万円で100万円にあと一歩まで迫るも大きく反落。当時堅調な価格推移にあったBTC価格も100万円の厚いサポートラインを意識付けられる結果となっていました(*´ω`)

しかし6月16日では、大台を試しに行く動きが確認され、コインチェックやLIQUIDで高値100万円にタッチすしたあと、上抜けることができずにいる感じです。この100万円を突破すると米ドル建て1万ドル(110万円)が控えているビットコインは、ここを突破できれば新規参入者の上値追いが期待できるため重要なポイントだと思います(*´ω`)

一目均衡表の雲や200日移動平均線、週足MACD、月足MACDなど主なテクニカル的な節はクリアすることで上値が軽くはなっているものの、今回も上抜けることができない場合は、利益確定の売りが出る動きにも繋がるかもしれません!

CMEやグレイスケールなどのデータ(機関投資家のビットコイン投資額が前四半期比2300%増加)から、機関投資家など、これまでの市場参加者とは異なる資金が流入していることが見えてきた。昨年、東証一部上場企業のSBIの北尾社長は「機関投資家が仮想通貨へ参入したくてうずうずしている」と発言していたり今回の資金流入を見越していた感じです。また、ビットコインのハッシュレート過去最高値を更新したことなどが、市場を後押ししたかもしれません。

【ビットコインチャート分析】
スクリーンショット (240)


IMG_1491


実は、気になっていることがあってこれはないだろうと考えていました。しかし今回の反発によって確信を持ちました。たぶん何人かは備えているはずですがそんなに気づいてる人がいないかもしれません。

このチャートはビットコイン日足200日移動平均線です。
通常であれば移動平均から乖離が大きいので下落を狙う人や押し目買いを狙うパターンがあると思うのですがどうやらどちらも来ない可能性が出てきました。水色の線は2017年のバブルのときの上昇ラインを平行移動させると現在のチャートでも反発しているのが確認できます。つまりこのままいくと来月に200万年に到達する可能性が出てきました。

6月13日のツイートで自分は「ここから横横が続けば続くほど上がりそう。リスクリワードも良さげかな」と書いた後に
6月15日に「これを105万と120万で半分ずつ指値して撤退」
とツイートしたのですが105万で半分売った後は、残り半分を200万円で指値、105万円で損切決済で上値追いしても面白そう。という勉強結果になりました(*´ω`)

ファンドネタも揃ってそうだし、ビットコインは7月が面白そうです!

通貨の歴史中世を書きたいと思います(*´ω`)

【世界初の紙幣発行元は中国?】
11世紀中国の宋では銅や鉄などの通貨である、鉄銭や銅銭が利用されていたが金よりも重くとても不便でした(*´ω`)
宋の王朝は金の産出量が少なかったので利便性を改善するには紙にするしかありませんでした。
そこで王朝は鉄銭と紙幣を交換する兌換紙幣制度を導入しました。兌換紙幣というのは金などの裏図ずけされているものと交換されることが約束されている紙幣という感じです。今自分たちが持っている千円札などは金を買うことができるけど交換は約束されていないので不兌換紙幣といいます(*´ω`)
兌換紙幣は金などが価値の源泉で不兌換紙幣は信用が価値の源泉といえるでしょう(*´ω`)

【紙幣になるとなぜか限度額が破られがち】
王朝は準備金を鉄銭、銅銭36万貫に対して紙幣を125万貫発行する感じでした。この時点で全員が紙幣を鉄銭へ交換を求められたら崩壊するという感じですね。そもそも集めた銅銭などをどうしていたかというとモンゴルへ貢物として差し出していました。紙幣を発行して36万貫保有していれば差分は献上しても問題なかったのですが、この制度も徐々にきつくなってきました。。。

そこで発行限度額が破られるようになり最終的には、準備金を鉄銭と銅銭36万貫に対して紙幣を125万貫発行から銅銭36万貫に対して紙幣を2600万貫発行してしまいました(T_T)
紙幣は信用を失いモンゴルへの献上もできなくなったので宋はモンゴルに攻められて崩壊しました。

【元王朝が誕生】
宋を倒した後に元王朝が誕生したわけですがここでも新たな紙幣が流通します。この紙幣は不兌換紙幣で宋のときのように交換所で銅銭に交換することが出来ません。今の千円札とかと同じ感じです。

しかし、ここでも王朝は最終的に紙幣をどんどん流通させてしまい崩壊したようです。公務員に紙幣で支払い続けるイメージですかね(*´ω`)
次の王朝の明も同様に最初は発行限度額があったのですが紙幣を増刷してしまいました。

【紙幣の乱発=高インフレ】
中国の歴史的には紙幣の乱発は通貨の価値を減らすことになりました。逆に物の価値は上がったわけです(*´ω`)
現代も紙幣は上限なく発行されています。
明日は通貨の歴史③を書きます(*´ω`)

【関連記事】
通貨の歴史から考えるビットコイン④
通貨の歴史から考えるビットコイン③
通貨の歴史から考えるビットコイン②
通貨の歴史から考えるビットコイン①

↑このページのトップヘ