電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

まず自分の信頼性ですが、自分は2017年に第二種電気主任技術者を取得済みです。例年合格率は5%程度です。
次に注意事項ですが、1話から3話すべて読んでからテキストを購入し、その後に戦略を立てる方が良いと思います。
第1話では合格するための戦略を立てる際のポイントとテキストの使い方を書きました

【戦略を立てよう】
戦略なしに勉強しても合格しません。ここがしっかりしていると少ない勉強時間で確実に合格できるはずです。

・なんのテキストを使用するか
・何周するのか
・進め方
・試験日までに何時間勉強するのか
・どこを勉強するのか

など無作為に勉強をする前に決めることはたくさんあります☺

【おすすめテキスト】
今までいろいろ試したんですが書いてある内容に変わりはないので科目別の物なら何でもいいと思います。人気のものは読みやすい気もしますが使われている公式はどれも同じです。これだけシリーズと使ってる人は良くいたと思いますしこだわりがなければこれでいいと思います。やめた方が良いのは4科目が1冊になってるシリーズ。重要に公式が抜けている場合があり無駄です。仕事で精通していたり電験三種なんて簡単だよって人以外は辞めておきましょう(T_T)

あと工業高校の教科書はかなりいいです。ちらっと見た感じですが☺電気基礎1と電気機器の教科書は良くまとまってます。大学で使った教科書は難しすぎてだめですね。電験1種向けだし時間内に終わりません。大学生や大卒の人はテキストを買いなおしましょう。ガウスとアンペールの二つは大学のテキストで読む価値がある気がします。

最低限科目別4冊テキストと過去問の5冊が必要です。
過去問は電気書院のものを利用していました。目次には出題単元が年度ごとに記録していて計画が立てやすくなりますのでオススメです!

【進め方・何周する?】
テキストは5~7週するのがおすすめです。こんな感じで

1週目 読み進めていき1分考えて分からない所は印をつけて(〇、△、✕)読み飛ばす。例題は思い出せないときは公式を見ながら
人によるかも。自分は理解度は10%くらいだったかな?笑

2~3週目 1週目で分からなかったと所を少し調べながら読んでいき1週目で間違った例題を見ないでやる。3分考えてダメなら調べながら。使う公式は書けたとかなら例題の印に△も使って
3週目になると1週目より分かってくる感じがする。理解度は50%くらい?

4~5週目 人によっては過去問をやり始めてもOK。まだ例題がすべて解けない人は2~3週目と基本的にやることは同じ。分かってきて飽きてきたし暗記し始めてる部分があるけどこれでOKです。最後の答えを暗記してるのは良いけど導出過程を書けないなら✕
理解度は70%くらい


6~7週目 そろそろ飽きてきたけどやる事は同じ。特に最後の答えを暗記してるのは良いけど導出過程を書けないなら✕。後半は判定を厳しめに
適度に過去問をやろう
1~3週目はそこまで短縮できないかもしれませんが4週目以降は1週目の半分以下の時間で進むはずです。
続きは第2話へ

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m





YouTubeでも配信しているのでチャンネル登録お願いします(*´ω`)

【関連記事】
電験三種 勉強範囲 理論
電験三種 勉強範囲 電力と法規
電験三種 勉強範囲 機械
第1話 電験三種 勉強法と計画
第2話 電験三種 独学 勉強時間 勉強範囲

スクリーンショット (45)

こちらはビットコインの世界中の出来高です。抽出の仕方が不明ですがたぶん取引所からのデーターの総和かな?これは後で調べます。
今日はこれが正しいものとすると、思ってる以上にビットコインの出来高が大きく下げすぎた修正がきた?という内容です。テクニカルを使ったチャート分析とは今回は違います。

出来高的には現在は2017年の秋と同じくらいで、その時の価格は50万でした。30万円台は下げすぎで今回修正してきたのではないかという主張です。感覚的に出来高はもっと減ってると思ってました。チューリップバブルの球根なら値段が下落すると冷静になり出来高も急減するはずですが2年経ってもみんな取引しまくってる(^_-)- 2018年前半は買い板を出してる人の板を食っていったから値段が下がってたけど、今は売りたい人が減ってきていて、持ってる人がアメリカや日本、中国から新興国へしっかりと広がっているのも良いことだと思います。新規買いの人は握力が強いので高値更新するまでは売らないはず。

こういうデータの信用性って過去と比べるためには大切だと思うんですが、アメリカのSECからは売りと買いで2重で計上している取引所や自動取引で取引所内で売り買いをして出来高を不正に大きく見せていることが指摘されています。

2重で計上とは1株を取引する場合に売る人と買う人がいて1株の出来高のところを売りと買いを足して2株を出来高にしているということですね。だから取引所の出来高で取引所ランキングは決めれないということです。でも2重計上しているところは昔からしていると思うので2倍で出てしまいますが実際の出来高には相関します。新設の取引所はクリアになってきています。

次に自動取引で出来高を大きく見せている場合ですがこれは分かりません。確認のしようがない気がする。自分の取引所で2つの口座持って売り買いすれば残高は変わらないけど板出してれば顧客がそれを売り買いするわけだからこの仕組みだと思うようにいきません。どこまでのことしてるかわからないけど自分の口座優先で取引されるプログラム組んでるか市場参加者のいない深夜にやっているかですね。

そのうちcoinbaseについて調べます☺

スクリーンショット (44)

久しぶりにビットコインの分析をします。前回と変わらず強気目線です。
こちらはビットコイン日足200日移動平均のチャートになります。週足でもMACDが上昇トレンド入りを示しています。今のところは週足のMACDは信用度高いです。

注目しているのは何度もはじかれた65万円付近をどうやってこなしていくかです。はじかれながらも絡みついて6月に上げていくようならば新規買いがかなり強いと思います。ほとんどのトレーダーはここで買わずに様子見かショートで一定のラインを越えてから飛びつくはずです。だから、ここを超えるときは大きく跳ね上がる気がします。※諸説あり

G20で暗号資産の規制が決められると同時にSBIはSTOを開始するようです。STOとは株トークンですね。ICOはあくまでも法的な縛りがないので配当が出なくても文句言えませんし総会で役員人事にも影響を与えれません。liquidもSTOにQASHを変えてくれないかな?
年率5%くらい配当出してくれれば文句ないです 笑

また暗号資産全体が注目される夏になる気がします。昼休みに仕事そっちのけでトレードしていた2017年の夏を思い出します。








↑このページのトップヘ