電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

こんばんは!さんとうきんです(*´ω`)
以前の記事では、そろそろ調整終了か終盤に差し掛かっているはずなので久しぶりにチャート占いをしますと書きました。ここで一気に8000ドルまで落ちて週足MACDにタッチからの調整終了を考えています(*´ω`)

安値はお盆明けくらいかなと思います。

【上昇前の週足とMACD】
こちらは前の記事で書いた記事からの抜粋です。
ビットコイン週足とMACDになります。デットクロスしそうなギリギリで反発するのがビットコインの調整周期のパターンなので今回も同様かなと考えています!
これによるともう少し下落余地があり、盆明けくらいから本格的なトレンド転換かなという感じがします。

大体下値は90万と見ていますがここで大きく70万円程度まで下落してしまえばお盆明けまではかからないかなといったところです。

いずれにせよ、週足チャート的には調整終了と言うにはまだ早そうです。
BTC 週足





【トレンドライン】
ここのラインで跳ね返されているのでこのトレンドラインはかなり有効かなと思います。これでいくとお盆明けに8000ドルを目指すかなといったところです。下のラインへ到達する前に上のラインへタッチするようだとその前にブレークも考えられますが、それまでは中期で下落トレンド継続中かなと考えます。

一方で、長期のトレンドでは強い上昇トレンドであることは忘れてはならないかなと思います。下値のラインに到達したら買っていきたいなと思います。
スクリーンショット (411)


【まとめ】
10月に200万円、12月に高値更新という感じで考えています。イーサリアムやリップルも何かしら進展してセカンドフェイズへ突入というのは変わりないです(*´ω`)

ただし過去の下落率で考えると3割ほど下落すると調整終了のパターンが多かったので値幅的には十分達成しているところが気になるところです。150万円から100万円までなので35%ほどの調整になりました。今足りていないのは調整日数なのでやはり盆前後までチャンネル内でヨコヨコかなと思いますがどうなることやら(*´ω`)



こんにちは!さんとうきんです。
電験三種と電験二種を完全に独学で取得しました!友人や知り合いにもたくさんの受験者がいたのでパターンが見えてきました。独学で合格する秘訣や落ちる人の理由を書いていきます。





【落ちる人はメンタルコントロールが下手】
日本人は相手を敬い、自分が謙ることが美しいとされている感じがしますが、電験に落ちる理由の一つに電験の神格化があると思います。一見、聞き心地は良いのですが少し勉強を始めた後に必ず壁が現れます。。。

そんな時に電験=スゴイというメンタルだと自分はそんなスゴイ資格を取得出来ないという「言い訳」にすり替えられてしまいます。。。

そして勉強を辞めてしまったり仕事を言い訳に勉強しなくなります。そんなんでは絶対に受かりません。

【電験を見下せ!】
一番良いメンタルの状況は「電験二種を取るのだから三種は通過点」や「勉強すれば取れるでしょ?」という状態です。これは最も前向きに捉えており辛い時でも乗り越えるエネルギーになります。

電験三種ってそんなに難しい?という院卒や大卒の方はそのまま勉強し続ければいいと思います。院卒だとそういう感じのレベルに達しているはずですがこれは頭が良いというよりはトータルの勉強時間が他の分野で補われているだけかなと思います。

もちろん自分の周りにそういう人がいても自分が頭が悪いと思う必要も比べる必要もありません。その人はあなたと通る道が違いましたがトータルの努力量が院卒の人が多いから当然の結果です。才能の有無ではないというのがポイントです。





【一番つらいのは勉強を始めて半年】
二種も三種も最初が辛いです。なので三か月くらいで諦めてしまう人が多かった気がします。また、試験前の不安からなのか失敗を恐れるあまり直前で今年は諦める人もいました。

メンタル作りに失敗しているなーと感じていましたが、これは個人差が大きいのですね。生まれつきゴール直前で諦めることはない人もいればすぐに挫折しがちな人もいます。挫折する人は人生損しているわけです。これは電験にもあてはまりますので、とにかく辛くても続けなければ意味がないのです。

長くなりましたので続きは次回にします!ブログのメニューバーに電験三種や二種の勉強法関連の記事のまとめを載せていますので良かったらご覧ください( *´艸`)





【関連記事】
【①電験三種は独学で必ず取れる!】
【②電験三種は独学で必ず取れる!】
【電験三種 独学 最短勉強法】

この記事では2019年3月から7月までの配当金情報をグラフ化して現在のバンクエラプロジェクトがどのようになっているのかを調査しました(*´ω`)
バンクエラとはスペクトロコインとバンクエラエクスチェンジからの利益をBNKトークン保有枚数に応じて分配することになっています。なので、枚数に変化がなければ原資である純利益で大体の配当の増減が分かりますし、プロジェクトの信頼度も計れると思うのでここに注目しています!

グラフの見方ですがバンクエラに入る利益のグラフがこちらです。実際の配当はこの20%分をBNKの保有率分が分配されています。※プロジェクト開始当初からのグラフは関連記事にあります



【2019年3月~2019年7月】
前回に第98回、第99回目の配当を加えてグラフ化しました。バンクエラエクスチェンジ効果なのか、相場が上向いているのかなと思いましたが、最新の純利益は大きく落ち込んだのでイマイチ効果が確認できません。

ビットコインの落ち込みが大きく影響している感じです。相場が盛り上がれば出来高も大きくなるのはビットポイントやビットフライヤーなどの有価証券報告書でも明らかなのでサービス開始よりもビットコインの盛り上がりで配当が決まってきそうです。

最近はバンクエラローンがサービス開始となりました。これがBNKの価格や純利益にどう影響するか楽しみです。8月分の純利益のグラフがここから急上昇することはないと考えていることはどこかの記事で書きましたが、投資信託的なのが販売されればかなり需要があると思うのでこれからもグラフを載せ続けたいと思います(*´ω`)

スクリーンショット (409)



【これからBNKトークンを購入して配当をもらう際の注意点】
バンクエラプロジェクトが本格的にスタートすると配当が出なくなるようなので配当目当てでこれから買う人は要注意です。プロジェクト初期は配当で価値を出し、後半は割引などで価値を付ける模様です。しかし、配当といっても年率0.5%~10%ですので大きな金額ではないと思われます。それよりも、本格的に銀行業務がスタートすれば割引などの価値が付き、値上がり利益がメインにはなるはずです(*´ω`)



【関連記事】
【バンクエラローンとは?】Bankera LoansでBNKの価値、配当は上がる?
【バンクエラ】配当原資の純利益をグラフ化

↑このページのトップヘ