電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

icon_001360_256

こんにちは!さんとうきんです。

コインテレグラフによると
先日リップル社と戦略的な提携を発表した米国送金大手マネーグラムのアレックス・ホームズCEOは、チェダーのインタビューに答えて、今回の提携は「完璧な結婚だ」と発言したようです(*´ω`)

ホームズ氏は、今回の提携がマネーグラムのクロスボーダー(国をまたいだ)市場での効率化を加速させる一方、リップルにとっても「リアルタイムで意味のある価値」をネットワークに注入する良い機会になると指摘。リップル社の方から提携について話を持ちかけてきたことを明かした上で「パートナーシップについてこれ以上喜べないくらい満足している」と述べた。
今回の提携でマネーグラムは、リップルの決済サービスxRapidを利用する方針と伝えられている。xRapidは、仮想通貨XRPの利用が義務となるのが特徴だ。
ホームズ氏は、直近ではxRapidを使った決済システムを軌道に乗せることに注力することを明かした。

リップルはもともと銀行送金だったわけですがここにきて決済にも進出しています!需要の増加は価格にも良い影響を与えるのでひたすら待つのみです。。。
決済になれば保有時間が増えるので希少価値が上がるかなという考えです!

【イギリスではリップルは証券じゃない?】
とうとうイギリスの金融規制当局FCAではイーサリアムとリップルは証券じゃないという見解が示されています。残るはアメリカがどういった反応を示すかが今後のカギになるかなといった感じです。
さんとうきんもリップルとイーサリアムを保有しているので注目しています!

icon_054340_256

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
さんとうきんは電験二種と電験三種を取得し転職を2回経験しています。
この記事では電験で転職しようとしている人や他業界から電験を使った仕事へ転職したいと考えている人向けです。


【電験とは?】
自宅など電圧が低い施設は誰も雇わなくても、100Vのコンセントが利用できますが、高圧と呼ばれる6600Vやそれ以上の電圧を利用するには電気主任技術者と呼ばれる、電験を取得した人を雇うかメンテナンスする会社にいる電験取得者に代理をお願いすることが法律で定められています。

コンビニなどもコンセントは100Vですが、6600Vでから100Vまで電圧を下げて利用していたりするためあまり気付かないかもしれません。

【電験の種類】
電圧の大きさで5万V未満までが電験三種、17万V未満までが電験二種、いくらでもOKなのが電験一種です。電圧で分類されているのには理由があり、電圧は水で表すと水圧です。水圧が大きいとパワーがあるように、低い電圧と同じ感覚で扱うと事故や火災に繋がるので明確に区分分けされています。

【転職はできる?】
仕事には困らないと思います。とても転職はしやすい資格ですが、あとは給料がいくらなのかというところが問題になってきます。。。

【給料は?】
電験三種での給料はかなり会社によります。。。
本当にこれで人が集まるの?という会社やもう三種だけで良いじゃんと思える会社など振れ幅は大きめです。大手のメーカーだと大体同じで400万から700万というところが多いと思われます。(※諸説あり)

【三種と二種で給料は変わるの?】
ここも気になるところだと思うのですが、さんとうきんは結構変わると思ってます。もちろん自分から給料の低い会社に応募したりしない限りです。。。
風力発電所などは小規模なので労働環境も待遇もイマイチな感じのようです。

最近は電力会社でも中途採用があるので入社しやすいです。しかし、部門によっては思ったよりもキツし給料も上がり始めるのは30代後半から40代なので若者は不満が貯まりやすいと思います。。。

宿直などでは拘束時間も多いので、労働管理がきっちりされていたメーカーから来ると不満が多いと思いますので、電力会社を選ばなくてもいいのかなと思います。

【電験業界はオススメできますか?】
どこの業界も10年先となると不安定になってきていますが、この業界は10年は安泰かなと思います。というのもこれからは小規模の発電所が増えてや老朽化した建物の改修には時間がかかるからです。しかし、それ以上先になると自動化されていくので今と同じ制度が維持されるかは疑問です。関連記事に以前書いたものをリンクしたのでどうぞm(__)m

【関連記事】
【電験三種勉強法】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!

icon_027130_256


【7/10 テレグラムICO開始】
テレグラムがLIQUIDでICOを7/10に行います!
発行されるのはTONというユーティリティトークンになります。
TONはThe Telegram Open Networkの略称のようで、ブロックチェーンとテレグラムのプラットフォームを繋ぐものと説明されています(*´ω`)

【QASHでの割引率】
割引は5,000 QASHからで5%、60日以上保有が条件のようです。こういう前例ができたということはQASHはガチホに相性がよさそうです!

さすがに50,000 QASHも買えないな。。。
でも、ICO参加者だと150万以上ぶちこんだ人からすると、今は半額の75万でこういった割引上限が適用されるというのは案外敷居が低いなーと思いました(*´ω`)
【1】 5,000 Qash 5% 60 days
【2】 20,000 Qash 7.5% 70 days
【3】 35,000 Qash 10% 80 days
【4】 50,000 Qash 12.5% 90 days


【そもそもテレグラムとはどういう会社?】
Telegram(テレグラム)はチャットアプリで、非営利企業によって運営されているようです。
テレグラムはロシア最大のSNSであるVKを創始したロシア人の兄弟によって作られました。
運営元が非営利企業で利用者は2億人なんだとか。

【非営利企業なのにICOで1800億調達?】
2018年3月に「TON(Telegram Open Network」というプロジェクトが開始され、一般公開されなかったにも関わらず、1800億円という大金を集めたことで話題になりました。最近は音沙汰がないなーと思っておりましたが、ここにきてGramを発表してきました。

つまり前のICOも今回のGramもすべてTONというプロジェクトの一環で行っているようです。
本当に非営利なのか疑問が付くような規模ですが。。。




↑このページのトップヘ