icon_054340_256

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
さんとうきんは電験二種と電験三種を取得し転職を2回経験しています。
この記事では電験で転職しようとしている人や他業界から電験を使った仕事へ転職したいと考えている人向けです。


【電験とは?】
自宅など電圧が低い施設は誰も雇わなくても、100Vのコンセントが利用できますが、高圧と呼ばれる6600Vやそれ以上の電圧を利用するには電気主任技術者と呼ばれる、電験を取得した人を雇うかメンテナンスする会社にいる電験取得者に代理をお願いすることが法律で定められています。

コンビニなどもコンセントは100Vですが、6600Vでから100Vまで電圧を下げて利用していたりするためあまり気付かないかもしれません。

【電験の種類】
電圧の大きさで5万V未満までが電験三種、17万V未満までが電験二種、いくらでもOKなのが電験一種です。電圧で分類されているのには理由があり、電圧は水で表すと水圧です。水圧が大きいとパワーがあるように、低い電圧と同じ感覚で扱うと事故や火災に繋がるので明確に区分分けされています。

【転職はできる?】
仕事には困らないと思います。とても転職はしやすい資格ですが、あとは給料がいくらなのかというところが問題になってきます。。。

【給料は?】
電験三種での給料はかなり会社によります。。。
本当にこれで人が集まるの?という会社やもう三種だけで良いじゃんと思える会社など振れ幅は大きめです。大手のメーカーだと大体同じで400万から700万というところが多いと思われます。(※諸説あり)

【三種と二種で給料は変わるの?】
ここも気になるところだと思うのですが、さんとうきんは結構変わると思ってます。もちろん自分から給料の低い会社に応募したりしない限りです。。。
風力発電所などは小規模なので労働環境も待遇もイマイチな感じのようです。

最近は電力会社でも中途採用があるので入社しやすいです。しかし、部門によっては思ったよりもキツし給料も上がり始めるのは30代後半から40代なので若者は不満が貯まりやすいと思います。。。

宿直などでは拘束時間も多いので、労働管理がきっちりされていたメーカーから来ると不満が多いと思いますので、電力会社を選ばなくてもいいのかなと思います。

【電験業界はオススメできますか?】
どこの業界も10年先となると不安定になってきていますが、この業界は10年は安泰かなと思います。というのもこれからは小規模の発電所が増えてや老朽化した建物の改修には時間がかかるからです。しかし、それ以上先になると自動化されていくので今と同じ制度が維持されるかは疑問です。関連記事に以前書いたものをリンクしたのでどうぞm(__)m

【関連記事】
【電験三種勉強法】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!