icon_060110_256

【コインテレグラフによると】

イーサリアムはもはやアルトコインではないかもしれない。
機関投資家向けに仮想通貨投資プラットフォームを手がけるSFOXは24日、ビットコインとイーサリアムの相関関係がビットコインと他の仮想通貨との相関関係よりはるかに高いことから、イーサリアムはアルトコインというカテゴリーに分類されないかもしれないと指摘した。
7月22日までの30日間でビットコインとイーサリアムの相関係数は0.788。一方、ビットコインと他の仮想通貨の相関係数は、ビットコインキャッシュが0.638、ライトコインが0.577、ビットコインSVが0.619、イーサリアムクラシックが0.602だった。

(出典:SFOX「ビットコインとアルトコインの相関関係の推移(30日間)」)
SFOXは次のように結論づけた。
「イーサリアムが、ビットコインのように、自立した資産として公に認められたブロックチェーンであるという考えを支持するものかもしれない。もしこのトレンドが続けば、イーサリアムを他のビットコインではない仮想通貨と一緒に『アルトコイン』として分類することは不適切になるかもしれない」

【イーサリアムとは?】
そもそもイーサリアムはビットコイン改良版として、様々な機能を付けて自動契約が可能な仮想通貨になります!なので、最近よくあるのがビットコイン以外上がらないとかイーサリアムは上がらない等の記事をよく見かけますが、まだまだ改良の余地や応用可能だと思います(*´ω`)

ビットコインはイーサリアムよりも早く誕生した分時価総額が大きく評価されている感じがしますが、伸び率でいえばイーサリアムの方が大きいはずです。つまり今のビットコインの価格の上昇を、そのままイーサリアムも後を追っていくと考えています(*´ω`)