さんとうきんのブログ

20代です。電験二種、三種取得。【転職と仮想通貨で一発逆転!】

カテゴリ: 仮想通貨

icon_035850_256

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では世界最大の債権国家の日本が陥落寸前であるという記事を見つけましたのでそれをご紹介したいと思います。

記事はこちら

【世界最大の資産保有国】
テレビでも良く伝えられているように日本は世界最大の資産を保有しているようです。2017年末で328兆円も保有しています。。。

2位はドイツで261兆円
3位は中国のようです。

金額だけ見ると断トツでの1位で驚くのですが、こちらの記事によると対外純資産の蓄積をもたらす経常黒字は2011年以降ドイツが1位のようで日本は伸び率が鈍化気味です。。。

【ユーロで守られているドイツ】
本来であれば、経常黒字が続くと通貨高を招くので経常黒字の伸びは抑えられるのですが、ユーロのおかげで希釈されています。本来であればインフレで苦しむはずのヨーロッパの他の国とドイツとはWIN-WINであり続けるので、ユーロがつぶれると言われ続けながらも今日まで存続してきました(*´ω`)

【円安はくるか?】
このままいけば、対外純資産1位の座も奪われると思われますがそうなると円安になるはずです。しかし、逆貼りで今からそちらにかけるというよりは、130円やリーマンショック前のレートをしっかりと抜いてきてからでも遅くはないかなと思います。それまでは円高傾向が続くといった感じでポートフォリオに円を保有する価値は十分あるかなと思います。

関連記事には、通貨の歴史から考えるビットコイン①の記事を載せました。こちらでも長期的には円安になるのではないかという事を書いています。しかし、この記事で書いたように明確に130円を割るまではデフレ継続と考えてポートフォリオに円を保有しておく必要があると考えています(*´ω`)

130円を超えたあたりからこのJPYをさらに外国資産へと変えるというのがさんとうきんの長期戦略になります!

【関連記事】
通貨の歴史から考えるビットコイン①

icon_054340_256

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では、宇宙開発の発達で、現在は安全資産として逃避先となっている金もいずれ無価値になるのではないかということを書きたいと思います。

まずはこちらの記事をご覧ください

【金の役割】
今のところ、投資家から見た金は株や不動産からの逃避先になっています。主に希少価値が高い事と中央銀行が発行している通貨の数が増えて相対的に価値が上がっているかのように価格は右肩上がりなわけです。

【金はこれから世の中を変えるか?】
今までの惰性で金が評価されている気がします。これから、金が世の中を大きく変えるものになるとは思えないからです。価格上がるので価値も付いたように見えていますが金の本質的な価値は年々減少していると感じます。

【惑星間で利用されるのは米ドル?】
月面基地や火星有人探査が2020年以降計画されていますがこのときに利用される通貨は米ドルでしょうか?月専用通貨【MOON】でも発行されるでしょうか?

年々ビットコインの価値が高まっていると思います。
完全にビットコインとか米ドルとかではなくて、使う人が増えそうという事です(*´ω`)
そして、ビットコインは世の中に出て以来ずっとバブルです。根強い需要が新興国を中心に続いています。

【関連記事】
【①金が無価値になる?】コモディティ投資は危険?
【②金が無価値になる?】現実世界からの逃避先はビットコインしかない?
通貨の歴史から考えるビットコイン①



icon_007940_256

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では、宇宙開発の発達で、現在は安全資産として逃避先となっている金もいずれ無価値になるのではないかということを書きたいと思います。

まずはこちらの記事をご覧ください

【小惑星探査の意味】
小惑星探査機はやぶさなど、話題になることが多いですが利用価値も無限大です。ただ単に探査するだけではなく、探査活動が確立された先に商業利用がありそうです。探査機で1t持ち帰る事もそのうち出来るとレアアースもレアでなくなりそうです(*´ω`)

【この試算は正しいの?】
この試算は今の価格に量をかけただけなのでこんなに需要はないですよね。しかし、豊富に供給されるという事であれば間違いなく金の価格は下落するはずです。それがいつなのか、いくらまでなのかは分かりません。原油が急落したのがアメリカのシェールオイルのせいなのかはハッキリとしたデータがありませんが、大量に供給されて価値が落ちたとも取れます。

【宇宙ビジネスがやってくる?】
モルガン・スタンレーは、グローバルな宇宙経済は現在でも3500億ドル(37兆8000億円)と試算。2040年までには、2.7兆ドル(292兆円)になると試算しているようです。。。

最近はホリエモンも本格的にロケット開発に力を入れるなど何かと話題になりがちです。しかし、民間企業でされている資金調達はクローズドな市場でなので今から一般投資家が山を貼るにはまだ早いかなという感じ。間接的なところだと、素材や半導体は減るどころかさらに利用されていきそうです(*´ω`)

【関連記事】
【①金が無価値になる?】コモディティ投資は危険?
【②金が無価値になる?】現実世界からの逃避先はビットコインしかない?
通貨の歴史から考えるビットコイン①



こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事ではビットコインを買いまくっている事や大流行目前であるサインを感じている事について解説していきます(*´ω`)

スクリーンショット (485)






ビットコインは2017年の年末に220万円になり2018年は下がり続けました。。。
しかし、2019年は40万円から150万円まで急上昇してきました。通常はここまで短期間で上がるのはバブルである場合が多いので仮想通貨バブルは現在も継続中だと思われます(*´ω`)

そして日本も含めて世界中の企業が参入していて色丹単と投資をしている状況です。つまり、今から仕込めれば企業と同じタイミングで投資することになるので相当な利回りが期待できる可能性があります。※諸説あり

スクリーンショット (486)





実際に日本企業で仮想通貨へ投資している企業がこちらになります。業務提携なども含めると電通やJRなど莫大な数になるので取引所を運営している企業にしました。企業が取引所をオープンするのは取引が増える時です。取引が増えるのはその取引対象物の価格が上がるときなので、こういった企業は今後、仮想通貨が上がる事を見越していると考えられます。

スクリーンショット (487)





ただし価格の上昇に伴いハッキングするハッカーの需要も増えるので注意しましょう。最近はある程度の期間が経過した後に返金されるので安心できますが、マウントゴックスのように返金されない場合があるので注意が必要です。

スクリーンショット (488)





未だに仮想通貨が詐欺だと言われることがありますが裏では着々と準備が進んでいて、ドルや円などの送金で利用されている団体、SWIFTの仮想通貨版の団体の創設が正式に金融庁主導で進められているようです。まだ、なんの通貨が利用されるかが分かりませんが仮想通貨の地位向上に一役買いそうです。

スクリーンショット (489)





次に、仮想通貨に注目しているのは日本だけなのかというとそうではなくアメリカでも密かに熱狂しています。特に機関投資家と呼ばれる人たちの2割が仮想通貨を保有していると、フィデリティという伝統的な資産運用会社が実施したアンケートで回答しています。スマートフォンも、大体15%を超えるあたりからブームが起きたことからここから1年ほどで劇的な仮想通貨投資ブームが巻き起こるきがしています。

スクリーンショット (490)





【まとめ】
こんな感じで仮想通貨の爆発的な流行が目の前に迫っていると考えています。こちから仮想通貨を購入しようとしている方は口座開設方法についてまとめたのでご覧ください。
口座開設方法についてはこちらから

この記事では2019年3月から8月までの配当金情報をグラフ化して現在のバンクエラプロジェクトがどのようになっているのかを調査しました(*´ω`)
バンクエラとはスペクトロコインとバンクエラエクスチェンジからの利益をBNKトークン保有枚数に応じて分配することになっています。なので、枚数に変化がなければ原資である純利益で大体の配当の増減が分かりますし、プロジェクトの信頼度も計れると思うのでここに注目しています!

グラフの見方ですがバンクエラに入る利益のグラフがこちらです。実際の配当はこの20%分をBNKの保有率分が分配されています。※プロジェクト開始当初からのグラフは関連記事にあります



【2019年3月~2019年8月上旬】
前回に第100回、第101回目の配当を加えてグラフ化しました。バンクエラエクスチェンジ効果なのか、相場が上向いているのかなと思いましたが、バンクエラローンをローンチした割に利益は出ていないようです。

バンクエラローンの効果が出るにはかなり借入期間が長く時間がたたないと手数料収入は見込めないのでイマイチグラフには表れていない感じかもしれません。ローン利用総額とかも公開してくれると結構安心できるのですが今のところそこまでの開示はありません(;^ω^)

これに伴いBNKの価格もイマイチな感じですがガチホを貫きたいと思います。100倍以上にならないとアルトコインに投資?している意味がありませんので(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)

ビットコインの落ち込みが大きく影響している感じです。相場が盛り上がれば出来高も大きくなるのはビットポイントやビットフライヤーなどの有価証券報告書でも明らかなのでサービス開始よりもビットコインの盛り上がりで配当が決まってきそうです。

スクリーンショット (430)


【これからBNKトークンを購入して配当をもらう際の注意点】
バンクエラプロジェクトが本格的にスタートすると配当が出なくなるようなので配当目当てでこれから買う人は要注意です。プロジェクト初期は配当で価値を出し、後半は割引などで価値を付ける模様です。しかし、配当といっても年率0.5%~10%ですので大きな金額ではないと思われます。それよりも、本格的に銀行業務がスタートすれば割引などの価値が付き、値上がり利益がメインにはなるはずです(*´ω`)
明日はBNKトークンを購入したあと配当の受け取り方を記事にします。



【関連記事】
【バンクエラローンとは?】Bankera LoansでBNKの価値、配当は上がる?
【バンクエラ】配当原資の純利益をグラフ化

↑このページのトップヘ