電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

カテゴリ: 仮想通貨

icon_060110_256

【コインテレグラフによると】

イーサリアムはもはやアルトコインではないかもしれない。
機関投資家向けに仮想通貨投資プラットフォームを手がけるSFOXは24日、ビットコインとイーサリアムの相関関係がビットコインと他の仮想通貨との相関関係よりはるかに高いことから、イーサリアムはアルトコインというカテゴリーに分類されないかもしれないと指摘した。
7月22日までの30日間でビットコインとイーサリアムの相関係数は0.788。一方、ビットコインと他の仮想通貨の相関係数は、ビットコインキャッシュが0.638、ライトコインが0.577、ビットコインSVが0.619、イーサリアムクラシックが0.602だった。

(出典:SFOX「ビットコインとアルトコインの相関関係の推移(30日間)」)
SFOXは次のように結論づけた。
「イーサリアムが、ビットコインのように、自立した資産として公に認められたブロックチェーンであるという考えを支持するものかもしれない。もしこのトレンドが続けば、イーサリアムを他のビットコインではない仮想通貨と一緒に『アルトコイン』として分類することは不適切になるかもしれない」

【イーサリアムとは?】
そもそもイーサリアムはビットコイン改良版として、様々な機能を付けて自動契約が可能な仮想通貨になります!なので、最近よくあるのがビットコイン以外上がらないとかイーサリアムは上がらない等の記事をよく見かけますが、まだまだ改良の余地や応用可能だと思います(*´ω`)

ビットコインはイーサリアムよりも早く誕生した分時価総額が大きく評価されている感じがしますが、伸び率でいえばイーサリアムの方が大きいはずです。つまり今のビットコインの価格の上昇を、そのままイーサリアムも後を追っていくと考えています(*´ω`)

icon_030920_256

こんにちは!さんとうきんです。
この記事では最近大暴落しているリップルについて取り上げています。

コインテレグラフによると、リップルの投資部門Xpringは2018年の5月以降で仮想通貨XRP関連のプロジェクトに5億ドル(約540億円)を投資していたようです!
出資対象企業は20社以上。ブロックチェーンゲームのプラットフォームForteなどが含まれる。出資の目的は、XRPの新たな利用ケース創造することだ。「XRPレジャーでの開発に必要なツールや関連ライブラリー、セービス」を提供している。
Xpringは、「XRPレジャー内での開発」、「ブロックチェーン同士の互換性(Interoperability)の向上」、「デリバティブやステーブルコインなど分散型金融」の3つの分野を中心に出資を行っている。

【リップルと草コイン】
最近はアルトコインが元気がなく、ビットコイン以外はなくなるという主張が多いのですがリップルと草コインは雲泥の差があると思います(*´ω`)
実際に稼働まであと一歩で、投資してさらにチーム大きくしているわけですから。
草コインは何の活動もしていないわけです。

【証券問題】
最近はここが曖昧になってきていて、送金サービス大手のマネーグラムと提携してからは、証券じゃないんじゃないかなど色々な憶測が飛び交っていますが、じっくり待つしかありません。
大投資家も投資は待つのがほとんどだと言っていますし3年、5年待ちたいと思いますm(__)m

今後もリップルのニュースを取り上げていきたいと思います!

icon_030920_256

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
この記事では最近価格が低迷しているイーサリアムについて書いていきたいと思います。

【ホリエモンも参加していたICO】
ソースはこちら

本人が言及しているように、イーサリアムの凄さを感じたようです。約1年前の話なのですがコスモスやテンダーミントなど新しいアルゴリズムが誕生しているのは事実ですが仮想通貨の時価総額ランキングで2位を保ち続けた結果、先物や金融商品が出来る直前まできているのは他の仮想通貨との決定的な違いです。何年もバグ取りを続けたアルゴリズムの信用性はそう簡単には揺るがないかなと思います。


【ビットコインとの違い】
ビットコインとの大きな違いは、イーサリアムは自動で契約が交わせるということです。AIには正に相性の良いアルゴリズムだと思います。

【アルトコインは上がらないの謎】
某有名ブロガーはこのように述べております。
「アルトコインはもう上がらない」
本当でしょうか?

さんとうきんはこれについてかなり疑いを持っています。。。
株も、債券も同じグループだと相関があるはずです。
日経やダウに相関があるように仮想通貨にもあります。どのくらの上がるのかは違いますが。

ビットコインの信用は巡り巡ってイーサリアムの信用にもなるしリップルの信用にも影響していて同じジャンルで見られます。ビットコインが上がれば上がるほど仮想通貨全体が伸びるということです(*´ω`)
仮想通貨全体に伸びしろがあるので、お互いにパイを奪い合って潰しあうような時価総額ではないと思います。

【関連記事】
バイナンスから見るQASHトークン



icon_035850_256

【とある情報筋によると】
サムスンは7月10日、ブロックチェーンアプリの開発キットSamsung Blockchain SDK(以下、SDK)のベータ版を公開した。SDKは、分散型アプリケーション(DApp)におけるブロックチェーンアカウントの管理を容易にする。同社の携帯端末Galaxyシリーズに搭載されたSamsung Blockchain Keystoreと連携することで、Keystoreや外部のコールドウォレットを用いた送受金の機能を実現できるという。
SDKはDApp開発者向けにベータ版が提供されている。2019年末までに正式版のリリースを予定している。対応する端末はSamsung Blockchain Keystoreを搭載するもので、同社のGalaxy S10e、S10、S10 +、S10 5G、およびGalaxy Foldが対象となる。米国、カナダ、韓国向けに提供されるという。開発環境はEthereumのブロックチェーンに対応する。
Samsung Blockchain Keystoreは、ユーザーアカウントとブロックチェーンアドレスのひも付けを行い、その管理とトランザクションへの署名などの機能を提供する。SDKは、Keystoreと連携して外部ブロックチェーンノードとの通信を可能にする。DApp上で外部コールドウォレットの活用が可能になり、送受金などの実装を容易に行うことができるとのこと。

【ウォレットと連携する意味】
色々な外部ウォレットから取引所へ送金するためにパスワード入力したりするのがアプリ一つで出来ればかなり利便性が高まりますし、今まで抵抗がある人も使いやすくなるので生活に浸透するかなと思います(*´ω`)

イーサリアムのスマートコントラクトはまだまだ伸びる可能性を秘めています。。。
価格は低迷気味ですがビットコインのように先物やETFなどが話題になれば価格も追いついてくるかなと思います(*´ω`)

icon_030920_256


1年以上前になりますが、ホリエモン万博でテレグラムがICOを行ったことにホリエモンも注目しているようです。テレグラムとはロシアの非営利団体で運営されていて、株式会社とは異なるようです。暗号化されたlineのようなイメージです。ロシアの企業とはいってもロシア連邦保安局からは通信記録のアクセス権引き渡しの要求を拒否したため裁判所よりサービス停止を言い渡されています。。。2018年4月

こんなテレグラムが1年音沙汰ありませんでしたが、最近グラムコインを発行しました。テレグラムオープンネットワーク(TON)で利用されるようですが、リブラの反応を見る限り一筋縄ではいきそうにありません。

ソースはこちら
3分あたりからイーサリアムやテレグラムについて。


「テレグラムは次のフェイスブック」とも言っていて匿名性がキーワードになっているのは仮想通貨にも当てはまるかもしれません。

ロシア、中国、イランでは使用禁止のようですが国外に行けば使えるしあまり禁止にしていても意味ないんじゃないかなと思うんですがどうでしょう(*´ω`)

こんなテレグラムのICOを行ったLIQUIDは今後も注目です!

【関連記事】
バイナンスから見るQASHトークン

↑このページのトップヘ