電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

カテゴリ: 転職

出典:民間給与実態統計調査 – 国税庁より作成
 国税庁のデータより700万円以上の年収を稼ぐ男性サラリーマンはの割合は19.8%
( ,,`・ω・´)ンンン?
案外いますね。


スクリーンショット (13)


しかし、こちらのデータでは20代に限ると1.4%ですね。医者か商社かメガバンクくらいなイメージだと思いますが実際には探すと他にもあったりします。20代限定だと少ないようですが年齢で給料が決まっている会社でなければ全然可能です。
通常のサラリーマンだと
業界を選ぶ
資格を取得する
スキルアップする

などのように希少価値を上げるということが必要になってきますがこれについては③で書きました。他にも業界の給与水準が高くても自分の会社の給料が低い場合もありますので、自分の希望額と会社の給与水準が一致しているかチェックしないといけません。自分の場合も資格取得などで希少価値を高くして臨みました。皆さんもご存じの大企業だったのですが市場価値よりはかなり低く抑えられていて思い切ってベンチャーへ転職して5割ほど上がりサービス残業もなくなりました。

資格取得で給料アップはかなり否定的な意見があり、自分の周りにもいたのですが無視して勉強し続けるしかないです(;^ω^)


自分が取得した資格は第二種電気主任技術者という電気の資格でしたが他の資格でも給料アップすると思われます。わざわざブログ記事で資格取得と給料を合わせて書く人がいないので否定されがちですが、キレイごとも言ってられないので若いうちからさっさと稼いで、最短で投資とサラリーマンのハイブリッドで生きていく事を考えていました(*´ω`)

その結果、上位資格の取得は労働年収を上げるのにかなり効果的でした。業界によっては学歴よりダイレクトに給料アップが見込めます!そして以前いた会社ではそこまで給料を上げていただけないので退職しましたm(__)m

転職活動中は不安で冷静な判断が難しく、今と変わらない企業へ転職する人もいるので注意点や必要な準備と考え方について10話でまとめましたのでご覧ください。

<1話の主張>
自分の希望する給料に満たない会社は転職しろ




関連記事
第1話【20代で年収700万円になる方法】
第2話【転職するには退職金を投資で作る】
第3話【若くても高収入になれます】
第4話【インフルエンサーは他人事!】
第5話【転職は自分も周りも変える】
第6話【収入をすべて生活費✖】
第7話【20代と50代で価値は違う】
第8話【投資の失敗】
第9話【転職の失敗】
第10話【20代で年収700万 必要なこと】

icon_054560_256

さんとうきんは電験2種と3種を取得しています。自分の合格した年の合格率は3%程度でした。ここまで取得した経験から電験3種についてどのような資格なのか解説します。受験しようか悩んでいる方はご覧ください。記事下の関連記事に勉強法もリンクしています。


電験3種に学歴や職歴など、必要となる受験資格はありません。ですから、どなたでも試験を受けることができるわけです。

この資格を持っていると工場やビルなどの受変電設備を保守・監督することができます。受験者数は毎年約6万人で、人口減少やデジタル化している社会でも受験者が増え続けいてる資格です。受験者の所属を見ると、ビル管理・メンテナンス会社、電気工事会社、電力会社に勤めている方が特に多く受験しています。実際に仕事で利用しなくても電力会社では受験を推奨していたり、ある程度電気に詳しいという証明になるようです。

また、電圧が5万V未満の建物が対象になるので、道路にある電柱の一番上にある3本の線が6600Vであることを考えるとほとんどの建物がこの電験3種の範囲になります。

このように仕事自体は豊富にあるので、受験資格がなく申込者数が増え続けてはいます。しかし、電気・電力に関する専門的な知識を身に付けなければいけないので、難易度は高めの試験だと考えられます 。

【合格率は?】
最近の合格率は8~9%です。。。これには受験者が増加している割に需要はそこまで増えていないから合格者数を抑えた結果だと思われます(※諸説あり)

合格率だけみるとなかなか難しい資格に見えますが、勉強時間さえ確保できれば3年もあれば対策可能だと思います(*´ω`)

【試験科目と範囲】
試験時間は90分で法規のみが65分です。最近は法規が難化傾向のようです。電卓が使用可能でマーク式ですのでマークミスには注意しましょう(*´ω`)
●理論
 <試験範囲>電気理論、電子理論、 電気計測及び電子計 測に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●電力
 <試験範囲>発電所及び変電所の 設計及び運転、送電 線路及び配電線路(屋 内配線を含む。)の 設計及び運用並びに 電気材料に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●機械
 <試験範囲>電気機器、パワーエ レクトロニクス、電動 機応用、照明、電熱、 電気化学、電気加工、 自動制御、メカトロニ クス並びに電力シス テムに関する情報伝 送及び処理に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●法規
 <試験範囲>電気法規(保安に関す るものに限る。)及び 電気施設管理に関するもの
 <問題数>A問題 10題 B問題3題
 <試験時間>65分

【勉強時間】
電気科、工学部、文系などにもよりますが基本的には1000時間が目安になります(*´ω`)
詳しくは関連記事の電験3種勉強法で解説しました。

【転職できる?】
若ければ若いほど転職には有利です。20代前半であれば未経験でも採用してくれる企業はあると思います。最近は大企業でもリストラが頻繁に行われていますが経験さえ積めば仕事に困ることはないと思われます。特にこの上位資格の電験2種はさらに給料が上がります(*´ω`)

【まとめ】
いかがでしたでしょうか?電験は今後10年は未来があると思います。なかなか直接仕事に結びついて、10年持ちそうな資格はないのでさんとうきんは電験の取得をオススメしています。



【関連記事】
【電験三種勉強法】

icon_054560_256

この記事では電験三種に落ちる理由を分析してみました。
自分が取得していないのに分析しても意味がないので書いておくと、さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。自分の合格した年の合格率は3%程度でした。二次試験は自己採点ですが電力管理が7割、自動制御は10割でした。

Twitterなどを見ていても、他の方とはさんとうきんの勉強法が違う気がしたので、うまくいかない人は試してみてください( *´艸`)
関連記事や当てはまりそうな記事のリンクを貼りましたので良かったらどうぞ(*´ω`)

【落ちる理由1】
勉強時間が足りない。仕事しながらだと毎日帰宅後、1時間を半年続けると頑張った気持ちになるのですがそれでは万全の対策とはなりません。半年で200時間未満なので合格してもそれはほとんど運です。。。

「分かるまでやる」も聞こえはいいですが脳死してます(*´ω`)
目標勉強時間を決める→毎日何時間するのか決める→帰宅後に出来るのか?
など分析して出来そうにないなら勉強期間を延ばしてトータル時間は絶対確保することが必要です。

必要な勉強時間は1000時間です。落ちる人でこれ以上やって不合格の方を見たことがありません。条件によって変わるので、勉強時間について詳しくはこちらの記事を参照→第2話 電験三種 独学 勉強時間 勉強範囲

【落ちる理由2】
本をコロコロ変える。自分も電験三種を受け始めた頃にやっていたのですが、結論、本が原因で落ちる可能性はほぼ0%だと断言できます。電験二種だとイマイチ本が多かったりするのですが電験三種は毎年5万人も受験するので洗練された本が出版されています。正直どれを使っても60点を取るには十分だろうと思います。

ほとんど違うのはデザインや構成で、ここからくる心理的な拒絶で良い本、悪い本が決まっている感じです。自分がススメているのは、これだけシリーズで、すでに持っている場合はその本で十分だと思います。

【落ちる理由3】
勉強範囲について考えたことがない。電験三種だとこれを飛ばしても合格する人が多いので必要性があまり感じられませんが、科目別4冊をそのままやっていたら勉強時間が1.5倍になります。自分が必要だと言ってる1000時間は自分の勉強法でやったらの話でここら辺を適当にしていると1.5倍や2倍、受からないとかもあるかもしれません。

少なくとも電験二種ではここらへんも考えれるかで雲泥の差だと思います。
詳しくは関連記事参照です。


【まとめ】
理由を3つ挙げましたが要は正しいやり方でないと落ちるという事です(*´ω`)
勉強方法を間違えなければ独学で合格できるし、DVD講座や通信教育などは一切不要です。
勉強法を関連記事にまとめたので参考にしてみてください!
理論と機械の勉強法だけはnoteにて公開していてその他はYouTubeとブログで書いてます(*´ω`)



【関連記事】
【電験三種勉強法】



こんにちは、さんとうきんです。

初めに、さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。合格率は3%程度でした。二次試験は自己採点ですが電力管理が7割、自動制御は10割でした。こんなさんとうきんが実際に行っていたやり方を公開しました。これで二種までは取得することが出来ました(*´ω`)

【電験三種 オンライン質問サークルを見る】


この記事では電験三種と電験二種の勉強法の電子書籍を販売開始に合わせて、今まで書いた記事やYouTubeをまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです!

ブログ、YouTubeで公開しているもの、noteで販売しているものがあります。
※noteでの販売は会員登録なしで購入可能です。
※すべて勉強法や勉強範囲の記事、noteになります。

【電験三種 独学 最短 勉強法】理論、機械のみnoteでの販売になります

  <理論>

   【noteでの販売】

  <電力と法規>

   【ブログ】  【YouTube】

  <機械>

   【noteでの販売】

  <第1話 勉強法と計画>

   【ブログ】  【YouTube】

  <第2話 勉強時間 勉強範囲>

   【ブログ】  【YouTube】




【電験二種 勉強法】※①計画以外note販売

  ①勉強時間 計画【YouTube】

  <②電力・管理 勉強方法>

  <③機械・制御 勉強方法>




【さいごに】
無料公開しているものが有料になることはあっても有料公開が無料になることはありませんm(__)m

来年は、勉強法の記事は今のような感じで有料のままで、もう少し苦手そうなテーマや得点源になりそうなところをYouTubeで公開したいと思いますので、良ければYouTubeのチャンネル登録お願いいたしますm(__)m

YouTubeチャンネル登録はこちらから




icon_054560_256

さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。自分の合格した年の合格率は3%程度でした。ここまで取得した経験から電験三種についてどのような資格なのか解説します。受験しようか悩んでいる方はご覧ください。関連記事には電験二種勉強法もリンクしています。


電験に学歴や職歴など、必要となる受験資格はありません。ですから、どなたでも試験を受けることができるわけです。

この資格を持っていると発電所、変電所や大きな工場、ビルなどの受変電設備を保守・監督することができます。受験者数は毎年約8千人で、過去10年はヨコバイで推移しています。合格者も毎年300人前後で今後もこんな感じが続くと感じです(*´ω`)
受験者の所属を見ると、電力会社に勤めている方が特に多く、二種になると試験取得者よりも実務経験での申請による取得者の方が多いです。電験二種になると結構勉強したんだなと思われると思います。

また、電圧が17万V未満の建物が対象になるので、ほとんどの施設が対象となりこれ以上の設備は電力会社などの発電所や変電所クラスになります。電力会社で二種持ちだと階級も高めです。二種を取ったから昇格したのか、昇格したから取得したのかは定かではありませんが、転職で行き先がないことはありません。転職先企業が提示した金額に合わなそうならば断わりましょう。。。
さんとうきんも何社か断っています。

今後も、経産省の見通しだと太陽光発電所の増加が続くようなので、仕事自体は豊富にあるようです。(その代わり電力会社はジリ貧)

【合格率は?】
最近の合格率は1次試験が25%程度、2次試験が15%くらいで最終合格率が4%くらいです。受験しても大多数の人が途中で諦めるので取得すれば価値が跳ね上がります(*´ω`)

電験三種は勉強時間をただただ増やせば合格できましたが、二種では綿密な計画が必要かなと考えています。電験二種勉強法について関連記事にリンクを貼りましたので良かったらどうぞ(*´ω`)

【試験科目と範囲】
1次試験は試験時間は90分で法規のみが65分です。最近は法規が難化傾向のようです。電卓が使用可能でマーク式ですのでマークミスには注意しましょう(*´ω`)
2次試験は試験時間は120分と試験時間は60分です。さんとうきんが受験したときはどちらの科目も最後の1秒までひたすら書き続けました。。。
それくらい時間が足りないです。大学の二次試験よりも書き続けた気がしました。

<1次試験>
●理論
 <試験範囲>電気理論、電子理論、 電気計測及び電子計 測に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●電力
 <試験範囲>発電所及び変電所の 設計及び運転、送電 線路及び配電線路(屋 内配線を含む。)の 設計及び運用並びに 電気材料に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●機械
 <試験範囲>電気機器、パワーエ レクトロニクス、電動 機応用、照明、電熱、 電気化学、電気加工、 自動制御、メカトロニ クス並びに電力シス テムに関する情報伝 送及び処理に関するもの
 <問題数>A問題 14題 B問題3題
 <試験時間>90分

●法規
 <試験範囲>電気法規(保安に関す るものに限る。)及び 電気施設管理に関するもの
 <問題数>A問題 10題 B問題3題
 <試験時間>65分

<2次試験>
●電力・管理
 <試験範囲>発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気施設管理
 <問題数>6問から4問選択
 <試験時間>120分

●機械・制御
 <試験範囲>電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクス
 <問題数>4問から2問選択
 <試験時間>60分

【勉強時間】
電気科、工学部、文系などにもよりますが基本的には1500時間が目安になります(*´ω`)
詳しくは関連記事の電験2種勉強法で解説しました。

【転職できる?】
若ければ若いほど転職には有利です。電験三種は20代前半であれば未経験でも採用でしたが、電験二種は恐らく何歳でも未経験でOKなはずです。もちろん年齢がある程度いってると過去に電験三種でそれなりに近い経験があるとかでないと厳しいですが。。。

最近は大企業でもリストラが頻繁に行われていますが経験さえ積めば仕事に困ることはないと思われます。給料は自分の交渉術次第でそれなりに上がります。言いなりになると400万円以下もあるので要注意!

【まとめ】
いかがでしたでしょうか?電験は今後10年は未来があると思います。なかなか直接仕事に結びついて、10年持ちそうな資格はないのでさんとうきんは特に電験二種の取得をオススメしています。

【関連記事】
電験二種勉強法

↑このページのトップヘ