電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1000人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:アルトコイン

icon_060110_256

【コインテレグラフによると】

イーサリアムはもはやアルトコインではないかもしれない。
機関投資家向けに仮想通貨投資プラットフォームを手がけるSFOXは24日、ビットコインとイーサリアムの相関関係がビットコインと他の仮想通貨との相関関係よりはるかに高いことから、イーサリアムはアルトコインというカテゴリーに分類されないかもしれないと指摘した。
7月22日までの30日間でビットコインとイーサリアムの相関係数は0.788。一方、ビットコインと他の仮想通貨の相関係数は、ビットコインキャッシュが0.638、ライトコインが0.577、ビットコインSVが0.619、イーサリアムクラシックが0.602だった。

(出典:SFOX「ビットコインとアルトコインの相関関係の推移(30日間)」)
SFOXは次のように結論づけた。
「イーサリアムが、ビットコインのように、自立した資産として公に認められたブロックチェーンであるという考えを支持するものかもしれない。もしこのトレンドが続けば、イーサリアムを他のビットコインではない仮想通貨と一緒に『アルトコイン』として分類することは不適切になるかもしれない」

【イーサリアムとは?】
そもそもイーサリアムはビットコイン改良版として、様々な機能を付けて自動契約が可能な仮想通貨になります!なので、最近よくあるのがビットコイン以外上がらないとかイーサリアムは上がらない等の記事をよく見かけますが、まだまだ改良の余地や応用可能だと思います(*´ω`)

ビットコインはイーサリアムよりも早く誕生した分時価総額が大きく評価されている感じがしますが、伸び率でいえばイーサリアムの方が大きいはずです。つまり今のビットコインの価格の上昇を、そのままイーサリアムも後を追っていくと考えています(*´ω`)

icon_030920_256

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
この記事では最近価格が低迷しているイーサリアムについて書いていきたいと思います。

【ホリエモンも参加していたICO】
ソースはこちら

本人が言及しているように、イーサリアムの凄さを感じたようです。約1年前の話なのですがコスモスやテンダーミントなど新しいアルゴリズムが誕生しているのは事実ですが仮想通貨の時価総額ランキングで2位を保ち続けた結果、先物や金融商品が出来る直前まできているのは他の仮想通貨との決定的な違いです。何年もバグ取りを続けたアルゴリズムの信用性はそう簡単には揺るがないかなと思います。


【ビットコインとの違い】
ビットコインとの大きな違いは、イーサリアムは自動で契約が交わせるということです。AIには正に相性の良いアルゴリズムだと思います。

【アルトコインは上がらないの謎】
某有名ブロガーはこのように述べております。
「アルトコインはもう上がらない」
本当でしょうか?

さんとうきんはこれについてかなり疑いを持っています。。。
株も、債券も同じグループだと相関があるはずです。
日経やダウに相関があるように仮想通貨にもあります。どのくらの上がるのかは違いますが。

ビットコインの信用は巡り巡ってイーサリアムの信用にもなるしリップルの信用にも影響していて同じジャンルで見られます。ビットコインが上がれば上がるほど仮想通貨全体が伸びるということです(*´ω`)
仮想通貨全体に伸びしろがあるので、お互いにパイを奪い合って潰しあうような時価総額ではないと思います。

【関連記事】
バイナンスから見るQASHトークン



スクリーンショット (399)


こんばんは!さんとうきんです(*´ω`)
久しぶりにラインを引いてみたら抜けていたようです。。。
前回はこのラインへもう一度チャレンジして、取引所の板が薄すぎて髭になり暴落していきました。

7月200万円のラインは1度、割っているので線の上に戻すと思いきやレジスタンスになる可能性もあります。このフィナーレの後にアルトバブルが来るかなという感じです。

または前回の記事のようにダブルを付けるか
前回の記事はこちら

イケハヤ様はアルトバブルは二度とこない的な感じでしたがどうでしょうか(*´ω`)
イーサリアム上がりだしたら実は持ってました!とか言いそう。

まずはそろそろビットコインは天井が近いかなと思います。ここからガンガン8月300万とかは想定外。
MAX200万を想定してます!上がる分には嬉しいのですが(*´ω`)

一方でイーサリアムやリップルは確実に出遅れています。
そこら辺をnoteにまとめてますので、下の関連記事からどうぞごm(__)m

おわり

【関連記事】
さんとうきんのトレードプランはこちら

↑このページのトップヘ