電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:テザー

こんにちは。さんとうきんです!
今回はビットコインとテザーの関係と、コロナや政治不安で混乱している香港から資金が逃げているのかどうかについて書いていきたいと思います

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

PenultimateFullSizeRender



こちらは香港にある仮想通貨取引所であるBitfinexと関係が深いテザーの時価の推移です。テザーは1テザー1USDで固定されていて中国元や香港ドルで、bitfinexでテザーを買ってビットコインを取引したりします。

また、テザーを発行しているテザー社も預け入れられた現金でビットコインに変えているのではないか?
という疑惑が出ておりテザーの時価総額が増えるとビットコインの価格が上がるという奇妙な現象が起きています。。。

話を戻すと、先ほどの画像で右肩上がりの線がテザーの時価総額になります。2020年になると急激に時価総額が膨らんでいるのが分かると思います(;^ω^)

大体5000億だったものが1兆円にまで時価総額が増えており少し増え方が速いと思います。ここら辺からキャピタルフライトの可能性を考えて米ドル/香港ドルをチェックしてみました

IMG_3437


これによると逆に香港ドル高になっていました(笑)
キャピタルフライトどころか資金が流入しているのです・・
これについて、誰が買い支えていて、誰が売っているのか分からないので何とも言えませんが、為替と仮想通貨では金額が違い過ぎて単純に比較できない可能性があります(;^ω^)

為替は金融や不動産取引などの実需と、仮想通貨は主に個人や機関投資家が投機目的で購入しています。実需には影響は出ていないが個人レベルでは資産を逃避させている可能性もあります(;^ω^)

送金香港の政治不安とテザーの急増がピッタリ一致している事からこれからも観察していきたいと思います(;^ω^)

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

こんにちは。さんとうきんです!
前回の記事ではビットコインが爆上げ直前という記事を書きました。その後少しずつ切り上げて上昇中です。1BTC=108万円あたりに2年半跳ね返され続けているラインがありここを抜くことで新しい世界への入り口に立ったと思われます(*´ω`)

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

最近はDefi銘柄が人気です。分散金融だったと思いますがまだまだ発展途上で値上がりする理由はないですね(笑)
バブル気味ではありますが、ここから企業に取り込まれていきしっかりとしたプロダクトとして機能していくんだと思います。そう考えるとR3コルダは数年先をいっています。コルダ株の保有会社は数年で大きく値上がりするのではないかと思い少し仕込んでいますが貧乏なのであまり買えませんでした(笑)

金がを売って入れたいんですが2倍,3倍になるまでは1年以上かかるはずですから月給砲で頑張るしかありません(;^ω^)

いずれにせよ仮想通貨にはブルトレンドに転換していて、まだ仮想通貨を怪しんでいる株式投資家もどんどん大きくなる時価総額に我慢しきれず、1年後に参入する株式投資家は多いと思います。

しかし、忘れてはならないのがビットフィネックスが発行するテザーは75%しかドルの準備金がないことは忘れてはいけません。今のテザーは1兆くらいなので不足金は2500億でビットコインの時価総額と比較して2%程度で小さいので問題ないと思いますがこれがどんどん大きくなるとかなり問題になると思います。香港事件でテザーの購入量が増えたりして不足金が大きくならないかチェックしていく必要があります。

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

↑このページのトップヘ