電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:ビットコイン

スクリーンショット (257)



昨日、ビットコインは150万円まで急騰したあと急落しました・・。
ハイレバロングトレーダーは爆死した人も多いはず。悪い例は資金が増えてきて枚数を増やしてギリギリまで買う感じが危険ですね。。。

こうしてラインを引くと、25万円も急落したので崩壊するかと思いきや、そうでもなさそうです。115万を割るまではなんとも言えないですね(°▽°)

数日ヨコヨコからの7月200万円に向けて発射台に着々と近づいています。損切はここのラインを割ったらでも遅くないかなという感じ。

急騰しているだけあってトレーダーも2017年の時よりも警戒している感じですね。ドルコストやガチホがディスられていたけどこういう場面ではかなり楽に見てられます。プランを事前に決めているとメンタルも安定して爆死はしないですね(*´ω`)

最近noteを作成しましたので良かったらどうぞ!
noteはこちら

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
自分は2017年の夏からビットコインなどの仮想通貨に参入しました。
2017年では200万円の利益を上げることができました!その後に2018年中にはその利益を再投資して、プラス給料などで買い増ししていました。ここまでの経験から今後のトレードプランについてnoteに書いてますので良かったらどうぞ(*´ω`)
noteはこちら

IMG_1507

【ビットコインの使われ方】
今までの王道は中国人が国外に資金を逃がす目的や新興国で自国通貨を持っていると買える物が減っていくのでビットコインに変えてしまうといった逃避先として選ばれています。

ニュースでは日本人がバブル相場にはめ込まれたというニュアンスで伝えられていますが、これを見る限りそうでもないようです。むしろ日本は他の新興国、新興国に比べて円が強いのでビットコインを買う意味を見いだせていないようです。

インド 7


メキシコ 15


イラン 28

【今後のビットコインはどうなる?】
ビットコインが買われる原因が自分の国の通貨からの避難ならば、これが収まると価格も落ち着くと思います。しかし、今のところ落ち着くどころか拡大しているようです。上からインド、メキシコ、イランのビットコインの取引量のグラフです。新興国では拡大しているのが分かります。

GDPではインドが7位、メキシコが15位、イランが28位でとうとう一桁の国でも浸透しています。取引量が増えている国を抜粋したのではなく、アフリカ、南米、中国、中東の新興国では同じような感じで人気になっています。ビットコインが詐欺か、安全かということは新興国では重要ではなく、今、目の前にあるお金をどうやって減らさないかというのが最優先という感じですね。

いかがでしたでしょうか。関連記事には通貨の歴史からビットコインや法定通貨について考えてみましたので良かったら読んでみてください( *´艸`)


【関連記事】
ビットコインの買い方
通貨の歴史から考えるビットコイン①

この記事では今週のビットコイン占いをお伝えします🔮
まずはこちら。ビットコインの週足チャートになります。黄色い直線は2017年のラインを平行移動させたものです。今のところ2017年と同じペースで上昇中。通常だと高値で買った人が売る分、ペースが落ちるはずですがそれ以上の買いが入ってる感じです。
スクリーンショット (250)


こちらはかなり前から言われていたゴールドのチャートです。これでも売り圧がある分ペースが鈍化しています。ビットコインには売る人よりも高値更新期待が強すぎて誰も売らないのかもしれません。テザー社のパンプだけでなく、南米、アフリカ、中東、中国からの買いが拡大中です(*´ω`)
IMG_1528


先週のビットコイン占いでは今週の価格は130万とお伝えしましたが、週足の終値から今週は150万円と考えました。そして再来週は吹き上がる・・。

【関連記事】
チュニジアとアフガニスタン中央銀行でビットコイン建て資金調達検討?

ソースはこちら

現代ビジネスによると
「4月にワシントンで開催された世界銀行グループ総裁会議及び、国際通貨基金(IMF)の年次総会にて、アフガニスタンとチュニジアの中央銀行総裁が、ビットコインに関する資金調達の可能性を示唆したのだ。」とのこと(*´ω`)

確かに資金調達に利用されればビットコインの価値は上がりそうだけどどうやって返すのだろうか・・
ビットコイン建てで借りて金利分以上に稼がなければ意味ないわけだから、それでインフラ整備して利益出して返すとかは無理そうだから、リアルな世界に投資はしないのかな??コイン作って決済プラットフォーム作るとかなら返せそうな気も。でもすごい資金集まりそう。

以前書いたこちらの記事でも紹介しているように、新興国ではビットコインの出来高が爆発してます!金額的にはそこまででもないけれど南アフリカ、タイ、インド、ロシアは結構な金額になってます。ここで集計していない取引所もあるので実際の所、傾向は分かるけど正確な枚数を把握しきれません(*´ω`)

IMG_1507


あとはこれも気になるところ。日本人がビットコイン取引が盛んだと思われてましたが、実際は世界の中でビットコインを利用したり、取引したりしたことのある人は少ない可能性があります。つまり一部の日本人が猛烈に取引していた感じ・・
自分の感覚もこれに近いですね。周りの友達とか知り合いで仮想通貨を所有している人が1人もいません 笑

肩身が狭い思いをしています。。。
しかし、これも円が強いからだと思われます。自国通貨が弱いと大変なんでしょうね。自国通貨を手に入れたら富を蓄えるために他の資産を買うという感じ。日本円も強い傾向は変わらないけど今までよりは弱くなる可能性を想定しています(*´ω`)
130~150円くらい

分からんけど。あとでここら辺も記事にしてみます!
【関連記事】
【なぜビットコインは上がるのか?】通貨の歴史から考えるビットコイン①

icon_051110_256

前々回の②までは紙幣を乱発してインフレや信用がなくなり、近隣国家に侵略され、国家と紙幣が消滅してという感じでしたが③の近代では戦後でも消滅までには至りませんでした。強烈なインフレがきた日本円(1945から5年で物価が200倍くらい)やドイツのマルク(1918年から5年で1兆倍)も混乱はありましたが、国家の信用で通貨の信用を取り戻して崩壊はしませんでした(*´ω`)

特に日本はGDPの8.8倍の戦費をかけたのに200倍にしかなってないのです。。。
日本はインフレになりにくいのかもしれません(*´ω`)

【ビットコインはなぜ上がる?】
結論から言うと、さんとうきんは今のところ、ビットコインなどの仮想通貨には銀行という制度がなく、希釈しないからだと思ってます。逆にここら辺が崩れてきたりして発行枚数を変えるとなると資産とは呼べない感じですかね。今の世界に合わせると通貨になるには希釈性が半永久的に続くコインが必要です。日本円や米ドルも半永久的にこれまでも、これからも希釈され続けます。。。

【仮想通貨のリスク】
今のところはというのはバンクエラなど仮想通貨の中でも銀行を設立しようという動きがあってこれをされてしまうと結局同じ希釈化が起こる気がします。最近はステーブルコインが乱立されているので危険です(*´ω`) 銅銭や鉄銭の保有量以上に紙幣を発行して信用をなくした宋と全く同じことをしているからです。。。

この問題はすくすくと成長中のテザー問題というのがあって、本来はテザー社に預けた米ドルと同じ量のテザーを発行しているというのが前提だったのですが実際は米ドルが少し足りませんでした。。。宋と全く同じ。

本来はここで大きくビットコインが下落したりしなければならないのですがほとんど反応せずその後ビットコインは100万円を超えました。。。←市場の原理が働いていないのは操作者がいるか熱狂しているか?

つまりこの反応からも今現在もビットコインはバブルの真っ最中だと思われます。なので今の中途半端な1BTC=100万円で空売りは推奨しません。焼かれます(*´ω`)

今回の全4話の自分の結論としてはこのままいけば上がるけどステーブルコインでバブル崩壊には注意という感じですね!

【関連記事】
通貨の歴史から考えるビットコイン④
通貨の歴史から考えるビットコイン③
通貨の歴史から考えるビットコイン②
通貨の歴史から考えるビットコイン①

↑このページのトップヘ