外資リーマンーさんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。【株式投資を始めました】 株について書いていますが投資助言はしていません。あくまでも自分のポートフォリオ的に買いたいタイミングで購入しています。投資判断はご自分でお願いします。

タグ:ブログ

こんにちは。
頭のいいひろゆきさんがデフレの何が悪いの?といっていたのですがデフレだと収入が減るのに過去の借金は減らないから返済するなら無理なんじゃないかと思ったさんとうきんです。踏み倒すのが前提ならいけるでしょうが

今の仕組みで高成長はないので、やるとしたら今発行している円の価値を減らすしかないはずです。デジタル通貨発行だけで成長するのか微妙ですよね(*´ω`)

以前の記事でIMFが計画しているeSDRについて書きました。世界共通通貨のデジタル通貨版です。固定相場で交換できるなら良いのですが変動するならば今の円やドルはひたすら売られてeSDRが買われるので今の通貨の価値が下がりそうです。ここは確定してないので分かりませんがeSDRを発行しようとしているのは本当です。。。
暇なときにソース付きでのせます

ドル円みたいにはじめは固定で後から変動もあり得そうです。

どうなろうと、今の円は価値を下げる方向でしか動けないです。20代は未経験のインフレに備えましょう(*´ω`)

生き残るには転職、投資、起業しかなさそうです。起業も何億も借金してとかではなく、節税目的で副業の稼ぎを貯めておくってイメージです

余計なことまで書いてしましましたのど今日はこの辺で!

【関連記事】
【①金が無価値になる?】コモディティ投資は危険?
【②金が無価値になる?】現実世界からの逃避先はビットコインしかない?
通貨の歴史から考えるビットコイン①

icon_049940_256


こんにちは!さんとうきんです。
自己紹介をしますと、さんとうきんは電験二種を取得し発電事業に携わっています。資格取得と実務経験者としてインフラファンドのリスクリワードについて考えていきますm(__)m
前回の記事ではメリットについて書きました。
※諸説あり

【リスク】
太陽光のリスクといえば災害かなと思います。
特に豪雨や土砂崩れが考えられます。
土砂崩れが起きる地盤の発電所を組み入れてはいないかなとは思うのですが、実際に起こると修正工事だけで売電収入どころではなくなりますので購入するインフラファンドが、どういった地形に建てられているのか調査することをオススメしますm(__)m
全量は難しくても大規模な発電所だけでもやると良いかなと思います。

また、集中豪雨は対策のしようがなく、過去の経験から雨量を算出するので今の感じだと想定外の雨が降るとかなりリスクは高くなるはずです。特に九州は6月~10月にかけて大雨が多いです。土の含水量が増えるとかなり脆くなり、実際に山ごと崩壊して修正工事で20年売電しても赤字なんじゃないかという所もあるようです!

ファンドによっては豪雪地帯に建てていたり、火山灰が降りそうな九州や地震多発地帯、津波の及びそうな沿岸部に建設されていたりしています。どこのインフラファンドも分散させようとはしているもののメインの発電所的なのがあるのでそこだけでも調査することをオススメ致します。


【さんとうきんは買わないの?】
前回の記事で書いたように他の資産に連動しないのでポートフォリオに組み入れるのはかなり良いと考えています!そのうち各ファンドの特徴について記事を書くので読者登録お願いいたしますm(__)m

おわり

【関連記事】
【①2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!
【②2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!
【③2019年7月 インフラファンド】電験二種保有者が解説!

icon_035850_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
このブログは収益化して4か月ほど経ちました。はじめの一か月は0だった検索流入がどのように変化してきたかを書いていきたいと思います!結論から言うと数字だけを信じろ!です(*´ω`)

【検索流入はなぜ増える?】
ブログ記事は一度公開されると継続的に検索され続けます。このブログでも検索されやすい記事は年月が経っても流入が続いています!

なので人気記事を書けば書くほど検索流入は増えていきます。毎日更新がいいかは分かりませんがそのくらいのペースで更新されないと増加量が小さいかもしれません。

【時間がたつほど増加する?】
記事が増えると記事ごとに訪問者が来るのでどんどん増えていきます。毎日更新でない場合だとそこまで変化は感じれないかもしれませんが。。。

【検索流入増加のためには表示が必要!】
検索流入の増加ばかりに目が行きがちですが、検索流入は初めのうちはピョコっと来るくらいなので良く分かりませんが表示回数を増やすことが必要になります。。。

このブログでも表示回数はずっと増え続けていて比例して検索流入は増えている感じです。つまり検索流入を増やそうとするより表示回数を増やすようにしたほうが良いと思います(*´ω`)

特に表示されるけどクリックされない記事は改善しやすいです!
【関連記事】
毎日更新の意味
【ネット収益1万円を上げるためにやったこと 】

icon_044960_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事では、noteがコンスタントに売れるようになった方法について書いていきたいと思います!



【どんな人のnoteが買われるか】
大きく分けて次の3つが必要かなと思います(*´ω`)
・裏付け
・看板
・宣伝

【さんとうきんの場合は?】
・裏付け→試験で取得して実務経験もあり実体験を書いている
・看板→電験二種
・宣伝→YouTube

上から説明していきます。まずは裏付けについてです。看板だけ掲げても実体験を書けないと再現性に欠けます。書いている中身に連続性がなくなり話が飛んでしまいがちです。読者は自分が真似できないと感じてしまい興味を持ちません。。。

また、未経験の事について書いても薄っぺらく連続でブログ記事を書いたりnoteを書いたりは出来ません。

次に、看板についてです。看板のインパクトや希少性が足りないと読者が判断するような内容だと、ネットにありふれているので
全く購入されないことになります。。。

最後に宣伝です。せっかく良い記事やnoteを書いても宣伝しないと売れません。まずはnoteをたくさんの人に訪問してもらうような工夫を
しないと買う前にたどり着けません。。。

短くまとめるとこんな感じです。それ以外にもまとめてみました。

【値段以上の価値があるか?】
買う側は価値があるからお金を支払ってくれます。
つまり、他の人が書いてなかったり、希少価値が高い情報は買いたい人がたくさんいます。

ネットにはない情報を見つけるのは難しく感じますが具体例を挙げてみます。
さんとうきんは電験二種という資格を取得しました。

この資格は発電所や工場で使えて、合格率が5%程度なので合格方法は希少価値がありました。
電気のプロとして仕事をしている人は取得したい人も多いので、自分のような無名でもnoteを出して販売して売り上げを立てることが出来ました!

【まとめ】
いかがでしたでしょうか?
noteは売れると値段以上に喜びが大きいです!自分の商品が買われるのでことほど嬉しいことはありません(*´ω`)

これからnoteを始めようとしている方や興味がある方は関連サイトにnoteを始める時に気を付けた事をまとめました。また、YouTubeで宣伝をする際に必要なこともリンクを貼りましたので良かったらご覧ください!



【関連サイト】
【2019年8月】noteの売上急増中!
【2019年8月最新版 YouTube】顔出しせずに素人が3か月で再生数1000回になる方法①

icon_044960_256

こんにちは!さんとうきんです。
この記事では0からブログを始めた結果、7月にいくら収益を上げる事が出来たかについて書いていきます(*´ω`)

【2019年7月】
先月のネット収益は13,000円でした(*´ω`)
4か月でここまでなるとは思いませんでした!このまま記事数を増やして安定して10万円稼ぐことを目指します(*´ω`)
詳しくはnoteでランキング形式で書きました(*´ω`)
【ネット収益1万円を上げるためにやったこと 】

【YouTubeについて】
YouTubeについてもチャンネル登録者数が35人、総再生回数が1500回を超えるまでになりました(*´ω`)
ほとんどが電験の勉強法の動画ですが、素人が動画を上げても見てもらえるものですね!

しかし、YouTubeの収益化にはチャンネル登録者数が1000人必要なので3.5%でしかありません。。。
1年かけてゆっくりと取り組んでいく感じになると思っています。

【まとめ】
3か月続けてなんとなくわかってきた感じがあります。サチコの使い方が分かり始めてキーワードを狙って今までよりは検索流入を増やす記事の書き方が分かり始めて来るころ?
たぶん、サラリーマンで何の知識もなくブログしている人は自分と同じ感じになるかなと思います(*´ω`)

無料ブログは気長に実験しながら出来るので良いですね。自己資金0円で出来る事なんてブログ以外にあるのかな?
これからもこんな感じでまずは年内に300記事を目指して書いていきます。


ブログで月に4万稼げれば、利回り5%で1000万円の株式資産の配当と同じなのでまずはそこを目指します。無料ブログの始め方をまとめているのでご覧ください( *´艸`)

【関連記事】
毎日更新の意味

↑このページのトップヘ