電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:リップル

こんばんは!さんとうきんです(*´ω`)
そろそろ調整終了か終盤に差し掛かっているはずなので久しぶりにチャート占いをしたいと思います(*´ω`)

【ビットコイン 週足とMACD】
こちらはビットコイン週足とMACDになります。デットクロスしそうなギリギリで反発するのがビットコインの調整周期のパターンなので今回も同様かなと考えています!
これによるともう少し下落余地があり、盆明けくらいから本格的なトレンド転換かなという感じがします。

大体下値は90万と見ていますがここで大きく70万円程度まで下落してしまえばお盆明けまではかからないかなといったところです。

いずれにせよ、週足チャート的には調整終了と言うにはまだ早そうです。
BTC 週足




【ビットコイン 日足と200日移動平均線】
一方、こちらはビットコイン日足と200日移動平均線になります。MACDがゴールデンクロスしていることから上昇トレンドへ向かいそうですが、急落してゴールデンクロス失敗のパターンだと週足と周期も合いキレイかなといった感じです。ここから上がってしますと8月いっぱいは下値を試す展開が続くと思います。

BTC 日足


【まとめ】
ここからどんどん高値を目指すとは思えないのでもう少し調整した後に10月に200万円、12月に高値更新という感じで考えています。イーサリアムやリップルも何かしら進展してセカンドフェイズへ突入していくはずです。。。

ただし過去の下落率で考えると3割ほど下落すると調整終了のパターンが多かったので値幅的には十分達成しているところが気になるところです。150万円から100万円までなので35%ほどの調整になりました。今足りていないのは調整日数なのでやはり盆前後までヨコヨコかなと思いますがどうなることやら(*´ω`)



icon_030920_256

こんにちは!さんとうきんです。
この記事では最近大暴落しているリップルについて取り上げています。

コインテレグラフによると、リップルの投資部門Xpringは2018年の5月以降で仮想通貨XRP関連のプロジェクトに5億ドル(約540億円)を投資していたようです!
出資対象企業は20社以上。ブロックチェーンゲームのプラットフォームForteなどが含まれる。出資の目的は、XRPの新たな利用ケース創造することだ。「XRPレジャーでの開発に必要なツールや関連ライブラリー、セービス」を提供している。
Xpringは、「XRPレジャー内での開発」、「ブロックチェーン同士の互換性(Interoperability)の向上」、「デリバティブやステーブルコインなど分散型金融」の3つの分野を中心に出資を行っている。

【リップルと草コイン】
最近はアルトコインが元気がなく、ビットコイン以外はなくなるという主張が多いのですがリップルと草コインは雲泥の差があると思います(*´ω`)
実際に稼働まであと一歩で、投資してさらにチーム大きくしているわけですから。
草コインは何の活動もしていないわけです。

【証券問題】
最近はここが曖昧になってきていて、送金サービス大手のマネーグラムと提携してからは、証券じゃないんじゃないかなど色々な憶測が飛び交っていますが、じっくり待つしかありません。
大投資家も投資は待つのがほとんどだと言っていますし3年、5年待ちたいと思いますm(__)m

今後もリップルのニュースを取り上げていきたいと思います!

icon_060110_256

ソースはこちら
この記事によると、

日本の財務省・金融庁が仮想通貨を国内外の取引所経由で送金する際に個人情報をやり取りするために仮想通貨版のSWIFTを創設する計画であることがわかった。ロイター通信が18日に報じた。すでに金融活動作業部会(FATF)で計画が承認されているという。
国際銀行間通信協会(SWIFT)は金融機関同士が国際送金をする際の通信システム。1973年から現在までクロスボーダーの送金市場を牛耳ってきている。
ロイターによると、国内外の業界団体や専門家が連携して開発を進めており、数年以内の稼働を目指しているという。関係筋の話として報じた所によると、仮想通貨版SWIFTはFATFが6月に開いた総会で日本が提案し、承認されたという。開発状況などについては今後、FATFが監督する。
これまでにFATFは仮想通貨サービス提供者(VASP)に対し、取引所が送金元と送金先の口座番号などの情報を登録することの体制整備を義務付けたFATF勧告を出している。
こうしたFATF規制に向けては、SBI出資のウォレット企業などがプラットフォーム立ち上げるなど動きも出てきている。SWIFT同様に参加する取引所が共同オーナーになる形態をとるという。
【関連記事:SBI出資の仮想通貨ウォレット企業、FATF規制順守のためプラットフォーム立ち上げへ|個人間取引への規制も見込む】
またSBIの北尾吉孝CEOは今年3月の決算発表会で「デジタルアセット版のSWIFT」を作ることを目指していると発言している。

【どの仮想通貨に影響あるの?】
R3のプラットフォームを利用するとのことで、最近R3でXRPを利用していく事がほのめかされていたのでこの記事が間接的にリップルについて書いていることは間違いないかなという感じです。今の時価総額が1.5兆で35円なので送金を担うならばある程度の時価総額がないと急激な変動が発生するので100兆とかいかないと使い物にならないんじゃないかなと思ってます。

リップルには期待していますが数年でのプラットフォーム立ち上げとあるようにまだまだ時間がかかりそうです。新紙幣発行やらデジタル版SWIFT創設やら今後5年で色々変わりそうです(*´ω`)

icon_001360_256

こんにちは!さんとうきんです。

コインテレグラフによると
先日リップル社と戦略的な提携を発表した米国送金大手マネーグラムのアレックス・ホームズCEOは、チェダーのインタビューに答えて、今回の提携は「完璧な結婚だ」と発言したようです(*´ω`)

ホームズ氏は、今回の提携がマネーグラムのクロスボーダー(国をまたいだ)市場での効率化を加速させる一方、リップルにとっても「リアルタイムで意味のある価値」をネットワークに注入する良い機会になると指摘。リップル社の方から提携について話を持ちかけてきたことを明かした上で「パートナーシップについてこれ以上喜べないくらい満足している」と述べた。
今回の提携でマネーグラムは、リップルの決済サービスxRapidを利用する方針と伝えられている。xRapidは、仮想通貨XRPの利用が義務となるのが特徴だ。
ホームズ氏は、直近ではxRapidを使った決済システムを軌道に乗せることに注力することを明かした。

リップルはもともと銀行送金だったわけですがここにきて決済にも進出しています!需要の増加は価格にも良い影響を与えるのでひたすら待つのみです。。。
決済になれば保有時間が増えるので希少価値が上がるかなという考えです!

【イギリスではリップルは証券じゃない?】
とうとうイギリスの金融規制当局FCAではイーサリアムとリップルは証券じゃないという見解が示されています。残るはアメリカがどういった反応を示すかが今後のカギになるかなといった感じです。
さんとうきんもリップルとイーサリアムを保有しているので注目しています!

↑このページのトップヘ