電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1000人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:予測

icon_049940_256


この記事では第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したら転職できるか経験談から考えてみます(*´ω`) 自分は電力会社へ勤め現在は3社目で電験三種、電験二種を取得済みです。


このシリーズは全部で3話構成にしました。内容は
【①電験三種で転職可能?】
【②給料、待遇】
【③将来性】
の3点について書きました。今回は【③電験三種の将来性は?】について書きたいと思います。

【結論から】
規制緩和に要注意。人手不足と技術革新から分析しました!

【人手不足】
スクリーンショット (249)

これは経済産業省より公表されている電気主任技術者の需要と供給の予測になります。電験二種、三種ともに有資格者数は十分に確保されているようですが電験三種の外部委託業者では人手不足が深刻化しそうです。。。

問題なのは有資格者がこんなにいるのに外部委託業者で採用されているのは10%未満という事。業者の努力不足でしかないですね(*´ω`)
安易に人を増やすと人件費が増加するためだと思いますが、もう少し未経験の有資格者を採用してもいいと思うのです。

多分今後も大きく変わることはないのであり得るのは規制緩和ですね。実務経験のさらなる削減か小規模設備の点数軽減で現場が崩壊しそうですが・・

電験二種でも人数はいるのですが、求人の応募者数はそれほど多くないらしく、資格だけ保有している人がいるので一概に有資格者数で比べれないとは思います。それでも最近の求人では未経験でも採用しているのがチラホラ見えるので外部委託のような著しい不足にはならない感じですかね。

転職を考えている方は、2045年まで仕事が増えていく資格はなかなかないので電験三種の次は電験二種の取得をオススメします。電験二種勉強法についてnoteを書いてますので良かったら参考にしてください。

【不安要素でしかない技術革新】
電力業界で働いていた時に、最先端のAIや自動化、IOTという単語は一切聞いたことがありません。技術系の企業なのにこういう単語が話題にならないのは時代に置いて行かれている証拠・・。電気はなくならない!というおじさんの言葉にはビックリ。車も自動で走るのに常駐や定期点検を今の頻度でやるのは費用対効果があるのかとても疑問です。損益分岐点がいずれ来るかなという感じ。外部委託業者は今よりも電気事故に特化して3~10年目は定期点検減らしたりしないと人が足りない将来像。現時点でリレー試験省略業者は多いと思われます。気が利かない担当者だと細工しないんでVCBの動作回数見れば分かりますよ(*´ω`)

事故専門なんてされたら利益率下がるから厳しいのでしょうけど毎年外部委託で日本全体で数千億取られていると考えると今が最適な制度ではないはずです。この数千億があれば他の投資に回せているので。あまり書くと怒られそうなので辞めておきます。。。

電力総連応援議員が踏ん張ってくれているうちは大丈夫かなという感じ。電力会社だけでなく電力業界のすべてがこの議員にかかってます(*´ω`)

【つまり電験はこの先不安定?】
先ほどのことをリスクとして考えても資格一つで、今のところ20年制度が続きそうで、人並みの生活が保障されているのはかなりメリットだと思うのでさんとうきんは電験三種の取得はオススメできます。他の業界でも仕事が変化していき個人では追いつけなる可能性がありますからね・・
プログラミングとかも流行ってますがフリーランスは不安定なので、電験の仕事をベースにして副業のほうが良いと思います。

電気主任技術者制度の変更に最新の注意を払っておいて電験を取得し他の業界への進出準備とかをするのが良いかなって感じです。なのでさんとうきんはブログを書いたり投資をしたり電験二種のnoteを販売したりして資格に頼らない生き方を少しずつ作っています。

【さいごに】
いかがでしたでしょうか(*´ω`)
少しリスクについて書きすぎました感じもしますが、電験はオススメです!電験をベースにして変化の時代を乗り越えましょう(*´ω`)

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m






【関連記事】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!
【②電験三種の給料、待遇】
【③電験三種の将来性】

ビットコイン70万円超しました。強すぎる。。。

そんなビットコインを世界中の人が所持するのはいつになるのかを、データ分析をExcelで行っていきたいと思います(=゚ω゚)ノ

長くなるので、はじめに結果をいうとビットコインを世界中の人が持つのは2032年というリアルな結果になりました。ここからはどうやって算出したかを書いていきます。

使うのはビットコインウォレット数です☺昨日の記事でも紹介したビットコインを買うと多くの人はこのウォレットを使いますので新しく始めた人の数に比例するはずです☺日本人は取引所に置く人が多いのであまり使用していないかもしれませんが外国人はかなり利用しています。Excelで現在までのビットコインウォレット数から近似式で未来を予測してみました。結果はこちら
6次 10億

縦軸の単位は億で横軸が年月です。10億を突き抜けてます。もう少し縦軸の範囲を100億にするとこちら
6次 100億


すごい勢いで増えてます。2030年に世界の人口は85億人らしいので2032年付近だと85億まで伸びそうです。2050年に100億人に到達するようですがその前から100億を突破していてこれはなんでしょうか?

電子機器とか車、スマホにウォレットが搭載されても良いですね。こう考えると本当に100億超えそうな気がしてきました。こちらの記事「ソフトバンク ヤフー買収から見る仮想通貨戦略」でも紹介したように今年は日本でも決済にビットコインが広がりそうです。アメリカではテレビCMが始まりました。日本でもそろそろ再開されるはずです。新興国でも自国通貨を信用できずにビットコインを買う人が急増しています。世界中でビットコインが再び注目されています。



※字数が決まると一番大きい字数に影響されて後半はプラスかマイナスのどちらかに発散してしまいますが

↑このページのトップヘ