電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:勉強法

こんにちは。さんとうきんです!
第二種電気工事士の筆記試験が近づいてきました。この試験は過去問が最重要かなと思います(;^ω^)
特に電気回路よりも覚えやすくてすぐ得点になる分野として配線図と鑑別をすすめています。なので2009年の配線図や鑑別の20問をYouTubeで解説しました。

【第二種電気工事士】10点上げる方法2

参考書では電気理論から始まるのでここに時間を割きがちですが得点を上げるというところに注目するとテキストの最後にある配線図や鑑別の方がいいと考えています。

もちろん電気理論も大切なんですが、毎年繰り返し出題されている問題が多いのでやっておいて損はないかなと思います(*´ω`)

動画を止めて問題を解いてから解説を見てもらえると効果的です(*´ω`)

【第二種電気工事士】10点上げる方法2

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種の試験まで半年を切ってきました。電験二種ではガウスの法則を積分の形で理解する必要があると思いますのでYouTubeで解説してみましたので良かったらご覧ください。

→【電験二種】ガウスの法則の解説を見てみる

この動画では電験三種の理論の過去問から、コンデンサの内部電界を求める問題を選び、そこにガウスの法則を使ってみました。ガウスの法則というと真ん中に電荷があって表面積の電界を求めるのをイメージすると思いますが、そういう縛りはなく電界と電荷の関係を表したものです(*´ω`)

また、電界というのは距離に関係ないのが注目ポイントです。いつもの球の真ん中に電荷がある場合だと距離が遠ければ遠いほど電界は弱かったですがここでは距離が関係なくなります。これでわかるのは空間が広がっていると電気力線の密度が小さくなるので電界が弱くなるという事が理解しやすくなると思います。

4月末には積分について区分求積法を使って解説もするので、独学で電験二種の勉強をしている方はぜひチャンネル登録お願いします。

→【電験三種】ガウスの法則の解説を見てみる

こんにちは。さんとうきんです!
電験三種の試験まで半年を切ってきました。人によってはガウスの法則は暗記で乗り切る方もいると思いますし、電験三種の場合はそれでも良いと思います。しかし、本当に理解するには積分の形で考えないとイマイチ分からない部分もあると思うので、YouTube解説してみました。

→【電験三種】ガウスの法則の解説を見てみる

この動画では電験三種の理論の過去問から、コンデンサの内部電界を求める問題を選び、そこにガウスの法則を使ってみました。ガウスの法則というと真ん中に電荷があって表面積の電界を求めるのをイメージすると思いますが、そういう縛りはなく電界と電荷の関係を表したものです(*´ω`)

また、電界というのは距離に関係ないのが注目ポイントです。いつもの球の真ん中に電荷がある場合だと距離が遠ければ遠いほど電界は弱かったですがここでは距離が関係なくなります。これでわかるのは空間が広がっていると電気力線の密度が小さくなるので電界が弱くなるという事が理解しやすくなると思います。

4月末には積分について区分求積法を使って解説もするので、独学で電験三種の勉強をしている方はぜひチャンネル登録お願いします。

→【電験三種】ガウスの法則の解説を見てみる

こんにちは。さんとうきんです!
電験三種を受験するにあたり分からない問題が多すぎたり、どうしても自力で頑張れない方向けに質問掲示板を開設しました(*´ω`)

【電験三種 オンライン質問サークルを見る】

月額4,980円に設定させてもらいました。電験三種予備校などはこんな金額では済まないですし、家庭教師を呼んでも時給3,000円が相場なので、自分だったら使いたいか?を考えてなるべく割安な設定にしました(*´ω`)

会員数が少ないうちは細かいルールはありませんが、様子を見て変更することがあります。この料金であればお得なはずなので、どんどん使ってください。

簡単に自己紹介をすると、電験二種を保有している大卒です。電気主任技術者として選任されているので実務も官公庁手続き書類もOK。あまりにも電験から逸脱している質問には回答できませんが、なるべく丁寧に答えます。

初めのうちは途中式が抜けていて理解できない場合が多いと思うので、そういった問題でもOKです。

【電験三種 オンライン質問サークルを見る】

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種、電験三種を持っています。電験二種は電力管理が7割、機械制御は10割でした(*´ω`)

この記事では、2020年に電験三種を1発合格するには12月から勉強を始めましょうという内容で行きたいと思います(*´ω`)

電験三種は4科目がありますがトータルの勉強時間で1000時間は必要です(;^ω^)
自分は電験三種は科目決めて、3回受験で取得したのですが3回は今考えると効率悪かったです(;^ω^)
人生の貴重な時間を費やしてしましました。。。
どうせなら4科目1発狙いでこぼれたのを翌年の方が良かったです。初めから諦めると遠回りします

よく電験二種あるなら三種簡単でしょ?といわれますが、そんなことはなかったですね。一つずつ分からないのを潰していく地道なゲームです。。。

話が逸れましたが、1000時間の勉強時間を確保するには12月からすると無理なく続けれると思います。癖がつくまで拷問ですが数か月で慣れるはずです(*´ω`)

ここで逃さずに後悔がないように対策をオススメします(*´ω`)

自分が実際に省略した勉強範囲などをnoteでまとめていますので良かったらご覧ください!
電験三種の勉強範囲はこちら

↑このページのトップヘ