電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:投資

こんにちは。さんとうきんです!
今日は経済産業省から公表されている潜在成長率の考え方を元に話していきます。YouTubeでも似たような内容で動画を作っているので動画が良い方はこちらから
→YouTubeを見る

潜在成長率は三つから出来ていて、労働力、設備、生産性で労働力だけはどうしようもできないですね。女性や高齢者の就労率を上げようとしているのは、たぶん潜在成長率を上げようとしているんだと思います。意外とここはデータに基づいた戦略なんですね(;^ω^)

インドは労働力がまだまだ伸びます。昔の中国に近いんでしょうね。ここ10年は株価もダウ並みに上げていてこれからも同じような感じが続きます。多分アメリカは少しづつ失速して、今までは年率7%と言われていましたが、人口の伸びが落ちていくのでキツそうです。

インドネシアも伸びるようですね。人口が伸びる国をポートフォリオに入れないと厳しいですね。日本オンリーはちょっと。でも日本に暮らすならある程度円での配当も欲しいので高配当銘柄は買います(笑)

外食も買いたいけど買いにくいですね。インドについてはこちらの動画をどうぞ
→潜在成長率からみる長期投資で伸びる国

こんにちは。さんとうきんです!
株を初めて10年以上たちます。資金はかなり少額で練習していて本格的に買うのは去年くらいからです。給料も上がり余裕が出てきたのでぶち込み始めました(;^ω^)

米国株だけが良いかは別にして、先進国の中で伸びそうなのでアメリカしかなさそうです。潜在成長率を元にして考えるとですが。。。
YouTubeで潜在成長率について経済産業省がまとめていたので紹介してみました。
YouTubeで潜在成長率について見る

米国株は過去200年上げ続けたのでこれからも上がるとか、色々な意見がありますが自分は数字がないと不安になるので潜在成長率を元にします(;^ω^)

ドイツもフランスも日本も微妙です。イギリスはまだマシという感じ。

そうなるとインドが候補になってきました。人口が増える国は有利ですね。。。

AIでどれだけ成長率が増えるのかだけが頼りです(笑)

こんにちは。さんとうきんです!
投資の判断はご自分でお願いします(;^ω^)

メタップスがセブン銀行と業務資本提携をしました(*´ω`)
株を20億譲渡するようですね。メタップスの時価総額は100億程度なので。セブン銀行くらいの規模だとメタップスくらいの企業わざわざ提携する意味があるのかと思いますが、、、

以前にメタップスについて動画を作っていたので良かったらご覧ください。
YouTubeでメタップスを見る

エントリー時点で利確ポイントを決めているのでここに到達したら売却して行きます。
3000円
4000円
10000円
20000円
30000円

ここで100株ずつ利確します(;^ω^)
気長に待つことにします。

どうもオフィス勤務が好きじゃないですね(笑)
現場事務所でマイペースにやる方が好きです。。。

昼だけ一緒になり、新年会などはないのがうちの会社の良いところ(;^ω^)
酒好きな人にとっては違和感があるのかも

話が変わりますが日経が結構下げましたね
年初に下げる感じは去年と似ていますがイランがやばそうです

戦争は止めよう。。。
それにしても円高になりにくくなりましたね。YouTubeで以前にアップした【高配当銘柄ゆうちょ銀行】でも書いたように、日本の金融機関が外債をせっせと買っています。75円の円高を付けたときや東日本大震災での協調介入での10兆円を上回るくらい外債を買っています。。。

密かにあの時と状況は変わってきていますね。せっせと投資。

こんにちは。さんとうきんです!

2020年になってしまいました。。。
2020年は近未来なSF的な世界なのかなと10年くらい前は思ってましたが未だに印鑑がチラつきます(;^ω^)

職業柄、印鑑が重要視されるので見る機会が多いのかもしれません。経済産業省はシャチハタを嫌います。何でもいいだろうがと思うのですが。。。
本業は自分一人で変えれることが少なくてつまらないので副業に専念したいです(笑)

最近、米国株ブロガーがいきなり増えた気がします。本業の稼ぐ力を利用して彼らに一気に追いつきたいです。とりあえず1000万円の資産があれば注目されると思うのでそこを目指します(*´ω`)

2020年末までに達成するのは難しいかもしれませんが、出来なそうなところに目標を置くのが一番良かったので

↑このページのトップヘ