電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:暴落

こんにちは。さんとうきんです!
マザーズ指数がコロナショック前に戻るなどバブルがチラつき始めている感じですかねー

そんな中、三菱商事を買い増して200株になりました(*´ω`)
東証一部はまだコロナショック前に戻っておらず、かなり安く仕入れることが出来ました(笑)
利回りが5.7%くらいなので凄い時代です。。。

そして株式全体的に下降トレンドが終わり上昇トレンドなのではないかと思い始めています。
下降トレンドではマザーズの下落率は東証より大きく、反転後の上昇も東証一部を超えることがないはず。。。

一方、上昇トレンドではマザーズの伸び率は東証一部を上回り良い株かどうかはあまり関係なくなる

まとめると、バブルになると小型株の方が大型株よりも上昇するという特徴があるので、今の段階で雰囲気や経済指標を無視して考えると当てはまっている感じがしてきました(笑)

これが日本だけでなくアメリカやヨーロッパもなのかまで確認して観察していきたいと思います

【YouTubeはこちら】
【副業の始め方】
【YouTube 副業で月3万円稼げました】

こんにちは。さんとうきんです!
10万円くるのは嬉しいですねー。年収が高いサラリーマンは数年後に倍返しされそうですが(笑)

消費税15%もくるんですかね(;^ω^)
本当に企業について考えないといけないかもしれません。。。
経費なら低く抑えられるので。

昔なら不景気で需要を操作するときは公共事業でしたが最近は金をばら撒くようになりましたね。新しい時代の到来ですかねー。経済政策に全国民が参加できるんで悪くない気もします。

ばら撒けば巻くほど金や仮想通貨が上がるんではないかと思って観察しています。2010年から仮想通貨が爆上げしていましたからね。

今後の株価やポジション、保有資産についてYouTubeに動画を上げているので良かったらご覧ください。
【YouTubeを見る】

こんにちは。さんとうきんです!
先日までガチホで行こうと思っていましたが利益がのってきたので一旦売却しました。+30,000円程度でしょうか?

これによって今月の投資余力が115万円になりました(;^ω^)
ガチホでも良かったんですが一気に回復しすぎな感じもしていて、さらに日経が21,000円を超えてきたらさらに利確、損切りをしていきたいです。

今月の余力は115万円ですがこれも5月へ繰り越す予定です(笑)
そうすると5月は140万円になるわけですがどうするか。。。

やはり5月の第一四半期の決算前にかけて下落するような気もします。そこらへんで4社ほど買い付けたい銘柄があるので今はポジションを軽くしてみました。


こういう時にインデックス投資は楽で良いですね。何も考えないで良いから(笑)
インデックス投資をここで損切りしてしまう人はもったいないです。。。

話は変わりますが、最近YouTubeのチャンネル登録者が900人間近になりました。投資、副業、資格について動画を作っています。資産報告などもしているので良かったらご覧ください。
【YouTubeはこちらから】

こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事ではビットコインを買いまくっている事や大流行目前であるサインを感じている事について解説していきます(*´ω`)

スクリーンショット (485)






ビットコインは2017年の年末に220万円になり2018年は下がり続けました。。。
しかし、2019年は40万円から150万円まで急上昇してきました。通常はここまで短期間で上がるのはバブルである場合が多いので仮想通貨バブルは現在も継続中だと思われます(*´ω`)

そして日本も含めて世界中の企業が参入していて色丹単と投資をしている状況です。つまり、今から仕込めれば企業と同じタイミングで投資することになるので相当な利回りが期待できる可能性があります。※諸説あり

スクリーンショット (486)





実際に日本企業で仮想通貨へ投資している企業がこちらになります。業務提携なども含めると電通やJRなど莫大な数になるので取引所を運営している企業にしました。企業が取引所をオープンするのは取引が増える時です。取引が増えるのはその取引対象物の価格が上がるときなので、こういった企業は今後、仮想通貨が上がる事を見越していると考えられます。

スクリーンショット (487)





ただし価格の上昇に伴いハッキングするハッカーの需要も増えるので注意しましょう。最近はある程度の期間が経過した後に返金されるので安心できますが、マウントゴックスのように返金されない場合があるので注意が必要です。

スクリーンショット (488)





未だに仮想通貨が詐欺だと言われることがありますが裏では着々と準備が進んでいて、ドルや円などの送金で利用されている団体、SWIFTの仮想通貨版の団体の創設が正式に金融庁主導で進められているようです。まだ、なんの通貨が利用されるかが分かりませんが仮想通貨の地位向上に一役買いそうです。

スクリーンショット (489)





次に、仮想通貨に注目しているのは日本だけなのかというとそうではなくアメリカでも密かに熱狂しています。特に機関投資家と呼ばれる人たちの2割が仮想通貨を保有していると、フィデリティという伝統的な資産運用会社が実施したアンケートで回答しています。スマートフォンも、大体15%を超えるあたりからブームが起きたことからここから1年ほどで劇的な仮想通貨投資ブームが巻き起こるきがしています。

スクリーンショット (490)





【まとめ】
こんな感じで仮想通貨の爆発的な流行が目の前に迫っていると考えています。こちから仮想通貨を購入しようとしている方は口座開設方法についてまとめたのでご覧ください。
口座開設方法についてはこちらから

ウォレット数

こちらはblock chain.comでのビットコインWalletのグラフになります。

Walletとは仮想通貨をしまうための財布で取引所で購入したビットコインを保管するために作成します。誰でも、無料で作成できるので海外では利用されているようです。日本人は少し抵抗があるかもしれません。一度作成すると消えることはないので増加していきます。2018年も価格は下落している中、衰えることなく増えていて予想外です~。ここ最近は価格の上昇もあり増加のペースがアップしました。ビットコインの価格の上昇は1番宣伝効果がある気がします。
トランザクション数


続いてこちらはビットコインの上位100Walletを除いたトランザクション量のグラフになります。順調に増加しています。


Walletの増加とトランザクションが増えていることからビットコインの実需が生まれ始めています。一部の新興国では出来高が着実に増加しており仮想通貨で知名度の高いビットコインに流れており、超長期でビットコインは未だに強い上昇トレンドの最中だと思われます。強い抵抗が予想された65万を抜けてくると80万円も視野に入りそうです。今までの感じだとレジスタンスで粘ってるときは大きく突破していく気がします。


こちらの記事でも紹介したように今年は日本でも決済での利用が予想されます。G20前後の6月から各社どのようなサービスを展開してくるか注目です。国内最強ニュースはキャッシュレスに仮想通貨が入ることです。今のところバブルが再来すると思ってますがPayPayに送金できるようになれば2017年確定ですね~



↑このページのトップヘ