電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:証券

icon_030920_256

こんにちは!さんとうきんです。
この記事では最近大暴落しているリップルについて取り上げています。

コインテレグラフによると、リップルの投資部門Xpringは2018年の5月以降で仮想通貨XRP関連のプロジェクトに5億ドル(約540億円)を投資していたようです!
出資対象企業は20社以上。ブロックチェーンゲームのプラットフォームForteなどが含まれる。出資の目的は、XRPの新たな利用ケース創造することだ。「XRPレジャーでの開発に必要なツールや関連ライブラリー、セービス」を提供している。
Xpringは、「XRPレジャー内での開発」、「ブロックチェーン同士の互換性(Interoperability)の向上」、「デリバティブやステーブルコインなど分散型金融」の3つの分野を中心に出資を行っている。

【リップルと草コイン】
最近はアルトコインが元気がなく、ビットコイン以外はなくなるという主張が多いのですがリップルと草コインは雲泥の差があると思います(*´ω`)
実際に稼働まであと一歩で、投資してさらにチーム大きくしているわけですから。
草コインは何の活動もしていないわけです。

【証券問題】
最近はここが曖昧になってきていて、送金サービス大手のマネーグラムと提携してからは、証券じゃないんじゃないかなど色々な憶測が飛び交っていますが、じっくり待つしかありません。
大投資家も投資は待つのがほとんどだと言っていますし3年、5年待ちたいと思いますm(__)m

今後もリップルのニュースを取り上げていきたいと思います!

icon_001360_256

こんにちは!さんとうきんです。

コインテレグラフによると
先日リップル社と戦略的な提携を発表した米国送金大手マネーグラムのアレックス・ホームズCEOは、チェダーのインタビューに答えて、今回の提携は「完璧な結婚だ」と発言したようです(*´ω`)

ホームズ氏は、今回の提携がマネーグラムのクロスボーダー(国をまたいだ)市場での効率化を加速させる一方、リップルにとっても「リアルタイムで意味のある価値」をネットワークに注入する良い機会になると指摘。リップル社の方から提携について話を持ちかけてきたことを明かした上で「パートナーシップについてこれ以上喜べないくらい満足している」と述べた。
今回の提携でマネーグラムは、リップルの決済サービスxRapidを利用する方針と伝えられている。xRapidは、仮想通貨XRPの利用が義務となるのが特徴だ。
ホームズ氏は、直近ではxRapidを使った決済システムを軌道に乗せることに注力することを明かした。

リップルはもともと銀行送金だったわけですがここにきて決済にも進出しています!需要の増加は価格にも良い影響を与えるのでひたすら待つのみです。。。
決済になれば保有時間が増えるので希少価値が上がるかなという考えです!

【イギリスではリップルは証券じゃない?】
とうとうイギリスの金融規制当局FCAではイーサリアムとリップルは証券じゃないという見解が示されています。残るはアメリカがどういった反応を示すかが今後のカギになるかなといった感じです。
さんとうきんもリップルとイーサリアムを保有しているので注目しています!

↑このページのトップヘ