外資リーマンーさんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。【株式投資を始めました】 株について書いていますが投資助言はしていません。あくまでも自分のポートフォリオ的に買いたいタイミングで購入しています。投資判断はご自分でお願いします。

タグ:返済

こんにちは。さんとうきんです。
この記事では資産とカードローン返済状況を書いていきます!

一か月くらいブログはさぼってしまいました。。。
毎日更新しているブロガーは凄いですね(;^ω^)

最近気になる出来事として「三菱サラリーマン」さんがFIREを達成したそうです。。。
FIREとは、詳しくは忘れましたが働かないで不労所得だけで生きていく人だったと思います(ググってないので間違っていたらすいません)

30歳で7000万の資産を持っていいるとか。いきそうにありません。。。
そういう天竜人を目指す前に、さんとうきんは2020年の年末で純資産1000万を目指します(*´ω`)
仕事に不満は全くないので完全リタイアをするつもりはないんですが、変な人が現れて辞めたくなる時に備えます。。。

配当があれば自分の事業で年に100万円を楽しく稼ぐだけで生活も安定して、充実感もありそう。。。
まだまだなので完全な妄想ですが(;^ω^)


【純資産】
資産は仮想通貨の値下がりと株価の値上がりで相殺してる感じです。予定通りカードローンは年内には完済できそうです(;^ω^)

もう二度借りません(笑)
来月30万返すのは難しいので12月かなといった感じです。

今回から新しく純資産も加えました。純資産は右肩上がりなので良い感じです。今の年収だと300万~400万くらいは純資産が増やせる感じですね(*´ω`)

まずは2020年に純資産1000万目指します!!!

スクリーンショット (426)

icon_049340_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
この記事ではカードローンの感想を書いていきたいと思います!



【何社で借りた?】

自分は3社で借りました!3社借りて分かったのは金利は会社によってかなり違うという事。。。
ネット銀行=安いという事はなく安い傾向があるって感じでした。。。

某ネット銀行は1番高かったです( ;∀;)
審査基準も異なるので自分に合ったところを探しましょう!
場合によっては断られることもあるので、どうしても借りなければいけない期日がある場合は複数申し込んだほうが良いかもしれません。。。

【金利はどう?】








ここが1番金利が低かったです。もちろん条件にもよりますが高いところでは15%でしたがここは10%でした(*´ω`)

他もシミュレーションしましたがほとんだ15%近かったです。借入金額が低いとどうしても高くなりがちなのでしょうがないのかもしれません。。。

ちなみに目的をギャンブルにすると申し込めない場合がありました(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)
素直に入力したのですがw
気を付けましょう。たぶん金利も少し高くなるかもしれません(*´ω`)

【毎月の返済は?】
会社によって若干変わりますが返済金額は大体同じくらいで借り入れの1~2%程度で1%だと元金が全く減りません( ;∀;)

自分のようにまとまった金額が入る予定のある人は使う価値はあると思いますが生活費が足りなくて借りる方は注意が必要です。。。

【返済忘れには注意!ブラックリストに乗ります。。。】
軽く考えがちですがブラックリストは様々な企業で共有されているのでローンの支払期日は必ず守る世にしたほうが良いです(;^ω^)

出来ればそこの会社で口座開設もして自動引き落としにすれば忘れることもないでしょう。。。
そうでなければ毎回ATMへ行き返済することになるのでついつい忘れてしまう事があります(;^ω^)

【まとめ】
いかがでしたでようか?
さんとうきんも未だに80万円ほどのカードローンがありますがコツコツ返済しています。。。
何とか今年中に返済したいです(;^ω^)

5月分の家計簿(予定)はこちら☺

収入
給与 45万

支出
食費 6万
カードローン2.5万
奨学金 1.5万
ジム0.7万
日用品 0.5万
保険0.5万
通信費 0.5万
光熱費 0.5万
その他 0.5万
投資信託10万


収入:45万 支出:23.2万
こうしてみるとカードローンが大きいです(T_T)
今月も余った分はカードローンの返済と交際費に充てます。今月からつみたてニーサとIDECOなどなどで毎月10万円ほど投資信託へ投資することにしました。数か月後くらいからグラフ化して見るのが楽しみです(^^)

食費も大きいので晩御飯に焼鮭を導入しました(`・ω・´)ゞ
回転すしが好きで毎回行ったりすると6万くらいになるんですよね~


なにか良い方法がないものか
先月の資産業況はこちら

↑このページのトップヘ