電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:電験二種

こんにちは。さんとうきんです!
電験三種や電験二種にはガウスの法則が出てくるのですが、解き方までは分かっていてもイマイチ意味までは考えていないかもしれません(;^ω^)
今回はガウスの法則を理解するには積分を理解する必要があるので積分の動画を作成しました
→【電験二種ー電験三種】区分求積法で考える積分

積分を授業でやると解き方をたくさん練習したり、対数や三角関数の積分のパターンを習得するわけですが積分の本質は区分求積法だけ理解していれば電験を受けるにあたって感覚は十分備わると思います(*´ω`)

区分求積法を知らずに積分を解いているとガウスの法則やアンペールの法則も良く分からないままになるのでここの単元はよく理解しておくと良いと思います。

電験の数学シリーズは3本の動画を作っているのでご覧ください。

【YouTube】
区分求積法で考える積分
ガウスの法則
一次関数と二次関数

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種の試験まで半年を切ってきました。電験二種ではガウスの法則を積分の形で理解する必要があると思いますのでYouTubeで解説してみましたので良かったらご覧ください。

→【電験二種】ガウスの法則の解説を見てみる

この動画では電験三種の理論の過去問から、コンデンサの内部電界を求める問題を選び、そこにガウスの法則を使ってみました。ガウスの法則というと真ん中に電荷があって表面積の電界を求めるのをイメージすると思いますが、そういう縛りはなく電界と電荷の関係を表したものです(*´ω`)

また、電界というのは距離に関係ないのが注目ポイントです。いつもの球の真ん中に電荷がある場合だと距離が遠ければ遠いほど電界は弱かったですがここでは距離が関係なくなります。これでわかるのは空間が広がっていると電気力線の密度が小さくなるので電界が弱くなるという事が理解しやすくなると思います。

4月末には積分について区分求積法を使って解説もするので、独学で電験二種の勉強をしている方はぜひチャンネル登録お願いします。

→【電験三種】ガウスの法則の解説を見てみる

こんにちは。さんとうきんです!
自分は電験二種を電力管理が7割、機械制御が10割で取得しています(*´ω`)
電験二種は5%くらいの合格率ですが、ある程度やり方を工夫うすると誰でも取得するチャンスはあると考えています。

自分のやり方はテキストを買っても全ページを満遍なくはやりません。参考書を作る人たちも、網羅していないと苦情や売れ行きが良く無かったりするのでめったに出ない奇問まで開設されている場合があります。

各単元に重みを付けてやるところ、やらないところを決めることが必要です。電験三種でもそのようにやると良いと思いますが、範囲や難易度的にもそこまで工夫うしなくても合格する人もいるので、イマイチこのやり方が効果があるのか実感できていないかもしれません。

実際に自分がどこの単元を省略して、どこを勉強したのかはnoteで紹介しているので良かったらご覧ください。

→【電験二種】勉強範囲を見る

こんにちは。さんとうきんです!
なんでもそうですが一つだけで給料を上げようとするとなかなか難しいです。
資格、学歴、英語。外資ならこんな感じですね。学歴はなくても経験でこの業界はなんとかなる場合もありそうですね

日本企業なら長く働いて管理職になるというのが給料を上げる近道ですかね。この管理職になるのが難しいからみんな資格を取ったりするわけですが資格手当単体では全く稼げません。日本企業で稼ぎたいなら資格取得は近道なのか良く分かりませんね(;^ω^)

転職では活かせますが、メーカー工場に入り込むくらいしかないですね。

かといって他の仕事が良いかといわれるとそうでもなさそう。特に研究職なんてあんなに努力しているのに現業とそんな給料変わらないのが現実ですよね。若いドクターも正規雇用でなかったり、そもそも後期課程まで行って挫折する人もいます。彼らの努力量は電験二種の比ではないはず。どう考えても仕事だろうと思える研究室の仕事を延々に繰り返す。

消去法で電験が生き残りました(笑)
いー資格です!

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種、電験三種を持っています。電験二種は電力管理が7割、機械制御は10割でした(*´ω`)

この記事では、2020年に電験三種を1発合格するには12月から勉強を始めましょうという内容で行きたいと思います(*´ω`)

電験三種は4科目がありますがトータルの勉強時間で1000時間は必要です(;^ω^)
自分は電験三種は科目決めて、3回受験で取得したのですが3回は今考えると効率悪かったです(;^ω^)
人生の貴重な時間を費やしてしましました。。。
どうせなら4科目1発狙いでこぼれたのを翌年の方が良かったです。初めから諦めると遠回りします

よく電験二種あるなら三種簡単でしょ?といわれますが、そんなことはなかったですね。一つずつ分からないのを潰していく地道なゲームです。。。

話が逸れましたが、1000時間の勉強時間を確保するには12月からすると無理なく続けれると思います。癖がつくまで拷問ですが数か月で慣れるはずです(*´ω`)

ここで逃さずに後悔がないように対策をオススメします(*´ω`)

自分が実際に省略した勉強範囲などをnoteでまとめていますので良かったらご覧ください!
電験三種の勉強範囲はこちら

↑このページのトップヘ