電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数600人超えました(*´ω`)

タグ:電験二種

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種、電験三種を持っています。電験二種は電力管理が7割、機械制御は10割でした(*´ω`)

この記事では、2020年に電験二種を一次試験免除で受ける人は大チャンスですという内容で行きたいと思います(*´ω`)

電験二種は一次試験と二次試験がありますが二次試験で1500時間は必要です(;^ω^)
しかし、一次試験合格者は去年の蓄積があるので1000時間くらいで良いと思われます(一次試験合格後も勉強していればですが)

これがどちらも受験するとなるとかなり難しいわけです(;^ω^)
そこまで難しくないとはいえ、一次試験対策をしながら二次試験の勉強をする時間がサラリーマンには限られているからです。。。

なので2020年に二次試験のみで受験できる人は大チャンスです。ここで逃さずに後悔がないように対策をオススメします(*´ω`)

自分が実際に省略した勉強範囲などをnoteでまとめていますので良かったらご覧ください!
電験二種の勉強範囲はこちら

この記事は本気で取得したい人向けです。電験二種二次試験での当日の問題選びについて書いていきます!
試験慣れしてないと選択問題なので思っているより時間をロスしてしまいがちです。前もって当日の立ち回りを考えておきましょう(*´ω`)

結論から書くと、電力・管理、機械・制御どちらも試験開始3分程度でどれを解くのか決めると良いと思います。
試験当日はほとんどの人が開始と同時に1問目から解いていきますが必ず全体を見てからやりましょう。勉強計画通りしていた人は
過去問と似ている問題が必ずあると思うので少し安心するはずです。


スクリーンショット (496)


皆さんは問題選びはどうするつもりですか?

スクリーンショット (497)


自分が受けた感じだと試験開始の合図と共に書き込む音が凄いです(*´ω`)
たぶん問題を全部見ている人はいませんでした
ここら辺を自然に出来ると良いのですが試験勉強ばかりで当日の事はあまり考えている人はいないかもしれません!
初めにも書いたように開始3分で問題を決めます。


スクリーンショット (498)



勉強計画を立てて過去問をやりこんでいると出来そうなのと無理ゲーなものは
判別できると思うので過去問で見たことがある物を優先して選んでいきます。

スクリーンショット (500)


電力管理は5分かけても良いかもしれませんが機械制御はとにかく時間がないので3分で決めましょう!

スクリーンショット (499)


記述の際ですが単位と条件の設定は必ず書きましょう。最近は問題文で書かれている場合が多いですがない場合は文字の説明、
電力や電流はどっちが遅れで進みなのかなど決めないといけませんので注意です。。。


スクリーンショット (501)



時間がない場合は厳しいのですが、受かるかギリギリの時は見直しに5分程度かけると良いと思います。考えても分からない場合はどれだけ
時間をかけても得点できないので出来た問題の見直しに時間をかけました。機械制御は2問なので最後ではなく問題ごとに見直ししました。
自動制御で計算ミスがあったのですが見直して全問正解出来たので見直しは必須です!

【YouTube】
YouTubeでも電験二種について解説していますのでご覧ください!

icon_054340_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
さんとうきんは、電験二種と三種に受かり電験二種では電力7割、機械10割で、合格率は4%程度でした。このブログではどのようにして勉強したかを中心に書いています。

今回のこの記事では解説が省略されがちであるガウスの法則について書いていきます。ガウスの法則を使ってE=Q/4πεr^2とコンデンサの電界について例題を解いていきます。※文字の下のスライドがセットです

関連記事には電験二種、電験三種勉強法のリンク集がありますので勉強法を知りたい方はそちらをご覧ください。
スクリーンショット (412)



ターゲットですが電験三種を取得した後に電験二種を取得したい、エネルギー管理士を取得したい、電験三種の勉強でやる事がなくなった方向けです。少し難しいかもしれませんがガウスの法則は色々使えるので覚えておいて損はないかなと思います(*´ω`)
スクリーンショット (413)




まずガウスの法則が何だったかというとこちらの式になります。積分系と呼ばれていて電磁気の教科書ではよく見かけると思います。しかし、大学の授業では正確に表そうとしすぎて簡単な問題まで分かりにくくなっているので手短に例題を交えて考えていきます。
スクリーンショット (414)




高校数学にある積分のように∫f(x)・dxと似ています。積分とは何だったかというと面積と教えられたはずです。f(x1)・x1+f(x2)・x2+・・・
これを足していくのが積分なので面積になるという事でした。
p-6-int-trapezoidal-method[1]




ここでも同じように電界ベクトルEと面積ベクトルdSの内積を範囲Sで全部足すという事です。いまいち分かりにくいと思うので後程、図を使って解説します。
スクリーンショット (414)




ところで電験二種にここまでの知識は必要なのか?
と思う方もいるかもしれませんが、自分は必要だと思います。ガウスの法則を使えずに公式暗記で対応するにはかなり無理があると思うからです。

しかし、電験三種にこの知識が必要かといわれると必ずしもそうでないと思います。。。
基本的に電験三種は公式暗記で60点取れるからです。今後、上位資格を目指す方は必要かなという感じです。
スクリーンショット (415)






本題に入ります。ガウスの法則を一言で表すと電界と面積の内積が電気力線の本数に等しいというのは覚えておいていいかなと思います。厳密にいうと諸説あると思いますが分かりにくくなるので省略します。
スクリーンショット (419)


図を使うとこんな感じです。バスケットボールを思い出してください。中心に点電荷を置くと電気力線がバスケットボールの表面の皮を貫いてくると思います。次にバスケットボールの表面を細かく分けてS1、S2、・・・としていきます。dSというのは小さいSを表しているので大体こんな感じでOKです。dS1ベクトルとE1ベクトルは同じ向きなので内積は|dS1|・|E1|・cosθ=dS1×E1となります。

なぜ同じ向きになるのかというのは長くなるので割愛します。しかし、研究者でない限り電験には同じ向きになりcosθが消えるパターンがほとんどなので気にしなくていいかなと思います。

実験をして測定結果をみてみると、どうやら電界Eは距離が等しいと電界が等しいそうなので共通因数なのでくくります。
こんな感じで解いていくと見たことある公式にたどり着くと思います。どうやらガウスの法則では面積の値で大きく式が変わりそうだという事が分かりました。
スクリーンショット (420)






次にガウスの法則を使ってコンデンサの内部電界を解いてみます。長くなるので赤丸を付けた電界だけ解いていきます。コンデンサは充電されると問題図のように正電荷と負電荷が帯電するのでその時の図になります。ガウスの法則を使って考える時には上の板と下の板を分けて考えます。
スクリーンショット (422)





まずはコンデンサの上の板だけ考えると、こちらには正電荷が帯電しています。ガウスの法則は好きな範囲を設定して良いので適当にこの範囲で円柱状に考えます。電荷+Qで発生する電界は上と下にいくので上だけ考えてはいけません。

ここでも内積は同じ向きを向いているのでcosθは消えます。こうして考えていくとスライドのような感じになります。
スクリーンショット (423)





下の板でも同様になります。電界ベクトルと面積ベクトルが逆向きなのでマイナスが出ていますが電荷が負なので打ち消しあって上の板と同じ電界になりました。
スクリーンショット (424)





コンデンサというのは上の板と下の板が合わさって一つなのでこれを合成しなければなりません。上の板の外側の領域①、コンデンサ内部の領域②、下の板の外側の領域③で考えていきます。
スクリーンショット (425)





スライドのように合成して考えていくとコンデンサの外部は打ち消しあって、コンデンサ内部が強め合って二倍になりました。よくできてるなーと感心したのを覚えています。。。

E=V/Iなので公式にlが入るんじゃないかなと思ってしまうと間違えそうな問題でした。電験三種でもこのような引っ掛けには注意したいです。そうはいっても問題一問解くためにガウスの法則を使う事はないので本番で役に立つのは電験二種からかなと思います。

しかし、ガウスの法則を使えると暗記するよりは楽しく覚えれると思います(*´ω`)
平板では電界の強さは距離に関係ないのが発見ですね!
空間が広がるところでは電界や磁界は弱くなるという事です。
スクリーンショット (426)






今回、この記事で良く分からなくても問題ないと思います。自分も何回も読んだり調べて理解するのできっかけになればなと思います。
スクリーンショット (427)


【まとめ】
いかがでしたでしょうか?
本当に受かりたい方だけ参考にして頂ければいいと思います(*´ω`)
関連記事にはYouTubeに上げた電験の勉強法の動画などまとめた記事のリンクを載せていますので良かったらご覧ください。最短、独学で合格した方法を書きました。





【関連記事】
【電験三種 独学 最短勉強法】

icon_054340_256

こんにちは。さんとうきんです(*´ω`)
さんとうきんは電験二種と電験三種を取得し転職を2回経験しています。
この記事では電験で転職しようとしている人や他業界から電験を使った仕事へ転職したいと考えている人向けです。


【電験とは?】
自宅など電圧が低い施設は誰も雇わなくても、100Vのコンセントが利用できますが、高圧と呼ばれる6600Vやそれ以上の電圧を利用するには電気主任技術者と呼ばれる、電験を取得した人を雇うかメンテナンスする会社にいる電験取得者に代理をお願いすることが法律で定められています。

コンビニなどもコンセントは100Vですが、6600Vでから100Vまで電圧を下げて利用していたりするためあまり気付かないかもしれません。

【電験の種類】
電圧の大きさで5万V未満までが電験三種、17万V未満までが電験二種、いくらでもOKなのが電験一種です。電圧で分類されているのには理由があり、電圧は水で表すと水圧です。水圧が大きいとパワーがあるように、低い電圧と同じ感覚で扱うと事故や火災に繋がるので明確に区分分けされています。

【転職はできる?】
仕事には困らないと思います。とても転職はしやすい資格ですが、あとは給料がいくらなのかというところが問題になってきます。。。

【給料は?】
電験三種での給料はかなり会社によります。。。
本当にこれで人が集まるの?という会社やもう三種だけで良いじゃんと思える会社など振れ幅は大きめです。大手のメーカーだと大体同じで400万から700万というところが多いと思われます。(※諸説あり)

【三種と二種で給料は変わるの?】
ここも気になるところだと思うのですが、さんとうきんは結構変わると思ってます。もちろん自分から給料の低い会社に応募したりしない限りです。。。
風力発電所などは小規模なので労働環境も待遇もイマイチな感じのようです。

最近は電力会社でも中途採用があるので入社しやすいです。しかし、部門によっては思ったよりもキツし給料も上がり始めるのは30代後半から40代なので若者は不満が貯まりやすいと思います。。。

宿直などでは拘束時間も多いので、労働管理がきっちりされていたメーカーから来ると不満が多いと思いますので、電力会社を選ばなくてもいいのかなと思います。

【電験業界はオススメできますか?】
どこの業界も10年先となると不安定になってきていますが、この業界は10年は安泰かなと思います。というのもこれからは小規模の発電所が増えてや老朽化した建物の改修には時間がかかるからです。しかし、それ以上先になると自動化されていくので今と同じ制度が維持されるかは疑問です。関連記事に以前書いたものをリンクしたのでどうぞm(__)m

【関連記事】
【電験三種勉強法】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!

icon_044960_256


こんにちは、さんとうきんです。

初めに、さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。合格率は3%程度でした。二次試験は自己採点ですが電力管理が7割、自動制御は10割でした。こんなさんとうきんが実際に行っていたやり方を公開しました。これで二種までは取得することが出来ました(*´ω`)

この記事では、電験二種で落ちる理由を分析してみます。自分とどこの部分が違うのかを考えて、実際に使った書籍、勉強範囲などをnoteで販売しました。まず、勉強範囲については他の人より3割ほど削れてると思います。まずはここで大きく差が出来たと思いますし、与えられたものをすべてこなすとかなり時間が無駄になると思います。あとは書籍のせいにしすぎかなとも思います。確かに分かりにくい解答もありますが今の時代はインターネットがあるので不明な部分は自分で解決できます。

落ちる原因の一番の理由は勉強時間が足りない事です。本質から目をそらしても何も変わらないし勉強時間が少なければ何冊本を購入しても受かるとは思えません。勉強時間が足りているかどうかは計画を立てるしかありません。自分が実際に建てた勉強計画の考え方もnoteへ収録しました。

また5年で取得などを考えている方もいますが3年以内です。3年でダメだったら伸ばすのは良いですが最初から5年だと甘えが出ますm(__)m

以下へ動画やnote等をまとめました。

ブログ、YouTubeで公開しているもの、noteで販売しているものがあります。
※noteでの販売は会員登録なしで購入可能です。
※すべて勉強法や勉強範囲の記事、noteになります。

【電験三種 独学 最短 勉強法】理論、機械のみnoteでの販売になります

  <理論>

   【noteでの販売】

  <電力と法規>

   【ブログ】  【YouTube】

  <機械>

   【noteでの販売】

  <第1話 勉強法と計画>

   【ブログ】  【YouTube】

  <第2話 勉強時間 勉強範囲>

   【ブログ】  【YouTube】



【電験二種 勉強法】※①計画以外note販売

  ①勉強時間 計画【YouTube】

  <②電力・管理 勉強方法>

  <③機械・制御 勉強方法>



【さいごに】


今後は、もう少し苦手そうなテーマや得点源になりそうなところをYouTubeで公開したいと思いますので、良ければYouTubeのチャンネル登録お願いいたしますm(__)m

YouTubeチャンネル登録はこちらから



↑このページのトップヘ