外資リーマンーさんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。【株式投資を始めました】 株について書いていますが投資助言はしていません。あくまでも自分のポートフォリオ的に買いたいタイミングで購入しています。投資判断はご自分でお願いします。

タグ:30代

こんにちは。さんとうきんです!
最近、Twitterの人々に転職ブームが到来しているようです(*´ω`)
中には1000万円を突破した人も。。。
さんとうきんは一生、労働年収で1000万円は到達しない気がします。。。
この資格の上限は800万程度なので1000万円はかなり稀みたいですね(*´ω`)

配当で稼ぎたいと思います(`・ω・´)

年収が700万円になったわけですが自分の考え方に少し変化があったのでそれについて書きたいと思います。

「労働者と投資家では雲泥の差がある」的なことを書き記した書物、「金持ち父さん」では労働者でお金持ちになることは出来ないとありました。。。

たぶん正しい。。。
給料が安い頃は大きな希望を夢見ていたわけですがなってみたところ金持ちではないと思ってます
700万円あっても月に余るのは20万円程度なので10年以上かけないと資産を作ることはできません。。。

これは1000万円でもおそらく似たような感じで月に余るのは30万円くらいだと思われます。もちろん年収300万円台の時に比べれば余裕がありますが1年サボれば消えてなくなるし、結局働き続けているんです

数字は増えているけど行動に変化があるほどではないといった感じですね

残念ながらサラリーマンとしてここから年収が2倍、3倍になる能力は持ち合わせていませんので投資で稼ぐのが良いと思ってます。

来年は資産1000万円サラリーマンになりたいと思います(`・ω・´)ゞ

【YouTubeチャンネル】
YouTubeチャンネルではイデコの運用実績を公開しましたので良かったらご覧ください!
2019年iDeCo運用実績

先日、日経新聞に45歳以上の社員に日本の有名メーカーが早期退職やジョブローテーション勧告を行うという衝撃的ニュースがありました。定年が45歳になったようなものですね。

今回は退職金に割り増し給付があるようですが退職金は基本的に在籍年数に応じて2次関数のように増加していく場合が多いので次の職場でそれなりのポジションへつけないと、60歳定年の場合ほとんど退職金が支払われないケースが多いです。これでは割り増し給付を入れても生涯賃金が減少してしまい、転職を阻害していたので企業に影響されない退職金のための制度として確定拠出年金(イデコ)が登場してきました。。。

大企業の20代が気を付けなければならないのは、若いうちは年功序列で賃金が抑えられているのに、回収直前で40歳でリストラにされる事です。これなら若いうちからもっと高い賃金をもらわなければトータルで考えても損するわけですね(*´ω`)

もちろんいきなり転職するわけにもいきません。まずは退職金の準備をしましょう!最近話題のイデコを簡単に紹介します。

 イデコのメリットは2つあって1つめは運用利益に税金がかかりません。2つめは毎年、拠出金額の3割くらいが年末に返ってきます。(給料が低いと2割くらいかも)大体投資できるファンドは決められていて株式運用であれば年率4%程度であれば見込めるということになります。
2.3万4% 30年

2.3万 4% 10年

1枚目が30年イデコで毎月2万3千円拠出した場合(20代を想定)で2枚目が10年イデコで毎月2万3千円拠出した場合(50歳を想定)

こちらを見比べてもらうと分かりますが20代であれば投資期間が30年(60歳まで)ですので10年しか掛けれない50歳の方とは雲泥の差になります。イデコは私たち20代のための制度といっても過言ではありません。※どちらも確定申告での返金を考えていないので利回りはさらに良くなります。

なんといっても他社に転職しても個人でかけているので退職金のように減少することがありません。転職する人は利用すべき制度になります。

<2話の主張>
確定拠出年金に入れ


関連記事
第1話【20代で年収700万円になる方法】
第2話【転職するには退職金を投資で作る】
第3話【若くても高収入になれます】
第4話【インフルエンサーは他人事!】
第5話【転職は自分も周りも変える】
第6話【収入をすべて生活費✖】
第7話【20代と50代で価値は違う】
第8話【投資の失敗】
第9話【転職の失敗】
第10話【20代で年収700万 必要なこと】


icon_060110_256


この記事では第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したら転職できるか経験談から考えてみます(*´ω`) 自分は電力会社へ勤め現在は3社目で電験三種、電験二種を取得済みです。


このシリーズは全部で3話構成にしました。内容は
【①電験三種で転職可能?】
【②給料、待遇】
【③将来性】
の3点について書きました。今回は【②電験三種の給料と待遇は?】について書きたいと思います。

【結論から】
年収で300~500万
残業多いと700万もありうる感じ

【会社による】
これにつきます、、、
あと年齢にも影響されますね。年功序列な会社が多いので20代の人だと入社しやすいけど賃金がかなり低く抑えられてます。

よく目にする、N〇〇ファシリティーズは全国にあるから誰しもが求人を見かけたことがあるはずですが、募集賃金が低すぎて話にならないなーって感じです。大企業=ホワイトというのはこの業界には当てはまらない気がします。常に求人を出している企業は内部がズタズタの可能性があります。

【独立は楽?】
ここらへんはやりようによるといった感じです。収益的には1000万も夢ではないですが、経費を引くとそんなに会社員と変わらないかなという話でした。会社員だと人づきあいが嫌いという事で独立しても、夜の電気事故当番を順番に回したり年次を協力したりするには付き合いが不可欠なので、結局時間がとられてメリットが少ない気がします(諸説あり)

【電験二種ならどれくらい?】
400~1000万ですかね。最近は風力発電所が乱立して200万円台の求人を見たとき引きました 笑
容量が小さいから人件費にお金をかけれないんでしょうかね。努力に見合わない。。。

資格一つでこの給料が保障されているのは魅力的ですね。しかし、これくらいないと受ける価値ないですね。それくらい勉強時間が必要です(*´ω`)
noteで電験二種勉強法について販売してますので気になる方は見てみてください。内容は現在、無料で公開している、電験三種勉強法みたいな感じでどうやれば最短で受かるか?ということにスポットを当ててます。

【オススメはどこの業界?】
恐らくですけど常駐の太陽光がコスパは良いと思います。機械的な動きのない発電所は良いと思います。発電機とかタービンとかある、火力とか風力、バイオマスは定期的に整備したり事故やトラブルも多いので激務になりやすいです。太陽光も建設中だと忙しいようですが・・(諸説あり)

あとは化学がホワイトと言われているようですが、ここ最近は特に給料が高めらしいです。。。
電力会社も給料が高めなイメージなのかもしれませんが、30代になるまではかなり抑えられてるので入社される方は期待しないほうが良いですね(*´ω`)

【さいごに】
いかがでしたでしょうか(*´ω`)
次回は電験三種の将来性についてです!

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m






【関連記事】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!
【②電験三種の給料、待遇】
【③電験三種の将来性】

icon_035850_256

この記事では第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したら転職できるか経験談から考えてみます(*´ω`) 自分は電力会社へ勤め現在は3社目で電験三種、電験二種を取得済みです。


このシリーズは全部で3話構成にしました。内容は
【①電験三種で転職可能?】
【②給料、待遇】
【③将来性】
の3点について書きました。今回は【①電験三種で転職可能?】について書きたいと思います。

【結論から】
今の電気主任技術者制度が続く限り若ければ若いほど電験三種を取得して転職は可能だと思われます

【しかし、問題が・・】
電験三種=キレイな仕事をイメージしていると痛い目にあいます 笑
もちろんキレイな会社もあるのですが、施設管理や現場仕事をあまり評価していない会社があり、そういう会社の場合は「何でも屋」と化します。。。
なので、理想と現実に失望して他の業界が美しく見えるのも事実です。

自分がいた大学の教授に言われたことは「メーカーだと研究職がトップで昇進するから大学院行きな?」が謳い文句でした。。。

もう少し具体的に書くと、某有名製鉄企業、有名半導体企業では電気主任技術者であっても担当業務の主任技術者業務が一つ増えるだけで、基本的には設備すべてが範囲であったりするので基本的には激務だと思われます。。。
残業時間も30~40時間、会社によってはサービス残業も含めると60時間程度を覚悟していた方が良いです(諸説あり)

【電験三種は転職には使えない資格?】
先ほどの内容を見る限り「電験三種=オススメしない」ような印象を持つかもしれませんが資格一つである程度の生活が保障されている資格は、なかなかないので自分は取得してよかったと思います(*´ω`)

何よりも求人の数は安定していて、選べるのでリサーチすれば問題ないかと思われます。大企業=ホワイトという事は決してありませんのでご注意を。


【実務経験は不要?】
たぶんここが心配な方が多いと思うのですが、20代ならば資格だけ取得して、前職が全く関係なくて未経験でも採用される可能性があると思います。それ以上になると運です。転職は選び放題ですね。

電験二種は特高未経験でもほぼあると思われます。たぶん何歳でも大丈夫です(*´ω`)
実際に自分の周りでも高圧しか知らなくて、未経験で選任の主任技術者になった50代の方がいました。しかし、前職が電気系でないとさすがにキツイかもしれません。。。
20代と30代は未経験でもいけます!20代前半で採用され、選任された人もいますがこれはレア案件だと思います。

【さいごに】
いかがでしたでしょうか(*´ω`)
次回はみんな大好き年収の話になります!

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m







【関連記事】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!
【②電験三種の給料、待遇】
【③電験三種の将来性】

第1話~第10話のどれが大切か聞かれるのですが全部読んでほしいです。
今までの主張をまとめます

・第1話の主張 自分の希望する給料に満たない会社は転職
・第2話の主張 確定拠出年金に入れ
・第3話の主張 高収入求人を見つけろ
・第4話の主張 大卒になれ
・第5話の主張 いらないものは切り捨てろ
・第6話の主張 収入をすべて生活費に使うな
・第7話の主張 年功序列にメリットなし
・第8話の主張 投資は借金せずルールを作れ
・第9話の主張 求人探しはWEBで

各回の冒頭でも書いているように生涯収入=労働収入+投資収入が一番ベースにある考えです。生涯収入を上げるにはどうしたらいいか。残念ながら自分のような資産のないサラリーマンは労働収入から投資するしかありません。そのためには若いうちから高収入の仕事に就くことが必要になります。

このシリーズでは主に労働収入を上げることをメインに書きました。これから転職するなら退職金のための投資が必要になるので、転職活動より前から投資しましょう。全体のロジックは
iDeCoで退職金準備⇒転職⇒労働収入700万円⇒さらに投資
これで転職を繰り返して退職金がなくても終身雇用と同等の待遇を得られます。投資するというのが全10話で最後の自分の主張になります。

注意として第4話の学歴ですが、20代後半や30代で大卒じゃない方はここは読み飛ばしてください。今から大学に入学するのはコスパ悪いししっかり投資できていれば生涯収入は変わらないはずです。第1話~第9話すべて実行するのが理想ですが現実的でないものは手を加えてオリジナルの物にしてください。1つ、2つ実行していなくても生涯収入は上がると思います。しかし8話分オリジナルでは失敗すると思います。

最後になりますが、大企業でも45歳でリストラされます。リストラを乗り越えたと思ったら退職金が減額されたり会社を信じるのはやめたほうが良いですね。自分で考えて行動するしかありません。

<第10話の主張>
投資をしよう


関連記事
第1話【20代で年収700万円になる方法】
第2話【転職するには退職金を投資で作る】
第3話【若くても高収入になれます】
第4話【インフルエンサーは他人事!】
第5話【転職は自分も周りも変える】
第6話【収入をすべて生活費✖】
第7話【20代と50代で価値は違う】
第8話【投資の失敗】
第9話【転職の失敗】
第10話【20代で年収700万 必要なこと】

↑このページのトップヘ