電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1000人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:CHSB

こんにちは。さんとうきんです!
この記事ではCHSBについて書いていきたいと思いますが投資を進めるものではありません。仮想通貨は1/100になる場合もありかなりのハイリスク商品です。金融庁も国内の取引所を利用することを推奨しています。投資の判断はご自分でお願いします。

スクリーンショット (2099)


緑が価格ですが、最安値で0.7ドル付近です。そして最近17円ほどまで高騰して20倍を超える爆上げとなりました。ICOでは7円とか8円程度らしいのでICOを超える値上がりとなり、2018年付近で上場した仮想通貨銘柄の中ではかなり珍しい銘柄となります。

あの時期に上場し始めたものは軒並み1/10から酷いものだと上場廃止となっているものもあり非常に危険な時期でした。自分が保有するものでも上場廃止となったものがありますが、今回のCHSBのようなものがあると損を取り返すことが出来ます(笑)

しかし、今回の値上がりはイマイチ理由が良く分かりません。特別新しいニュースや提携などは出ていませんし運営による買い上げもあるにはあるようですが、仮想通貨業界はずっと値下がりしてきたので運営もかなり厳しい状況ではないかと思います。途中で日本担当のケンヤガミという人がいたのですが辞職してしまいこのプロジェクトもあまりうまくいっていない印象を持っていました。そういった中で値上がりしてきたのは何かリークしているのかと思い探しましたが分かりませんでした(;^ω^)

出来高も急増しており新規買いがないとここまでの値上がりはないと思います。今の時期まで運営されていてきちんとプロジェクトが進んでいるのは珍しい方だと思うのでそこらへんは評価したいのですが20倍になる理由がよくわかりません。

唯一、価格に変化を与えそうなものとしてはプロテクトバーンと呼ばれるものです。これはCHSBがブル相場の時には供給を減らしながらトークンの買戻しをすると発表がありました。原資としては手数料の20%をリザーブしてベアマーケットに備えるというものです。これは結局ベアマーケットが続けば資金も底をつくと思うのですが、収入となる手数料がどの程度なのかでも把握できればもう少し詳細について調べれると思いますが今回はこの程度にしておきたいと思います。

Amazonなども20年前に買えた人がいなかったようにプロジェクトの初動をとらえるのは困難ですが出来高から今後注目しておいていい銘柄であることは間違いないかと思います。何か続編があればお伝えしますので良かったらYouTubeでチャンネル登録者お願いします。

YouTubeではその他にも仮想通貨に関して動画をアップロードしているので良かったらご覧ください。
→ビットコインの新興国の出来高について

こんにちは。さんとうきんです!
2018年に購入したCHSBについて書いていきたいと思います。投資の判断はご自分でお願いします。

最安値が1CHSBあたり1円だったのですがグングン値上がりして16円で少し売却することが出来ました(笑)

自分の仮想通貨に対しての考え方はこちらで公開しているのでどうぞご覧ください。
YouTubeはこちらから

正直、このコインがなぜ値上がりしているのか分からないのでこれから調べていこうと思っていますが、価格とプロジェクトの良さは無関係といっても良いと思います。しかし、ビットコインが調整している中で最安値から10倍、2018年の価格を大きく超えるコインが出てきたのはビットコインの値上がりが期待できるかなと思います。

ICOでの価格が8円?とからしいので久しぶりにICO越えの数少ないコインとなりました。いったい誰が勝っているのかよく分かりませんが、今の時期に買うのはよっぽど確信があるんだと思います。自分の平均取得単価は4円くらいなので4倍になりました(*´ω`)

まだまだ値上がりを期待しているので10%程売却してもう少し待ちたいと思います。仮想通貨の倍率はとても魅力的ですが確定申告の準備も同時にする必要があります。Excelを使えばそんなに難しくないですが取得単価はきっちり証明できるようにしておかないと損します。分からない場合は、5%は認められているので20倍以上になるとこっちのほうがお得なんですね(笑)

仮想通貨は塩漬けの人が多いと思いますが上がり始めると一気にプラテンするので面白いですね。まだまだガチホで行きたいと思います。

一度仮想通貨に流れたお金は仮想通貨に滞留するはずなので全体としても喜ばしい事かなと思います。
ビットコインの買い方についてはブログタイトルの下あたりにあるとおもいますので参考にどうぞ。

↑このページのトップヘ