電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:XRP

こんにちは。さんとうきんです!
今回は米国を代表する金融機関のフィデリテイがビットコインを入れたファンドを立ち上げるニュースを紹介していきたいと思います。

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

原文はこちらから

以下翻訳をのせています

デジタルファンドのフィデリティプレジデント兼ディレクターであるピータージュバー氏は本日、米国証券取引委員会(SEC)に書類を提出し、ビットコイン専用の新しいファンドについて規制当局に通知した。


これまで知られていなかったワイズオリジンビットコインインデックスファンドI、LPは今年設立され、投資する巨人が8.3兆ドルの顧客ファンドを管理している同じボストン本社から運営されています。初期のドキュメントでは、ファンドに関する詳細はほとんど提供されておらず、現在投資家が参加していないことが示されています。プールされた投資ファンドに参加するための最低投資額は100,000ドルであることはわかっています。これは、おそらく機関投資家および認定投資家のみを対象としています。

ただし、Fidelityが最終的に新しく公開されたファンドをどのように使用するかについての考えを示すために、同社は最近、米国およびヨーロッパからの800の機関投資家に対する調査結果を発表しました。回答者の36%がすでにデジタル資産に投資していることがわかりました。 60%は、デジタル資産がポートフォリオに位置づけられていると述べています。


これはフィデリティの最新の開発であり、ビットコインを投資可能な資産として採用することの深刻さを示しています。 2017年にビットコインの最初の制度的支持者になった1年後、FidelityのCEOであるアビゲイルジョンソンが資産を採掘していると公に述べたとき、同社はFidelity Digital Assetsの立ち上げによりその関心を正式に表明しました。

翌年、2019年、ニューヨーク金融サービス局のPNCは、FidelityにいわゆるBitLicenseを付与し、さまざまな暗号化ビジネスを実行できるようにしました。



文書によると、Wise Origin FundsとFidelity Digital Asset、Smithfield、Rhode Islandに本拠を置くFidelity Brokerage Services LLCの関係は不明確なままですが、ファンドの管理人となります。 Wise Originの留守番電話での声は、組織をWise Origin Fundsとして識別します。その名前の商標申請は、フィデリティの知的財産担当副社長であるトーマスバリーによって提出され、現在、米国特許商標庁によって審査中です。

1月に$ 560,000の別のWise Originファンドが提出されましたが、ビットコインへの言及はありませんでした。

世界中の専門家からの最新の洞察で、Forbesの最高の機能を受信トレイに届けましょう。
TwitterまたはLinkedInで私に従ってください。安全なヒントを送ってください。

マイケルデルカスティーヨ
私は、ブロックチェーンと暗号通貨がどのように企業やより広いビジネスコミュニティに採用されているかについて報告します。私のカバレッジには、暗号通貨などの使用が含まれます

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

こんにちは。さんとうきんです!
著名な投資家であるウォーレンバフェットはビットコインを購入するというニュースが飛び込んできたのでお知らせします
ソースはこちら

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ


以前から、仮想通貨に反対していた人ですがここにきてコロッと意見を変えてくるあたりさすがです(笑)
バブル崩壊の特徴としてチューリップバブルと比較されるんですがチューリップバブルでは二度と価格が高値を更新せずLLの安値更新を続けていきました。

ビットコインは安値更新せずに耐えていて、以前の高値を超えています。ここからもチューリップバブルとは全く異なるのではないかと思います(;^ω^)

ウォーレンバフェットが参入となればETF並みのインパクト間違いなしですね。。。
彼をミラトレをしている個人投資家や機関投資家も考えを大きく変えるきっかけになります。

もちろんビットコインだけかというとそんなことはないと思います。彼のファンドでも分散をきかせていますしリップル、イーサリアムも仮想通貨業界ではかなり盤石な地位を作ってきているのでビットコインほどでないにしても少なからず分散させてくると思います。

特にリップルは米国発祥の分散のきいた通貨です。ここから10年でさらに分散されるはずですがこの点からもビットコインより公平でエコなコインではないかと思います


YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

こんにちは。さんとうきんです!
YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ


明日はいよいよSBIの決算発表会です。北尾社長は仮想通貨へ早くから参入している事もあり決算説明会では業界の動向についてコメントすることも多くかなり参考になっておりました。

1年ほど前から「機関投資家は仮想通貨へ参入したくてうずうずしている」というコメントがあり、最近の機関投資家や企業の動向を見ているとその通りになっています。

リップルを猛烈に押していて伝統的な投資家たちは冷ややかな目で見ているようですが一応プラットフォームとして形になってきています。

特にSBIの投資先のR3社では金融分野ではかなり利用されることが多くニュースで目にすることが増えてきました。利益を出すにはまだ早くて数年かかるかもしれませんがテスラも純利益を出し始めたのは最近ですしとりあえず売り上げが伸びるか注目していきたいです。

資金的にも数年で上場するんじゃないかと思いますがそのときSBIの保有株も大きく価値が付くので面白いことになりそうです。

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

こんにちは。さんとうきんです!
投資は自己責任です。このブログでは自分が今どう考えているかを整理するサイトなのでこれを元にして投資するようなことはないようにお願い致します。

最近、長年耐え続けてきた猛者でもリップルを損切りする人をちらほら見かけます(笑)
価格が上がらないと持ち続けるのは不安になるのでしょうね。確かに数千万円もリップルに投資するのは危険すぎますね。。。

仮想通貨は金額でリスク管理しないと損切りする羽目になります。自分は投資計画?を決めているので損切はしないですね(;^ω^)
自分の仮想通貨に対する戦略はYouTubeで公開しているので良かったらご覧ください。
→YouTubeで仮想通貨の投資戦略について見る

価格が上がるかについては上がると思うから買っています(;^ω^)
ここからはリップルがなぜ上がるのかを書いていきます。

まず一つ目は変動です。今の時価総額でも送金にかかる時間が短いので十分改善がみられるらしいですが、さらに変動を抑えるには時価総額を大きくする必要があります。いくらまで上がるかは分からないですね。

しかし、今の値段だと送金するには価格変動が大きすぎると思います。変動リスクを抑えるには送金金額に対してある程度の時価総額が必要です。株も新興株の変動がでかいのは時価総額が小さいからですね

二つ目は実需が付いて使われている物には資産価値が付いてきます。流動性の高い資産となれば金よりも都合は良いはずです。金も装飾品で利用されていますが最近は中央銀行が保有量を増やしています。金だけでなく銀やプラチナも似たような感じです。リップルとどこが違うのか分かりません(;^ω^)

こんな感じで自分は持ち続けます。もちろん一生上がらなくても日常生活には一切支障のない範囲でなので持ち続けれます(*´ω`)

一発逆転を狙うと良いことはなさそうです。

自分の仮想通貨に対する戦略はYouTubeで公開しているので良かったらご覧ください。
→YouTubeで仮想通貨の投資戦略について見る

こんにちは。さんとうきんです!
ビットコインの時価総額が20兆円です。もう少しでトヨタです(;^ω^)

世界中で買ってもこれくらいだったので、前回はバブルといっても一時的でした。でも次のバブルは桁違いで、長そうです(笑)

仮想通貨の時価総額が数千兆までいく場合、世界中のバブルになるはずです。さすがに株式トレーダーも見過ごせずに参入するわけですが、ポートフォリオ全額仮想通貨にすると人生が崩壊します(;^ω^)

時価総額が大きいという事は被害者数も大きくなるので要注意という事です。。。
数千兆の資金を吸収し続けるには1年では無理だと思います。今までよりもゆっくり、着実に大きくなっていくターンが来ると思います。5年は上げ下げを繰り返して上がっていくと思います。

5年後には株式トレーダーがポートフォリオにビットコインを入れいてる人が増えそうです。ポートフォリオを強くするには異なる動きをするものを入れるといいとあり、ビットコインは株や債券とは異なる動きをするとどこかで見た気がします。たしか機関投資家へ仮想通貨サービスを提供しているフィデリティだった気がしますが、今資料がないので確信が持てません(;^ω^)

まだビットコイン持ってないの?
YouTubeでも仮想通貨を取り上げているので良かったらご覧ください。
→YouTubeを見る

↑このページのトップヘ