個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

こんにちはさんとうきんです。今回は格差拡大、年収400万円と年収500万円では資産で9倍の格差があるについてやっていきたいと思います。年収400万円と年収500万円だと1.25倍の差ですが、20年後の資産では411万円と3699万円で9倍の格差になることを解説していきます。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


主に3つ順を追って解説します。一つ目生活費、二つ目年収400万円と500万円の手取り、最後に手取りから生活費を引いた貯金で解説していきます。

・生活費
まず生活費ですが、年収400万円の家計簿というサイトありましたので、生活費を参考にしました。夫婦+子供一人で毎月24万円の出費のようです。内訳は家賃:8万 食費、日用品5万 光熱費1.5万 子供1万、旦那4万、保険:2.5万 奨学金1万 通信費1万 その他でざっくり毎月24万円は必要みたいです。

0155我が家では生活費が30万円とお伝えしていますが、自動車のローン代が多いだけで生活水準が同じくらいでした。また、旅行代金や入学金の積み立て、家の修復積み立てなどの費用がない分、少し我が家の方が多いみたいです。

0224生活費としてはこれ以上は削れないと思っていましたが、食費と日用品入れて5万円みたいなので自炊でかなり工夫されているんだと思います。うちのママも家計簿は付けてるみたいですがどんぶり勘定なので、住み初めのころは足りなくなることも多かったです。


・手取り
続いて手取りですが、今回想定している手取りは年収400万円だと25万円、年収500万円だと33万円になります。

日本人の平均が年収400万円なので多くの方が毎月25万円以内で生活していると思われます。そうなると25万円で生活できる物価水準になってくるので日本の物価が安いのも、年収が上がらないのもお互いに関係していそうです。

通常は経済成長していれば給料が上がり25万円だったのが26万円になったりして生活費が増えていきますが、成長していないので増えていくきっかけがない状態です。

・貯金
最後に貯金ですが、手取りから生活費を引いて貯金額を出していきます。年収400万円だと1万円で年間12万円、年収500万円だと9万円で年間108万円になります。給料だと1.25倍の差ですが手残り、毎月の貯金額では9倍の差になってしまいます。

前回は独身でシミュレーションしましたが、今回は家族持ちで、家族持ちの方が生活費が大きいので格差が大きくなりがちというのが分かってきました。

さらにこれをインデックス投資に回すとどうなるでしょうか。インデックス投資では利回り5%で20年後をシミュレーションしました。

0520まずは年収400万円の方。411万円の資産ができていますが、前回シミュレーションした年収400万円の独身だと2055万円の資産でしたが家族持ちだと厳しい結果になりました。411万円の資産も毎月1万円を必ず貯金した結果なので、突発的な支出があると全く資産形成できません。

収入が低いと子供をあきらめるというのはある程度あるのではないかと思わざる負えない結果になっております。

0623続いて年収500万円はこちら。なんと3699万円です・・。今までいろいろな年収で格差を確認してきましたが、家族持ちで年収400万円と年収500万円では最も格差を感じやすい年収なのかもしれません。

実際は年収500万円でも高校、大学などとなると生活費が24万円で済むはずもないので実際はもっと資産は少ないと思われます。

0701しかし、子供が大学までいくと1000万円は必要なのでギリギリ通わせることができるラインというのがここのゾーンではないかと思います。年収400万円になるとあきらめるか、二種奨学金をパンパンに借りる必要があるので、卒業後も高級車以上のローンを背負うことになります。


まとめ
今回の内容をまとめると年収400万円と500万円では1.25倍の差だが資産は20年後に9倍になること、無利子奨学金で大学に行けるギリギリの年収が年収500万円というのが分かっていただけたと思います。

共働きで少しでも世帯年収を上げることで9倍の差を縮めることができると思いますので、夫婦がどうやって協力していくのか我が家でも考えていきたいと思います。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちはさんとうきんです。今回は電験二種今年の問題とやばいについてやっていきたいと思います。自分は電験二種の二次試験で電力管理7割、機械制御10割で合格しております

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


11月13日に電験二種の二次試験がありました。インバーターは相変わらず難しいですが、それ以外は独学最短勉強法で言ってるように、テキストの小問題+過去問で十分対応可能でした。人によっては電験三種が80%程度理解できてると8割近い点数をたたき出した方もいる気がします。そんな電験二種を見て怖くなってきたので共有したいと思います。

主な内容としては電力管理で問1,2、4、6、機械制御で問1と2を中心に振り返り、まとめで感想を話します。


・電力管理
まずは電力管理で問一ですが、非常にシンプルな水力発電の問題で30分あれば十分解ききれる計算量でした。電験二種というより電験三種の知識でも満点が狙えるかもしれないです。電験三種というより水をためてそれを使い切るので中学生や高校生でも解きやすい基礎問題が出題されました。なんとなく解けそうだけど、電験二種の過去問ではないかもしれません。

続いて問2、酸化亜鉛型避雷器の記述問題ですが、最近の傾向として小問題で小分けにされていて回答しやすいです。酸化亜鉛型避雷器は電験三種でも出るので幅広い人が選びやすい問題だと思います。満点は難しいですが、最低でも半分から7割はとれそうです。記述問題としてはかなり簡単な部類かなと思います

続いて問4ですが、CBとLBS、GRとDGRの違いが出題されました。あまり対策していない部分かもしれませんが実務では必須の知識なので、自分なりに言葉にしていけば重要語句はある程度網羅されそうです。こちらも記述問題としてはかなり簡単な部類に入りそうです

最後に問6ですが最大電力や負荷率など、電験三種の法規でおなじみの問題です。ここまで4問紹介しましたが、電力管理がここ10年で一番簡単でした。例年電力管理が難しいですがこの感じだと合格者が1.5倍などになるかもしれないなと危機感を感じています


次に機械制御ですが、問1が同機器の基礎問題で定格電流、短絡比、リアクタンス、電圧変動率でした。こちらも電験三種の知識でいけるかもしれないです。

次に問2が誘導電動機の基礎問題でした。等価回路を描いて電流出していけば万点狙えますし、計算量も30分で十分解ききれたと思います。


まとめ
いかがでしたでしょうか。電験二種は電力管理で6門から4問、機械制御は4問から2問選ぶのですが、今回紹介した4問と2問は8割以上取りたい問題ばかりで電験三種が8割以上の人も合格できたと思います。

この問題を見たときにすぐ感じたのが、確実に経済産業省の人材不足を解消したい意向が試験に反映されており、合格者が増えていき、実務を覚えて転職のライバルが激増していきそうな予感がしました。

この電験二種の感じだとおそらく電験三種も近いうちにかなり内容が簡単になり過去問の使いまわしの試験になるんじゃないのかなと思っています。今回合格した人も、まずは3月にある電験三種の試験を注目してみるとよさそうです。

また、今までは電験はどこか誇りというか合格者にとって人生をかけてる人もいたわけですが、今後はそんなことをしてはいけないです。当然ですが、簡単な年に取得しても同じ電験二種なので同列に扱われるわけです。

これだけをよりどころに生きていくのは辞めて、一人の労働者として立ち回りを考えないといけない時代に入りつつあると感じました。

まずは電験二種の合格者数が過去10年の合格者の何倍になるか、来年、再来年が何倍になるかでこの予想が当たるかどうかわかってくると思うので確認してみてください

そしてこれからの受験者はかなり有利なので、今の労働環境が悪すぎる方はここに人生のすべてをかけて合格することで幸福度は上がるかもしれません。


詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちはさんとうきんです。今回は電験三種 勉強しても手ごたえがない理由についてやっていきたいと思います。自分は電験二種の二次試験で電力管理7割、機械制御10割で合格しております



・自然の状態でどう解いていくのか
自然の状態でどう解いていくのか、ですが、難しい問題にぶち当たると、どう扱えばいいか分からないときがあります。無意識に過去にやった近い方法が、引っ張り出されて個人個人で解き方の癖のようなものが出てきます。
なので、この癖も解いてあげないと何度やっても同じところで間違うことになります。

●ここから具体的な話をします。電界の問題で、コンデンサの並行平板間の電界の強さと点電荷から離れたところの電界の強さでは公式が全く違います。

コンデンサではE=V/d=q/εS、点電荷ではE=q/4πεr2 ですがこの違いがどこからくるのか、即答できるとここら辺は完璧に近いと思います。

●どちらもガウスの法則が元になるので、左辺の面積が違うだけなのですがテキストではめちゃくちゃ長い解説でよくわからないかもしれません。なので一言で暗記しておくといいです。

話を戻すと、ガウスの法則を使えるようになるには、高校ではやらないので面積といわれても分からず、問題ごとにパターンを暗記することになります。もちろんそれもやり方の一つなのですが、きっちり多くのパターンを暗記していないとミスが多くなり間違いやすいやり方になります。動画詳細欄にガウスの法則について動画あるので良かったらご覧ください。

このパターン暗記で乗り越える場合に気を付けたいのが自然の状態でどう解いていくのかです。テキストの解説を読んでから単元問題を解くと自然に分野ごとにまとまっており電界の公式が混ざって出てきませんが、本番では混ぜて出題されます。いきなり出題されると自然の状態、自分の癖っていうのがそのまま出てきます。

●間違った後にその癖を解いて新しいパターンを上書きしないといけないのですが、上書きする方法として、前の癖を否定しないとパターンが増えるだけで勉強になりません。

必ず自分の変な癖を否定してから新しい解き方を上書きします。そうすると次回から間違いにくくなります。

まとめ
いかがでしたでしょうか。勉強が公式暗記のみになっていると手ごたえがなく、膨大な量のパターンを正確に暗記するので、ミスが多くなりますし難しいです。ガウスの法則は高校ではやらないので、使いこなすのが難しく大卒でも公式をパターン暗記している場合がありますが、こんなに便利なものはないので、習得してみてください。



↑このページのトップヘ