電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

こんにちは。さんとうきんです!
今回はサントリーが定年45歳というニュースが出ているので取り上げていきたいと思います

とうとうきたかという感じがしますがこれに反発していてもしょうがない気もしています・・
サントリーだけでなくドンドン他社でもこういう動きが目立ってくると思います。日経新聞でも不景気でないのに希望退職者募集のニュースが多いです。

自分が考えているのは40歳でFIREというのは必須になってくるなという事です。FIREとは株の配当や値上がり益だけで生活することです。でも必ず100%株で稼がなければないということはありません。備えておいて働きたければバイトでもパートでも良いと思います。そういう仕事であれば10年後20年後でもあると思うので

今の本業1本の時代は少しずつ変わってきています。僕が考えているこれからの生き方、年功序列で減った賃金の補填の方法はこれに尽きると考えています。貧富の差もここに詰まっていますね(;^ω^)

年収700万円は500万円より15倍裕福


一番怖いのは年功序列だと思いきや自分が40歳、50歳で下駄を外されることです。僕たちの代はそれがあり得そうです。半導体企業でもありました。いきなりリストラされると同業他社に行っても7掛け程度の給料です(;^ω^)

電験も一部の人を除いて金を稼ぐために取得するので10年などかけてしまうとこれからはオススメ出来ない気もします。1年で取っても実務経験を5年積むとなるとやり方を工夫して保険賭けないと怖いですね

損な人でもインデックス投資は裏切らない。インデックス投資があなたを救います!

こんにちは。さんとうきんです!

仮想通貨を撤退して短期トレードに徹していましたがここから9月の調整で長期ポジションを仕込んでいきたいと思います。結局今月は30万勝ち→30万負け→30万勝ちでした。月給と比べてもなかなかな金額ですがイマイチ儲かった気がしません

YouTubeで仮想通貨に関して動画を上げています!良かったらご覧ください。


本題に戻ります

なぜこのタイミングで買うかというとテーパーリングで9月は不安定なんじゃないかと言われていますが金融緩和には変わりないので安値切り上げ、高値切り上げのHH,LHが継続すると思うからです

それによって過去最大の仮想通貨バブルがくるのではないかと考えています・・
クソコインほどよく上がる相場なので何を買っても上がるでしょうが逃げ場を逃すと大変危険です(笑)

BTCは年末1300万~1500万を想定します。来年は3000万円。まだ年末になってみないとここらへんは分かりません

YouTubeで仮想通貨に関して動画を上げています!良かったらご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は久しぶりに電験二種について書いていきたいと思います。

電験二種の勉強法シリーズはこちらになります
【電験二種 勉強法】

  ①勉強時間 計画【YouTube】

  ②電力・管理 勉強方法【note】

  ③機械・制御 勉強方法【note】


電験二種二次試験がメインとはいえ一次試験が迫っています(;^ω^)
まずはここで合格しなければならないので気は抜けません・・

そういいつつ30分程度でも良いので二次試験も少しは勉強しておきたいところです。特に去年二次試験受けた人はラストチャンスだと思います。一次試験をスルー出来ると受かりやすくなるのは間違いと思うので決めてしまいたいところですね。

ただし去年の電験二種二次試験は簡単でした・・。過去問がきっちり出ていたので60点は取りたいところです。今年はそういう意味でも難化するかもしれないので準備しておきたいですね

難化しても合格点が下がるし受験者全員書けなくなると思うので粘り強さが重要かなと思います。自分も試験終了ギリギリまで書き続けました(笑)

意味不明なときでも部分点狙いでキッチリ書きましょう
ヤバい・・と思う事は試験中にあります。自動制御で計算ミスしているのに気づかずに見直しをしていて小問1つ?2つ目で気付きました・・

絶望です本当に。でもやり直して機械制御は満点でした!見直しの時間を作って絶対取る問題は早めに見直ししても良いかもしれません

見直ししても直す時間が足りないと意味ないので
ここらへんの立ち周りも練習しておくとスムーズです

受かって良かった・・

【電験二種 勉強法】

  ①勉強時間 計画【YouTube】

  ②電力・管理 勉強方法【note】

  ③機械・制御 勉強方法【note】

↑このページのトップヘ