電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

カテゴリ: 電験二種

こんにちは。さんとうきんです!
電験三種や電験二種にはガウスの法則が出てくるのですが、解き方までは分かっていてもイマイチ意味までは考えていないかもしれません(;^ω^)
今回はガウスの法則を理解するには積分を理解する必要があるので積分の動画を作成しました
→【電験二種ー電験三種】区分求積法で考える積分

積分を授業でやると解き方をたくさん練習したり、対数や三角関数の積分のパターンを習得するわけですが積分の本質は区分求積法だけ理解していれば電験を受けるにあたって感覚は十分備わると思います(*´ω`)

区分求積法を知らずに積分を解いているとガウスの法則やアンペールの法則も良く分からないままになるのでここの単元はよく理解しておくと良いと思います。

電験の数学シリーズは3本の動画を作っているのでご覧ください。

【YouTube】
区分求積法で考える積分
ガウスの法則
一次関数と二次関数

こんにちは。さんとうきんです!
電験二種の試験まで半年を切ってきました。電験二種ではガウスの法則を積分の形で理解する必要があると思いますのでYouTubeで解説してみましたので良かったらご覧ください。

→【電験二種】ガウスの法則の解説を見てみる

この動画では電験三種の理論の過去問から、コンデンサの内部電界を求める問題を選び、そこにガウスの法則を使ってみました。ガウスの法則というと真ん中に電荷があって表面積の電界を求めるのをイメージすると思いますが、そういう縛りはなく電界と電荷の関係を表したものです(*´ω`)

また、電界というのは距離に関係ないのが注目ポイントです。いつもの球の真ん中に電荷がある場合だと距離が遠ければ遠いほど電界は弱かったですがここでは距離が関係なくなります。これでわかるのは空間が広がっていると電気力線の密度が小さくなるので電界が弱くなるという事が理解しやすくなると思います。

4月末には積分について区分求積法を使って解説もするので、独学で電験二種の勉強をしている方はぜひチャンネル登録お願いします。

→【電験三種】ガウスの法則の解説を見てみる

こんにちは。さんとうきんです!
自分は電験二種を電力管理が7割、機械制御が10割で取得しています(*´ω`)
電験二種は5%くらいの合格率ですが、ある程度やり方を工夫うすると誰でも取得するチャンスはあると考えています。

自分のやり方はテキストを買っても全ページを満遍なくはやりません。参考書を作る人たちも、網羅していないと苦情や売れ行きが良く無かったりするのでめったに出ない奇問まで開設されている場合があります。

各単元に重みを付けてやるところ、やらないところを決めることが必要です。電験三種でもそのようにやると良いと思いますが、範囲や難易度的にもそこまで工夫うしなくても合格する人もいるので、イマイチこのやり方が効果があるのか実感できていないかもしれません。

実際に自分がどこの単元を省略して、どこを勉強したのかはnoteで紹介しているので良かったらご覧ください。

→【電験二種】勉強範囲を見る

こんにちは。さんとうきんです!
景気が悪くなりそうで転職を考えていた方は厳しい時期が訪れそうです(;^ω^)

働きながら内定をもらって退職なら良いですが、なんとかなるだろうという気持ちで退職すると危険ですね。稀にいるので驚きます(笑)

ところでビルメンで給料明細を上げていた人がいたんですが総支給が37くらいで引かれているのが4万くらいですくなすぎなきがしました(笑)
電力会社だと健康保険が労使折半でなかったりするんですがビルメンも大手だとそういう制度があるんですかね。

じぶんは10万以上引かれているので羨ましい限りです。健康保険は労使折半ですが協会けんぽよりは安いのですが電力会社ほどではないですね。色々裏技があり、工夫できている企業とそうでない企業だと手取りで1割は違います。

プラス社宅も入れると2割以上は同じ額面でも変わってきそうです。。。


【さんとうきんのYouTube】
電験や投資に関して動画を作っています
→チャンネル登録はこちらから

こんにちは。さんとうきんです!
最近株が忙しいので電験や外資企業について全く書いていませんでした(笑)

外資企業の良いところは書いているので今日は悪いところを書いていきたいと思います。

日本企業だと資格を小馬鹿にする輩もいるようですが、残念ながら外資企業ではそんなのは通用しません(笑)

ライセンスがないのに仕事が出来ると言い張っても無駄です。役職で必ず差を付けられます。

これだけ聞くと筋が通っていて良さそうですが、こういうのは自分にしっかりと跳ね返ってきます。これが意味するのは資格を持てないと年齢を重ねても給料は上がりません。一ミリも。自分がいる会社も定期昇給は0円で昇格するとガッツリと上がる弱肉強食システムです。

さらに、最近話題の同一賃金、同一労働についてです。

このイメージって同じことをしていれば同じ給料と思われがちですがたぶんこれは間違いです。資格がないと同じ仕事をしていると見なされないからですね。外資企業に来てイメージが変わったのはこの差が思ってた以上に大きい。

もちろん同じ資格や役職だと年齢で給料は変わらないです(前職が考慮される場合だと差がある)

なので人によっては差別されていると感じるかもしれませんし、日本企業は年齢と共に大きくなる小高い丘がポコポコあってお山の大将になると待遇も良くて気持ちよく仕事が出来るのかも。


【さんとうきんのYouTube】
電験や投資に関して動画を作っています
→チャンネル登録はこちらから

↑このページのトップヘ