個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

カテゴリ: 電験二種

こんにちはさんとうきんです!
今回は電験二種と電験三種を比較してみました。

電験二種は難しいわりに価値が低いといわれますが本当にそうなのか検証していきたいと思います。
詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。



結論から言うと電験二種と電験三種では20年後に4倍の差が資産でついていそうです。今回想定しているのは電験三種年収500万円、電験二種年収600万円。これを20年続けると資産額が雲泥の差になります。

格差拡大が話題になりがちですが電験でも大きな差になってきそうです。もちろん電験三種でも大企業だと600万円は簡単に超えていくと思います。

そこらへんは読み替えて読んでいただければと思います。


こんにちはさんとうきんです!
今回は退職金についてやっていきたいと思います

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


残念ながらまた増税です。
退職金にかかる税金が増税されそうです。

退職金は控除が大きかったりするので実際は2500万円きても所得税と復興税で2%程度です・・
安すぎw

ここが勤続年数が長いと控除額が増えていきます。控除額は800+70(X-20)でXは勤続年数。
20年未満は別の式です

これが定額になるんじゃないか説が出ています。控除が500なのか1000万なのか。
まぁ自分は外資で退職金は出ないので、とっとともらえるものは早めにもらって個人口座で運用したい派です(笑)

日本政府。信じれないんですよねー
続報を待ちたいですね~

電気主任技術者も退職金出る企業多そうなのできっちり確認しておきたいところですね
官僚は信じれません



こんにちは!さんとうきんです
今回は太陽光について書いていきます

5年前までは太陽光は消極的でした
しかし、価格が下がりかなり安くなりました。4.5kWで80万円切ります(笑)
前は300万とかでしたよね~

FIT買取価格ばかり見られているんですが材料費に比例するんですよね。買取から自家消費にメリットが出てきました。あくまでもFITは10年かけて工事費がペイするシステムです。多分前からそんな感じ

FIT終了後機器、パネルの故障があると出費が大きいです。でも今は安い
無料で10年以降電気を作ってくれるシステムを作れるならお得ですよね

パネル廃棄とか言われていますがそんなにかからないです(笑)
足場組むなら10~20万いきますがそもそも外さない(;^ω^)

だって性能が下がっても、最悪4kW付けても半分出れば十分なんですよね
自家消費で2kWあれば賄えます
費用はFITで回収してるわけですしね

前の動画で耐震について話したんですが古い家は辞めたほうが良いみたいです。今の家は取付前提の設計なので問題なしです

太陽光義務化で反対意見がたくさん出ていますがインフレで付けることになりそうです

まだまだ書きたいことがあるのですが長くなるので次回

こんにちは。さんとうきんです!
今回はロボットについて考えていきたいと思います

以前に電験は投資不適格という動画を作りました
根底にあるのは完全無人キュービクルを作ろうと思ったら出来るんじゃないかと思ったからです

QB内部をサーモで監視し絶縁抵抗を常時監視、接地抵抗も測定できて煙センサーも付ければ今の制度の電気事故率と同じようなクオリティーを出せるのではないかと思うんです

もちろん5年に1回清掃は必要ですが今の毎年とか絶縁監視で3年に1回の頻度までいらないんじゃないかなと

iPhoneにカメラ搭載できるくらいなのでサーモ高いですけど大量生産されればめちゃくちゃ下がると思うんですよね。半導体だろうし

こうなってくると自分たちは法律があるからなんとか生きていけるわけです(;^ω^)
制度変更には5~10年はかかると思うので今すぐ失業するとかではないですが当然備えなければならないです。制度を変えられて文句を言うのは自分が備えれなかったからです

こう考えていくと人に電験は勧められないなと
今から5年かけて二種取るなんて自分の子供がしてたら断固反対です

でも電験だけじゃないですね
ほとんどの業界で似たようなことになっていて考えていくとなんでこんな仕組みになってるんだろうという事ばかりです

つまり簡単に転職出来て電験より良い業界というのもない。
10年後。年収200万円生活に備えていきます

こんにちは!さんとうきんです
今回は久しぶりに電験の転職について書いていきたいと思います

転職や電験について相談できるメンバーシップを開設しました!


【規制緩和】
ご存知だとは思いますが、電気主任技術者は業務独占から少しずつ緩和方向に動いています。

また、電験も2回実施され合格者は増えるのではないかと思います!

ここから単純に考えて電験と無資格者の差が無くなってきているというのがトレンドです。どうしても、頑張っていることなので電気主任技術者価値が上がるとか、給料が上がるとか言う人がいるんですが、トレンドとしては価値が落ちてると言う事実をきっちり理解しておきたいところです

正しく対策すれば価値が落ちても稼げますし延命することができますが、精神論では限界があるので事実はしっかりと受け止めたいところです

【新規参入者は厳しい時代になる】
これからの規制緩和で誰に一番厳しいか考えてみましょう。厳しいというのは今と比較して賃金、休日、求人数など求職者からみた質が悪化することです

免状保有者が増加して独占業務が減り外部委託が増えます。もちろん、工場での仕事はありますが有資格者でなくても良いのです

自分が社長ならどうしますか?
自分なら景気が良いうちは今までの雇用は維持しながら新規採用を減らします(;^ω^)
または採用数は変えなくても資格者でない分賃金を下げます。

そうなると新規参入者(これから資格と実務経験を取ろうとしている人)が一番厳しい状況だと自分は思っています

明日続きを書きます

転職や電験について相談できるメンバーシップを開設しました!

↑このページのトップヘ