電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:テレグラム

icon_030920_256


1年以上前になりますが、ホリエモン万博でテレグラムがICOを行ったことにホリエモンも注目しているようです。テレグラムとはロシアの非営利団体で運営されていて、株式会社とは異なるようです。暗号化されたlineのようなイメージです。ロシアの企業とはいってもロシア連邦保安局からは通信記録のアクセス権引き渡しの要求を拒否したため裁判所よりサービス停止を言い渡されています。。。2018年4月

こんなテレグラムが1年音沙汰ありませんでしたが、最近グラムコインを発行しました。テレグラムオープンネットワーク(TON)で利用されるようですが、リブラの反応を見る限り一筋縄ではいきそうにありません。

ソースはこちら
3分あたりからイーサリアムやテレグラムについて。


「テレグラムは次のフェイスブック」とも言っていて匿名性がキーワードになっているのは仮想通貨にも当てはまるかもしれません。

ロシア、中国、イランでは使用禁止のようですが国外に行けば使えるしあまり禁止にしていても意味ないんじゃないかなと思うんですがどうでしょう(*´ω`)

こんなテレグラムのICOを行ったLIQUIDは今後も注目です!

【関連記事】
バイナンスから見るQASHトークン

【BNB】取引所トークンの王 BNB
バイナンスコインについて前回のQASHの行方を追うには注目ですと書きました。※関連記事参照
この記事ではバイナンスコインとQASHトークンを比べてみます(*´ω`)

BNBは2017年に2700円に到達した後、440円ほどまで下落しています。20%未満という感じ。急落したとはいえ、ビットコインと同じくらいのところで止まったのは期待値が高いからでしょうか・・

そしてその後に4400円まで最高値を更新して上昇しました。。。
取引所トークンの王といえる存在に(*´ω`)

そして米国進出。でも日本にも似たようなことをしているコインがあったような。
QASH(*´ω`)

スクリーンショット (254)


【QASH】日本の取引所トークンの王
QASHは2017年11月くらいにICOで発行されたコインで、発行されてすぐに300円近くまで高騰しました。チャートは髭が消えてなくて見にくいので最安値のものを載せてます。

最安値では、その後に10円を切りました。。。
3%・・。今の実力がこんなものということでしょうか。。。
人気はあまりないので仕方がないですね。

しかし、関連記事にもあるようにやっていることはBNBとかなり似ている気がします。日本人がICO参加できなかったりと規制のせいで雲泥の差がついています(*´ω`)

すべては米国進出で片付くと思います。米国で許可が出れば日本人もICO参加可能になるかどうか!

スクリーンショット (256)


【衝撃的事実 テレグラムQASHへ投資していた】
これは今まで明らかにされていなかったと思われますがQASHのICOへテレグラムアジアが参加していた模様です。QASHは2017年の11月ごろにICOで発行されたトークンですが個人投資家以外にもこうして参加していた事実はあまり明らかにされてきませんでした。

7月にはLIQUIDでテレグラム発行のコイン、グラムコインの独占ICOを行う模様です。数日後にはグラムコインについて記事を書きますので良かったら見てください!

スクリーンショット (255)


【関連記事】
【QASH】ICO実施企業が米国進出できるのか?

icon_049340_256

この記事では仮想通貨のポートフォリオについて書きたいと思います(*´ω`)

【ゲームチェンジャーが現れる】
ホリエモンの著書のこれからを稼ごうの中に、仮想通貨でそのうちゲームチェンジャーが現れるはず。とありました(*´ω`)企業価値やコインの価値が1000倍以上になるものがここから現れてくることを予言しているかのようでした!仮想通貨の本の中でも比較的読みやすい本なのでオススメです!


【上位通貨は必須】
上位通貨は仮想通貨の中でも信頼性や人気がある証なのでポートフォリオには含めています!時価総額の大きなコインは板も厚いので値段の変動は株よりは激しいですがきちんと売却できて損切も可能です。しかし、時価総額の小さすぎるコインはそもそも暴落時には買い板がないので損切も出来ません。また、仕手グループが特定のコインをパンプさせるときがあり、初心者はこれについていこうとして高値つかみさせられて、全資産を一瞬で失う事例もありました。。。

1万円程度であればいいのですが草コインを買うときは要注意です!

【草コインは100か0】
草コインは消える可能性がありますが、2017年のときは100倍~1000倍程度まで上昇していました。自分は流動性もないので少量、ここに期待して保有しているのですが0になってもいい金額に抑えています。この点を考慮して仮想通貨ポートフォリオを考えています!関連記事へ、さんとうきんの保有銘柄を公開していますので良かったらご覧ください( *´艸`)

【企業トークンは潜在的価値が高い可能性】
FACEBOOKが仮想通貨を発行を準備しているらしく、コンソーシアムにビザやウーバが参加している模様です。使い道は今のところ不明ですが、プラットフォーム内の独自サービス決済や割引に利用される感じだと思われます。確かな根拠はないけれど、なんとなくある程度の利用者が付いてくると思ってます!

大企業であればあるほど、潜在的な利用者が多く知名度の向上やサービスも大きなものかなと(*´ω`)保有していると何かメリットがあるかもという期待から購入する人も増えて価格が上昇しやすくなると思います(*´ω`)

【日本発企業トークンなるか?】
最近日本の株式会社QUOINEがユニコーン企業(評価額10億ドル)と評価されたという記事があり、既存の上場企業だけが仮想通貨市場を支配するわけではなく静かに成長しているようです(*´ω`)

また、柏森社長は大手と決済サービスを準備中と言っておりました。その後、詳細についてアナウンスがありませんが先ほどのFACEBOOKと同じ理論でサービスが始まれば普及は案外早いかもしれません。こうなればQASHトークンの価格にも影響があるはず。。。

実際に、テレグラムのグラムコインがLIQUIDのプラットフォーム上で発行される事が明らかになるとQASHは30%ほど高騰しました。7月に行われるのでそれまでは上がりやすい状況が続くと思われます(*´ω`)

こんな感じでポジティブニュースはダイレクトに価格に影響があるので続報を待ちたいと思います!
QASHついては後日記事にします。

【関連記事】
ビットコインは持っている?さんとうきんの保有銘柄

↑このページのトップヘ