電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:デジタル人民元

こんにちは。さんとうきんです!
2024年に新通貨が発行されるわけですが、何事もなく今まで通りの新通貨発行とはならないのではと思います(;^ω^)

YouTubeでも毎月資産報告しているので良かったらご覧ください。→YouTubeチャンネルを見る

理由は新興国ですらデジタル通貨が議論されていて、2024年は準備期間も数年ありタイミングとしては最高だからです。新紙幣発行+デジタル通貨なのかデジタル通貨のみなのか分かりませんが数年で発行されると思います

こうなった場合に預金課税やデノミを心配する人がいますが、恐らく前回の預金封鎖や他国の預金封鎖を参考にすると資産が数千万以上ない人は影響ないと思います(笑)

大金持ちにはかなりの税率で取られますが一般人は数%~0だと思います。しかし、預金封鎖は現代に合っておらず政府の仕事も多いので日本政府は他の方法をとると考えています。

それが今までの歳入、歳出、国債発行とは別にして日本電子政府会計とすることです(笑)
年々デジタル通貨でないほうは価値も希釈されて膨大に積みあがった国債発行残高の価値も薄まりますし国債を返さないわけではないので信用も傷つきません・・

はじめは小さなことだけを電子会計処理しているけどある日、一般会計もそちらで処理するようになるということです(;^ω^)

国債の残高が積みあがると金利が上がる日が間違いなくくるのですがよくわからない理論で金利は上がらないと思ってる人が多いですね

実際に日本国債を持つ機関投資家は減ってきており、金利が低すぎて商売にならないみたいです。日銀が買い入れをしているうちは気になりませんが金融緩和が終わると影響が出るはずです。これはゆうちょ銀行などのメガバンクの保有資産の推移を見ても分かります。

10年前の円高を見ているようです。あのときは紫ばあさんが1ドル50円を唱えるなど二度と100円にはならないような雰囲気でした。金利も全く同じで二度と上がらないように見えますが利益にならない国債を買う人が減り始めて下地は整いつつあると思います。


これが悪い事のように言う人がいますがそれも違うと思います(;^ω^)
ハイパーインフレ的なことにはならないからです。必ず返却することが分かればギリシャのように金利は下がります。戦後は賠償金や復興があり大金が必要だったことも考える必要があります

長くなってきたんでここらへんで終わりにします。次回はインフレ時代の資産防衛について書きます!

YouTubeでも毎月資産報告しているので良かったらご覧ください。→YouTubeチャンネルを見る

こんにちは。さんとうきんです!
気になる記事がありましたので紹介します。
フォーブスによると中国がデジタル人民元を発行するのが今年の11月ではないかと言われています。
記事はこちら

9月の日経新聞ではデジタル人民元の発行はまだ先で研究、試験、評価、リスク管理などがまだ必要と総裁が述べていたようです→記事はこちら

【何かが起きそうな11月】
リーマンショックの再来を多くの人が予想していましたが結局10月も終わりかけています。ファンドも空売りを仕掛けてショートポジションを多く持っているようでしばらくは上目線になっていく人が多いはずです(*´ω`)

起きそうで起きないのはいつもの事なのですが、デジタル人民元が発行されればインパクトは大きいはずです。

楽天の球場で現金をなくした話がありました。会計を全部デジタル化したようです。これによって待ち時間が無くなり売り上げが2割?3割上がったというのがあったと思います(うろ覚えですいません)


決済の完全な電子化で似たようなことは起こると思います。ついていける株式会社にはプラスですが脱落する企業もあるかもしれません(*´ω`)

静かに待ちます

【関連記事】
【①金が無価値になる?】コモディティ投資は危険?
【②金が無価値になる?】現実世界からの逃避先はビットコインしかない?
通貨の歴史から考えるビットコイン①

↑このページのトップヘ