個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:個別株

こんにちはさんとうきんです。今回は【個別株☆☆】3851日本一ソフトウェア 2477手間いらずについてをやっていきたいと思います。今回は2つ星銘柄ということであまり二つ星動画出すことはないので個人的に割安になれば購入していきたい銘柄になります。

投資の推奨ではございませんので投資の判断はご自分でお願いします。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

・3851日本一ソフトウェア
まずは3851日本一ソフトウェアですが、まずはチャート確認していきたいと思います。上場後130円を付けてから戻してきています。上場後の傾向として強烈に下落した後復活するパターンが多い気がしますのでIPO後に持ち続けるというのは少し怖く感じるようになりました。

基本情報です。12/22日現在、株価1135円、時価総額58億円、PER7.01倍、PBR0.95倍、ROE24.4%で利益率のわりに割高感はないように感じます。会社が成長して機関投資家がしっかり買えるようになってくると大化けしそうですが今のところ時価総額が小さすぎるかもしれません。

業績です。売上高成長率前年比-34.3%増の23億6700万円、営業利益成長率-66.3%減の4億3400万円で今年に入って業績は落ちてきています。下の業績予想でも減収減益予想でした。こちらの業績予想も下方修正されていて当初の見通しよりも厳しいようです。

業務内容としては、ゲームソフト会社で代表的な作品はこちらになります。ディスガイアが7作まで出ているので人気作だと思いますが、個人的にはFPSが中心なので日本一ソフトウェアでもFPS出してくれると評価しやすいです。

こちらは短信の続きですが、減収減益の要因としては巣籠需要の減少でリピート作の売上が伸び悩んだとのことでした。しかし、爆発的なヒット作がないことが原因ですしあまり自分が好んでするソフトは今のところ出ていません。そんな中でなぜ☆二つかというと、そこまでヒットしていなくても高い営業利益率、安定した成長、他社のゲームソフト会社との比較からポテンシャルを感じたからです。

ゲームソフトの当たりはずれは運要素も大きいと思うので継続的に新作を出していれば爆発する可能性はありますし、爆発する前にこれだけの利益があると倒産リスクも小さそうです。

・2477手間いらず
続いて、2477手間いらずですが、まずはチャート確認していきたいと思います。74から5000円程度までぶちあがり、こちらもIPO後に崩壊して復活しています。IPOのガチホは要注意ということが分かります。

基本情報です。12/22日現在、株価4835円、時価総額311億円、PER37.94倍、PBR6.11倍、ROE16.4%でPBRは割高な気もしますが、機関投資家も入り始めるあたりなので利益が出ていればこの程度のPBR維持する可能性はあるかもしれません。

業績です。売上高成長率前年比8.5%増の4億3300万円、営業利益成長率14.2%増の3億1800万円で売上は頭打ち感がでてきています。しかし、こちらの会社は売上よりも営業利益率を伸ばしてきた企業で、2010年で売上が10億、営業利益が2億なので営業利益率がかなり成長しています。

業務内容としては宿泊施設向け予約管理サービスや比較.comの運営です。予約管理サービスは今後も訪日外国人の増加などで民泊なども伸びてくると思うので底堅く推移しそうです。個人的に注目しているのは比較.comの方で、競合他社がありそうであまりなく価格.comくらいなのでここから大きくシェアを取れると伸びていきそうです。売上が前年同期比20%程度増えているので今後も個々の増加には要注目かもしれません。


詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。



まとめ
いかがでしたでしょうか。ゲームはこれからも伸びていきますし、市場は日本だけでなく世界なので一発当たれば大きいです。今のところ好きなゲーム、ランキングが高そうなソフトがないこともチャンスです。このままヒット作が出ない可能性もあります。しかし、時価総額も小さいのであたりを引ければEPSに着実に反映されてくるのではないかと思います。

手間いらずも宿泊業を中心に大負けはしずらい銘柄なのかなと思いポートフォリオに加えるタイミングを見計らって急落があればチャンスかもしれません。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。失礼します。

こんにちはさんとうきんです。今回は【個別株☆】4052フィーチャ 3962チェンジについてをやっていきたいと思います。今回は1つ星銘柄ということで要注目銘柄になります。

投資の推奨ではございませんので投資の判断はご自分でお願いします。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


・4052 フィーチャ
まずは4052フィーチャですが、まずはチャート確認していきたいと思います。上場後5410円を付けてから下げ続けています。1/10程度になっているので調べる人はいるかもしれませんが、大きくは買いずらい銘柄になっています。

基本情報です。12/16日現在、株価716円、時価総額39億円、PER61.19倍、PBR6.98倍、ROE5.4%でPER、PBRは個人的にはかなり高い気がしていますのでしばらく待ってみたいと思います。

業績です。売上高成長率前年比47.6%増の7700万円、営業利益はマイナス1200万円で赤字幅は縮小していますが、業績予想では8100万円の黒字なので下方修正の可能性もあるかもしれません。

業務内容としては、モビリティ、インフラ、DXがあり主に画像認識が中心でEV、ロボット化の時代にはぴったりなテーマ株になりそうです。受託開発後、量産してライセンス料をもらう構造のようで、まずは受託開発が急増していかないとなかなかライセンス料が増えていくというのも厳しそうです。

こちらはライセンス製品の量産実績です。四半期別だと横ばいといった感じです。今どきの新車にはドライブレコーダーは搭載されていますし、先進運転システムも軽自動車にも広がりつつあるのですが量産実績が増えてきていません。

こちらは受注状況です。先進運転システムが中心となり受注しているようです。Tier1からの受注もありますが新規受注なのでまずは開発という感じかもしれません。開発が完了後に量産して先ほどの量産実績が増加していくので、もう少し新規受注が完了していかないとライセンス料には結びつかないかもしれません。

それ以外にも人流監視やインフラ制御、OCRなども開発が進んでいるようで、ここらへんも量産に入ると一気に行きそうですが来年の計画などを見てからでも遅くはなさそうです。

・3962 チェンジ
続いて、3962チェンジですが、まずはチャート確認していきたいと思います。数百円から6000円程度までぶちあがり、調整中です。調整している割に反発は強めな気がしますので中身もよく確認していきたいと思います。

基本情報です。12/16日現在、株価2472円、時価総額1803億円、PER38.62倍、PBR5.34倍、ROE14%でこちらもPER、PBRは個人的にはかなり高い気がしていますのでしばらく待ってみたいと思います。

業績です。2023年Q2決算出ていましたが決算時期が変更になったためか前年比などはでていません。下の業績予想とは印象が全く異なりますが、おそらく業務内容的に官公庁関係だと年末や年度末に稼ぐタイプな気がするので前半の決算報告はそこまで重要ではないかもしれません。

業務内容は地方自治体や企業のDX支援ということでホームページ確認しましたが、個人的には分かりにくいサイトで業務内容を調べたかったのですがかなり時間がかかってしまいました。デザイナーズマンションのサイトに近いものを感じてしまいましたが、地方自治体からの需要がありかなり業績は拡大しているようです。

ふるさと納税サイトふるさとチョイスも手数料を引き上げても業績が伸びていくので競争力のあるサイト運営ができていると考えてよさそうです。

こちらはチェンジ製品の一例でLOGOというものがあります。左側のチャットは社内情報共有で利用するようで、全国で初めて導入した埼玉県深谷市は、全職員約 1,100 人にアカウントを配布し職員 1 人あたり年間 44時間、全職員が使った場合、年間 5 万時間超、人件費 2 億円相当の削減効果を試算したということです。社内であれば電子メールで済みそうですが、WEB会議システムや、地域内事業者との繋がり、ほかの自治体との交流の機能があるということで、有償版も導入が進んでいます。

右側の「LoGo フォーム」は 2020 年 3 月に提供開始した、行政手続きや申し込み受付などを簡単かつ効率的にデジタル化できる電子申請システムです。住民は24 時間 365 日 PC やスマホでさまざまな行政手続きをすることができます。自治体職員はプログラミングや IT 技術を使わず「ノーコード」で自ら電子申請フォームの作成、自動集計やグラフ化、
データベース化をすることができ、業務効率化や外部委託コストの削減、行政デジタル化のスピード向上につながります。24時間ネットから手続できるのは魅力的なのでぜひとも広がってほしいところではありますし、有償版が伸びているので需要はありそうです。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


まとめ
いかがでしたでしょうか。どちらも割安感は今のところありませんが、潜在的な需要はかなりありそうな気はしています。EV、自動運転になっても画像認識は激増するでしょうし、自治体のデジタル化は国としても推し進めているのでどちらも要チェックしていきたいと思います。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。失礼します。

こんにちはさんとうきんです。今回は【個別株☆】2268サーティワン 3645メディカルネットについてをやっていきたいと思います。今回は一つ星銘柄ということでボチボチウォッチしておきたい銘柄になります。サーティーワンは地味な銘柄ですが業績が伸びてきているようですし、メディカルネットも医療事業者向けサイトとして期待値が大きそうなので取り上げていきます。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


投資の推奨ではございませんので投資の判断はご自分でお願いします。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

・2268サーティワン
まずは2268サーティワンについてですが、まずはチャート確認していきたいと思います。なかなか変わった形をしていて以前は上げ下げが激しい銘柄でしたが最近はほとんど値動きしていません。最安値からだと9倍程度まで上昇しており休憩中です。業務内容としては皆さんがご存じの通りアイスクリームの販売になります。

基本情報です。売り上げは横ばい、営業利益は回復途中です。今期の予想としては16.9億円ということで連続増益、営業利益率は5%程度ということであまり高くないですが、飲食店全般そうなので問題ないと思われます。

12/12日現在 株価4105円時価総額396億PER50.84倍 PBR3.89倍です。決算短信から抜粋すると、店頭でキャンペーンやお勧め商品を動画により発信するデジタルサイネージを改装と合わせて導入を促進し、既に523店舗が導入済みとなりました。また、予約受付も取り入れたモバイルオーダーなど店舗のデジタル化を拡大し、コミュニケーションにおいては、590万人の会員を有する当社独自の会員制アプリ「31Club」やSNSでの告知を強化して来店促進と売上の向上を図りました

ということでデジタル化を進めているようでそれ以外にも気になるのがスマート31施策として、サプライチェーン・マネジメントの最適化で原価率の抑制を図っております。という一文です。今期の営業利益率の改善はここらへんの原価率の見直しが関わっている可能性がありあそうです。

また、米国ハワイ州にある子会社31 Aikalima LLCを連結対象にして、海外事業への
挑戦をより鮮明に打ち出しております。その結果、当第3四半期末販売拠点数は国内海外合わせて1,293ヶ所と前年同期末に比べ62ヶ所増加となりました。
というところからも海外に出店しているようです。国内では少し飽和気味なので積極的に海外に出ることでさらなる成長に期待できるかもしれません。

・3645メディカルネット
続いて、3645メディカルネットですが、まずはチャート確認していきたいと思います。リーマンショック後には上げ下げが激しい銘柄でしたが最近はマイルドになりつつあります。最安値からだと6倍程度まで上昇しており半値戻し中というかんじです。業務内容と売り上げ構成としては医療機関経営支援で不動産や機器、開業支援が約70%、メディアプラットフォーム事業で医療系のホームページ制作、サイト運営などで25%のようです。

基本情報です。ここ最近は連続増収増益でかなり好調です。12/12日現在 株価426円時価総額45億PER9.68倍 PBR2.64倍です。業績好調な割にはPER、PBRともに割高感はなくなってきており仕込み始めている人もいそうです。

しかし、四半期ごとで見ると売り上げは伸びていますが、営業利益が22年2Qから下げ基調なのが少し気になる点です。今後は人材獲得などの投資を積極的に行うようですがどれだけ効果があるか観察する必要がありそうです。一応今までも人材は右肩上がりで増加しているので人件費の増加が営業利益の減益の要因ともいえるかもしれません。

2025年5月期には売上高100億円ということで2023年5月期の45億円の2倍以上を目指しているようです。

まとめ
いかがでしたでしょうか。どちらも小型株でしたがどちらも増収増益を目指しているようでサーティーワンは原価率の見直し、メディカルネットは新規事業やM&Aで企業規模拡大目指しているようなので両社の狙い通りいけば株価に反映されてくるかもしれません。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は不動産銘柄のJALCOHDについてやっていきたいと思います

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


ジャルコは不動産銘柄ですが一般的なマンションや商業ビルではなくパチンコなども含まれている点に注目です。電気店の不動産もやっていますがパチンコ店に不動産を提供する珍しい企業です

また貸金といってパチンコ店などは不況が続き店を改装したりするのに、資金を捻出しづらくなっています。そういう所へお金を貸し付けて利子で儲けているので人件費が小さいです

今年の夏にはパチンコ台のルール変更があり、玉がでてこなくなるのですがこの改装にも資金が必要です。また、一部の機器でリースも始めているようで大手でも台や入金機の入れ替えで、自己資金では一気にできないと見ているようです

資金需要やリース需要が爆増するのでここを取りに行くらしいですがこれが数字として出てくるのが今年の末からだと思うので楽しみに待ちたいと思います。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
FRBから金融緩和を縮小し、150億ドル減額が発表がありました


おかげさまでチャンネル登録者が200人を突破しました!


金融緩和縮小になるとマイナスなイメージがありますが、利上げに比べる下落率が小さいのであまり心配していません(;^ω^)

利上げは10~20%最低半年は下がるかなーと思うので来年の中ごろから年末までは下げ続けるかもしれませんねー

そんな中でもしっかりEPSが成長している銘柄であれば移動平均線にサポートされて押し目になっていきますよね

問題なのは成長すると思いきやヨコヨコ、利益が伸びない企業です・・。そういう銘柄は利上げ前には整理したいなーと思いながらタイムリミットが迫ってきています

ロコンドとかロコンドとかロコンドが(;^ω^)

とりあえずナッティスワンキーをすべて利確してそれなりに利益が出ました。こいつだけで今年は100万円ほど出ている気がします。今日から来週にかけて下がるようなら、ある半導体銘柄を仕込んでいきます。

ナッティスワンキーが暴落するようならまたこいつにするかもしれませんね(笑)
20%くらい下がってくれると良いんだけど・・
少し割高です

おかげさまでチャンネル登録者が200人を突破しました!

↑このページのトップヘ