電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:国債

こんにちは。さんとうきんです!
YouTubeでも同様の内容で動画をアップしているので良かったらご覧ください。
→【LQD 投資適格社債】コロナショックでの価格変化(対円)

LQDはポートフォリオを分散するために債券を入れる人たちが買っているイメージですが、国債よりも利回りが高いので中級車や上級者がオススメしているのをよく見かけます!

そんなLQDですが、コロナショックで本当に低リスクに夏ていたのかを検証しようという内容です。結論から言うとインデックス投資で十分な気がしました(笑)

理由としては変動率がインデックス投資と変わらない事、為替リスクがあり米国投資家よりもリスクオフの場合は損が大きくなりがちなのでインデックス投資のヘッジとして機能していない事です。

確かに、毎年3%以上の配当を貰えるのは良いかもしれませんがそれ以上に価格が減円どうしていました。今回のコロナショックでは40%ほど対円では変動していて、ドルでは30%程度なので少しインデックス投資よりもリスクは小さくなるかもしれませんが日本人である以上円で考えてしましますよね(;^ω^)

そして配当は株式投資でも変動は大きいですが貰えるので債券をわざわざ組み入れる必要があるのかとても疑問に思いました。今は債券バブルともいわれており、金利の上昇局面では債券価格は大きく値下がりしていく恐れもあり今回の検証を踏まえて株式、現金、仮想通貨、金でポートフォリオを組んでいきたいと思います

YouTubeでも同様の内容で動画をアップしているので良かったらご覧ください。
→【LQD 投資適格社債】コロナショックでの価格変化(対円)

こんにちは。さんとうきんです!
半年以上前にビットコインなどの値上がりを予想してポートフォリオにビットコインを入れていない人たちという動画をYouTubeで公開しておりました(*´ω`)
→YouTubeで動画を見る

これで指摘しているように国債や社債の金利が大きく下がっていて年金ファンドでは米国債に投資しているので今後運用難にぶち当たる可能性があります。

株式も大統領選挙によっては増税により企業に恩恵がある時代とも言い切れなくなりつつあります・・
低金利になればなるほど株や国債で運用利益を出すのが難しいのでビットコインや金などのコモディティに資金が入る可能性があります(;^ω^)

金はビットコイン、銀はイーサリアムにチャートパターンも似ていますね。。。
デジタルワールドに仮想通貨は必須で、まだまだこの流れは始まったばかりです。
不安であれば仮想通貨企業に株式投資でも面白いと思います。コインは法的に配当があるわけでもないので少し不安ですからね。

こうして少しずつ、ポートフォリオに入れる気がなかった人も押し出される形でビットコインをポートフォリオに加えざる追えない時代が来ると考えます。長期金利には注目かもしれません。

自分は数年前からビットコインや仮想通貨の可能性に注目していてブログでまとめたり、これからはYouTubeで動画を作っていきたいと思います!

→YouTubeで動画を見る

こんにちは。さんとうきんです!
コロナ手ごわいですね。またデフレに陥りそうなところです(;^ω^)
他国だとデフレでも問題ないのかもしれないですが国債の借り入れが多すぎるとデフレだと厳しい気がします。今日はそれについてベラベラと書いていきます(;^ω^)

デフレというと、モノの値段が下がることですがなんでデフレだと日本はキツイんでしょうか?
物の値段が下がる→売り上げが下がる→給料が下がる→税収も下がる
こんな感じでドンドン税収が下がります。

でも過去に積み上げてきた国債はキッチリ返さなきゃないわけです。現在は100兆円の予算で20兆借り入れるとします。10年後にデフレで50兆の予算になっていました。50兆から20兆返すのでキツイです(;^ω^)

普通は返済しないで借り換えるのでまた20兆借りるんですがそれでも50兆の予算で20兆借り換えたらヤバそうなのは分かるはずです。1991年から積み上げてきた借金がデフレのせいでキッチリ積みあがってきていて慌ててインフレに戻そうとしています。

インフレだと逆で現在は100兆円の予算で20兆借り入れるとします。10年後にインフレで200兆の予算になっていました。ここから20兆借り換えるなら金利は上がるけどデフレの時より安全そうです。

こんな感じで借り入れが大きい日本はデフレではいずれ限界が来るはずです(笑)
実際にイギリスでは日本と同じくらい借金が積みあがったあとにインフレで返済しています。日本だけでなくアメリカや先進国は借金だらけなのでこれからもインフレは続くはずです

インフレだと現金はなるべく持たないほうが良いので自分は全力で投資しています。デフレは終わるはずです(;^ω^)

【さんとうきんのYouTube】
電験や投資に関して動画を作っています
→チャンネル登録はこちらから

こんにちは。さんとうきんです!
ビットコインが下がりそうで下がらないですね。じわじわと上げてる感じが新規買いしにくいです(;^ω^)

今日は借金漬けになった世界で借金を小さくするにはどうするかを妄想で書いていきます(*´ω`)

ビットコインの時価総額は20兆円です。これが100倍になると(なるかならないかは置いといて)2000兆円で、個人や法人で利益が出ると納税する必要があります。日本人はかなりの金額を投資しているので数十兆は税金で入ると思われます(;^ω^)

税金分と個人消費が出るので実際の経済効果は大きそうです。国も個人も損しなそうです。

新しく仮想通貨が出たことによって不動産の時価総額や土地の規模、金の価格、株の時価総額が小さくなるかと言われるとそうは思いません。あぶく銭でガンガン金を使い、デジタル化で企業も儲かり株価に反映されるはずだからです。

全体としても、個人も国も損しない気がします。これをやらない人は世界にいるのか?
と思います。新しい産業が出るとみんな潤いますしね。

今までの仮想通貨はせいぜい数十兆くらいで経済効果が小さかったわけでしたが、今度バブルが来ると数百兆~数千兆単位になると思われます(笑)

みんな得するのにやらないわけがないと思うのですがどうでしょうか???

YouTubeでも仮想通貨について動画を配信しているので良かったらご覧ください!!!
→YouTubeを見てみる

こんにちは。さんとうきんです!
コロナウイルスで株が弱いですね。。。

そして、昨年増税したけど税収が足りないらしいです(笑)
困ったものです。

スクリーンショット (1329)


これは日本の国債発行量と金利と利払いのグラフです。財務省で公開されているので誰でも見れます。
注目したいのはこれだけ国債残高が増えているのに利払いが減り続けていました(;^ω^)

金利が減り続けていたからです。

利払いで他の予算が手配できなくなると本気で国債発行を押さえようとするはずですが、利払いがここ数年は横ばいだったのでイマイチ残高の削減について本気ではないですね。むしろ金利が下がっているなら今みたいに国債発行が増え続けるのは正常なやり方とも思うんですが、、、

去年は金利が0.9%となり低金利なのでこれ以上今までのやり方でやっていっても利払いが大きく減ることはなさそうです。実際に利払いがここにきて頭一つ抜けてきました。18年前の利払いにまで増えてきたので、いよいよ本気で残高を減らすか歳出を増やさないといけなそうです。

こうなってくると金利が上がり始めて、国債残高も減らそうとする圧力も強くなるので自然と調整されると思います(;^ω^)

今までも金利が上がる上がると言われてフェイクでしたが、そろそろ本当に上がり始めそうです。5年以内に住宅ローンを固定で組みたいです。

↑このページのトップヘ