個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:暴落

こんにちはさんとうきんです。今回は気になるニュース、ビットコインの値動きについてやっていきたいと思います。

以前の動画で取引所トークンは証券なのではないかという動画やツイートしていましたが、FTTが証券にあたるとSECは主張しているようで、そこらへんのニュースをお伝えしていきたいと思います。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


・FTTを有価証券と分類
まずはFTTを有価証券に分類ということでSECは、FTTトークンの販売による過去の資金調達が、有価証券該当の条件となる「投資契約」にあたると指摘しています。抜粋すると

SECの主張によると、FTXは2019年に仮想通貨プラットフォームをローンチする前に、3.5億FTTを発行。そして、半分の1.75億FTTを自社用、残りを社外用に分けていた。

社外用のうち約7,300万FTTを、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の前のプレセールで投資家に販売。FTXはこのプレセールで、約13億円(1,000万ドル)の資金を調達していた。プレセールで調達した資金をFTXは分別管理せず、IEOの利益と一緒に管理し、両方の資金を交換できるようにもしていたという。

FTXは調達した資金を開発やマーケティングなど同社の成長に活用。FTTトークンは取引所トークンのため、FTXが成長して需要が高まれば、FTTトークンの需要も高まり、結果として価格が上がる。

SECは今回、ホワイトペーパーなどをもとに、FTTトークンを保有することによって得られるメリットをFTXが宣伝していたという事例を多く挙げた。FTXがFTTトークンを買い戻してバーン(焼却)すれば供給量が減少して価格が上昇したり、またステーキングなどによって金利を得たりできるなどとマーケティングしていたと説明している。

こういった事例を挙げ、FTTトークンの投資家は「他者であるFTXの努力」による利益を期待していたとSECは指摘。FTXの成功によるFTTトークンの価値向上は「共同事業」であるとし、FTTトークンによる資金調達は有価証券の投資契約にあたると主張した。

ということで他社の努力で投資家が利益を期待するものは投資契約ということで以前からハウェイというもので証券化どうか判断する基準というものがあり、今回もそれを踏襲した形です。

これが基準になるとほとんどのものは投資契約になりそうですし、取引所トークンは問答無用でアウトな気がしてしまいます。

ETHもPOSになり定期的に配当のようなものが大口に入るので利益を期待しているといわれるとなんとも言えなそうですし、SEC長官がPOSは証券と言ったり、非常にグレーな感じです。BTCは購入するだけなら配当のようなものはないので完全にコモディティと認識されていますので配当のようなものがあるコインは今のところ危険そうです。

しかし、徐々に証券の基準が明確になり以前から言われているハウェイがあるので大きく規制強化がなければ出尽くしで反発が期待できるかもしれません。

・ビットコインの値動き
続いてこちらはビットコインUSD月足チャートで75月移動平均、RSI、MACD表示しています。

月足が確定しましたが、75月移動平均を割れてきています。RSI的には過去最低レベルですし、MACDは縮小傾向なので底打ち思想ではありますが、そろそろ反発がないと非常に買いづらいかもしれません。

1月20日公開予定のS&P500の予想動画でも2600を予想していて大きく下落すると考えています。当然BTCもつれ下げしますがここから反発して高いところから落ちれば底が割れても1万ドルとかまではいかないのではないかと思っていますがこのままだと低いところから急落していくので少し怖いです。

当然ここからポジションを持つには現物ですし、現物ならロスカットないので黙って嵐が去るのを待つことができます。

いずれにせよ2023年は買い場が到来しそうです。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


まとめ
いかがでしたでしょうか。まずはイーサリアムが証券なのか証券じゃないのかで底を掘りに行くか、反発するかが来るかなと思いますし、証券認定された後は数か月の横ばいを経て復活する気もするのでそろそろ取れるリスクの範囲で買い向かう頃合いなのかなと個人的には考えております。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。失礼します。

こんにちはさんとうきんです。今回は円高円安についてやっていきたいと思います。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


インターネットの登場で価格差が無くなってきていることは皆さんも体感していると思いますが、これは国にも当てはまりそうです。GDPや一人当たりGDPが国によって大きく変わっていますが、本来であれば人口の数に比例してGDPというのは決まってくるはずです。株価がPBR100倍になることもありますがどこかで必ず修正されていくように、GDPも今は移行期で少しずつ人口に応じて変化していく時代になり為替もそれに応じて変化しそうです。

結論から言うとここから数年で100円程度を付けた後、円安に振れていくと考えています。今回の話は数十年単位の話になります。

投資の推奨ではないので投資の判断はご自分でお願いします。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

今回の内容は、1.日本のGDPは大きすぎる、2.中期的には円高が来る、3.国が衰退すると円安になるの3つでやっていきたいと思います。

・日本のGDPは大きすぎる
日本のGDP大きすぎる気がします。2019年時点で世界のGDPは85.9兆ドルで日本は5.2兆ドルでした。2019年の世界人口は77.15億人で日本人は1.26億人で1.63%です。ここから算出されるGDPはなんと1.4兆ドルです。

インターネットが発達してすべての国で同じものが作れるようになると仮定すると日本だけに注文が集中すると裁けないので価格を上げます。その注文は他国に注文が行き日本の注文は減ります。こういった仕組みが完全に構築されると日本のGDPは1.4兆ドルということになります。

実際は国ごとに作れるものも、人も技術も違うので今は不均一にGDPがなっていますが、インターネットの登場で大きく変わりつつあります。

テクノロジーのトレンドとしてはどの国でも最先端分野のもの以外は作れるようになってきています。日本では科学技術予算が激減しているので自分たちの方から1.4兆ドルに向かっています。

アメリカや中国は最先端の研究をしているので今後もこの理論は通用しないかもしれません。しかし、最先端分野の研究が減っている国ではなぜか分からないけどGDPが伸びない、人口が減っているから仕方がない、そんな話がずっと繰り返されていますが、最先端分野の予算は増額されません。

・中期的には円高がくる
まずは中期的には円高が来るということで、阿部さんがいなくなり円安勢力が弱まることもあって一気に円高に振れてくると考えています。財務官僚、大臣などは通貨安に敏感でこの数年で起きた30%ほどの円安をよく思っていないのではないかと思います。

CPIも3.7%ということで2%から大きく外れていますし、日銀は変動幅を0.25から0.5%に変更したことからも通貨高に政策変更中かなと思います。黒田さんも来年で任期が終わり一相場の終わりが見えてきた気がします。円安で儲けた人、会社があるように円高で儲かる人もいます。そうした順番からしても一旦円高が到来しそうです。

問題はどの辺で落ち着くかですが自分としてはコロナショックの100円程度が底なのではないかと考えています。1$50円説もあるようですが、今回は押し目であって円高トレンドは終わり長期的には円安になるので今回の1$150円もぶちぬけていくはずです。


・国が衰退すると円安になる?
続いて国が衰退すると円安になるということで、こんなニュースが日経から出ていました。日本については、2075年に国内総生産(GDP)で12位まで後退し、事実上、経済大国から脱落する将来像も予想され始めた

ということで日本の成長率が今後大きく回復することはなく他国にどんどん抜かされていくようで、この辺のニュースはよくみるので慣れてきたかもしれません。しかし、順位が下がるだけならいいですが、為替にも大きく影響があるのではないかと思います。

GDPが伸び悩んでくると将来に期待できない国に投資されるわけもなく、国民はより成長する海外資産を持ちたがり円安になっていきます。

日本はこのまま円高になるという人もいますが、衰退する国で円高になるパターンというのが今までにない気がします。金貨や紙幣を使っていた古代文明も国が衰退すると必ず通貨安になっています。前回の1$70円台の強烈な円高は日本の人口がピークを迎えた2000年からの勢い余って円高のピークを付けましたが、今後はそこから円安トレンドが続いていくことになります。

●その傾向はここからも見えていて、日本人は現金比率が高いといわれていますが、少しずつ外国株に資金が流入してきています。NISA拡大もあるのでこの傾向は今後10年以上続くのではないかと思います。

また、今回の為替介入でドル円の板が薄くなってきている気がします。円高で為替介入した2010年付近では1円動かすのに4兆円でしたが今回は1円動かすのに1兆円くらいでした。国際的にみても円で取引する人は減りドル円の板が薄く同じ金額を入れても為替が変動しやすくなってきています。

外国株への流出の影響を受けやすくなると思うのでここら辺からも資産を円で持つことを円高が来るここから5年程度で入れ替える必要があると考えています。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。



まとめ
いかがでしたでしょうか。このトレンドに反抗してもしょうがないので大きく科学技術予算が増えるか人口が増加し始める、または横ばいにならない限り日本円資産は減らしていきます。

自分の今のポートフォリオは日本と外国株半々ですがこれをここから5年で95%対5%にしていく予定です。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。失礼します


こんにちはさんとうきんです。今回は【個別株☆】2268サーティワン 3645メディカルネットについてをやっていきたいと思います。今回は一つ星銘柄ということでボチボチウォッチしておきたい銘柄になります。サーティーワンは地味な銘柄ですが業績が伸びてきているようですし、メディカルネットも医療事業者向けサイトとして期待値が大きそうなので取り上げていきます。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


投資の推奨ではございませんので投資の判断はご自分でお願いします。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

・2268サーティワン
まずは2268サーティワンについてですが、まずはチャート確認していきたいと思います。なかなか変わった形をしていて以前は上げ下げが激しい銘柄でしたが最近はほとんど値動きしていません。最安値からだと9倍程度まで上昇しており休憩中です。業務内容としては皆さんがご存じの通りアイスクリームの販売になります。

基本情報です。売り上げは横ばい、営業利益は回復途中です。今期の予想としては16.9億円ということで連続増益、営業利益率は5%程度ということであまり高くないですが、飲食店全般そうなので問題ないと思われます。

12/12日現在 株価4105円時価総額396億PER50.84倍 PBR3.89倍です。決算短信から抜粋すると、店頭でキャンペーンやお勧め商品を動画により発信するデジタルサイネージを改装と合わせて導入を促進し、既に523店舗が導入済みとなりました。また、予約受付も取り入れたモバイルオーダーなど店舗のデジタル化を拡大し、コミュニケーションにおいては、590万人の会員を有する当社独自の会員制アプリ「31Club」やSNSでの告知を強化して来店促進と売上の向上を図りました

ということでデジタル化を進めているようでそれ以外にも気になるのがスマート31施策として、サプライチェーン・マネジメントの最適化で原価率の抑制を図っております。という一文です。今期の営業利益率の改善はここらへんの原価率の見直しが関わっている可能性がありあそうです。

また、米国ハワイ州にある子会社31 Aikalima LLCを連結対象にして、海外事業への
挑戦をより鮮明に打ち出しております。その結果、当第3四半期末販売拠点数は国内海外合わせて1,293ヶ所と前年同期末に比べ62ヶ所増加となりました。
というところからも海外に出店しているようです。国内では少し飽和気味なので積極的に海外に出ることでさらなる成長に期待できるかもしれません。

・3645メディカルネット
続いて、3645メディカルネットですが、まずはチャート確認していきたいと思います。リーマンショック後には上げ下げが激しい銘柄でしたが最近はマイルドになりつつあります。最安値からだと6倍程度まで上昇しており半値戻し中というかんじです。業務内容と売り上げ構成としては医療機関経営支援で不動産や機器、開業支援が約70%、メディアプラットフォーム事業で医療系のホームページ制作、サイト運営などで25%のようです。

基本情報です。ここ最近は連続増収増益でかなり好調です。12/12日現在 株価426円時価総額45億PER9.68倍 PBR2.64倍です。業績好調な割にはPER、PBRともに割高感はなくなってきており仕込み始めている人もいそうです。

しかし、四半期ごとで見ると売り上げは伸びていますが、営業利益が22年2Qから下げ基調なのが少し気になる点です。今後は人材獲得などの投資を積極的に行うようですがどれだけ効果があるか観察する必要がありそうです。一応今までも人材は右肩上がりで増加しているので人件費の増加が営業利益の減益の要因ともいえるかもしれません。

2025年5月期には売上高100億円ということで2023年5月期の45億円の2倍以上を目指しているようです。

まとめ
いかがでしたでしょうか。どちらも小型株でしたがどちらも増収増益を目指しているようでサーティーワンは原価率の見直し、メディカルネットは新規事業やM&Aで企業規模拡大目指しているようなので両社の狙い通りいけば株価に反映されてくるかもしれません。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちはさんとうきんです。今回は通貨安とドル安、失業率が急上昇してからバブルが始まる、ビットコインの値動きについてをやっていきたいと思います。

今回の動画の結論としては2030年にかけて強烈なバブルが起こると思います。投資の推奨ではございませんので投資の判断はご自分でお願いします。自分は運用資産が3000万円のアラサー個人投資家で仮想通貨と株に投資しています。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

・通貨安とドル安
まずは通貨安とドル安ということで暗号通貨教育プラットフォームCryptoManiaksの新しい調査によると、オランダとトルコが上位2位を占めており、人口のそれぞれ8.2%と5.5%が暗号関連の用語を検索しています。トルコは特に470万件の検索を占め、膨大な数で検索をリードしています。

米国と英国は世界の暗号通貨業界の主要なプレーヤーですが、人口規模のために、どちらもトップの座にランクされていません。米国は人口の1.9%がこれらの用語を検索して15位にランクされ、英国は2.6%で12位になりました。

ということで
トルコはインフレ率が80%超えてハイパーまでいかなくてもスーパーインフレ程度にはなっている感じです。ここら辺からも通貨安は仮想通貨にプラスになる可能性があります。

続いてこちらはDXY指数月足チャートでドルの強さを表しています。11月にドル指数は3回目のピークを付けてかなり歴史的な水準になりました。そこから大陰線を付けており急落中です。高値は切り下げ、安値も切り下げているので今回は60台に数年で行くことを想定しております。

その過程でドル安資産バブルが起こるかもしれません。過去には1985年から1990年に日本でバブル、2002年後半からはリーマンショック前までのバブルが起こりました。ドル安からの資金退避が起こり他国の資産が強烈に買われます。

トルコでは通貨安が仮想通貨投資を増加させている可能性を指摘しましたが、今回も同様にドル安で仮想通貨バブルが起こるのではないかと考えています。機関投資家が本格的に入り、現物ETFが通った後初めての強烈なバブルなので値上がりは期待できるかもしれません。しかし、爆上げの次は爆下げが来るので資金管理気を付けていきたいところではあります。

・衝撃が近い・・
続いて、衝撃が近いということで、こちらはアメリカの失業率になりますが、現在はかなり低水準で推移しております。しかし、ニュースでご覧になっていると思いますがアメリカの大企業ではリストラが始まっています。

過去のパターンでは失業率はいったん高くなると止まらずに天井を付けるまで上がり続けます。そうしたあとにゆっくりと低下してきており何度もそのパターンです。

今はどうかというと、失業率は低く見えますが、大企業でリストラが始まり、失業率は上がり始めそうです。恐らく早いうちに上がる傾向が見えてきて来年前半に天井を付けるかもしれません。

2030年のバブルと矛盾している感じがするかもしれませんが、2030年のバブルに向けて必要なことがあります。失業率が急上昇して高止まりしてドル安が始まらなければなりません。現在は失業率は上がり始めてもないのでバブルの発射台にも立っていません。

ここから来年にバブルの発射台に立つイベントが起こりドル安が始まるというのが今想定しているシナリオです。そして今のサイクルは早いので衝撃が非常に近い気がしています。

SP500は3200を想定していてGOLDや現金からインデックス投資に資金を回すタイミングを見計らっていきます。

・ビットコインの値動き
続いてこちらはビットコインUSD週足チャートで200週移動平均、RSI、MACD表示しています。200週移動平均から乖離していますが12/12日に米国総務省がバイナンスにマネーロンダリングの疑いで捜査をしているというニュースにも反応しませんでした。そろそろバットニュースに反応しなくなってきており200週移動平均に収束していく時期が来ているかもしれません。

続いてイーサリアムUSD週足チャートで200週移動平均、RSI、MACD表示しています。
200週移動平均の下でダブルボトムを形成しつつあります。これを崩されるとヤバそうですがとりあえずかなりいい感じになってきています。イーサリアムもビットコイン同様バットニュース耐性がついてきているのでまずは200週移動平均をぶち破れるかに注目です。
まとめ
いかがでしたでしょうか。まだまだドル高、インフレになるという記事も多いですが個人的には失業者が増えてきているので落ち着くのではないかなと思います。しかし、インフレは10年程度続くといわれており、このまま何事もなく静まるという風には考えていません

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。


詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちはさんとうきんです。今回は次のバブルのシナリオについてやっていきたいと思います。今回の仮想通貨バブルの前にも同じようなのを出していて、今回も自分の戦略を考えていきたいと思います

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


・BTCの価格予想
まずはビットコインの価格予想ですが、今回のバブルでビットコインは780万円ほどまで上がりました。2000万円や3000万円とも言われていましたが時価総額が大きくなると、少しずつ上昇率が下がってきています。

次のバブルでも同じ傾向かなと思うので次のバブルの予想としては1BTC=1500万円を想定しています。時価総額だと45兆円で230万円なので、約6倍とすると270兆円になります。ここから200兆円以上のお金を吸い上げるとなると、なかなか難しそうではありますがアップルが200兆円なので不可能というわけではないですし、GOLDは800兆円とも言われています。

BTCがこれだけ爆上げするには現物ETFが不可欠ですし、何より金融緩和やドル安がこないと厳しそうです。

しかし、今までもあり得ないを実現させてきたビットコインなので今回も高値更新に期待したいです。次回の半減期は2024年の5月付近ということなのでそこから急騰するとなるとまだ1年半以上時間があります。ピークの時期として2025年の年末と予想します。

まだまだ慌てて購入しなくても遅れることはないですしかといって、ピークからはかなり下げてきたので、割高感はなくなったと思います。

・運用資産が大きくなり仮想通貨銘柄に移行
続いて運用資産が大きくなり仮想通貨銘柄に移行ということで、前回までは仮想通貨BTCやETHなどを直接保有していましたが、申告が大変なのと雑所得が高すぎるので今回からは株に移行しています。

お金持ちが仮想通貨には投資する価値がないというのも少しわかった気がしますが、確実に数年単位で吹き上げるのは株ではなくて、大体10年サイクルなので資金効率的に仮想通貨を無視することは自分にはできないです。

日本株であれば、マネックスなども連動しているので魅力的ですし、前回の2020年にビットコインではなくこちらを保有しなかったのを悔やみますね。少し迷いはしましたが、ハッキングされた取引所に人が戻るか分からず見送ってしまいました

・今回の仕込み方、売り方
今回も前回と大きな違いはなく、安く仕込んで高く売るが基本戦略です。どこから安いのかですが、200週移動平均より下であれば基本的に高すぎることはないと考えています。最近は暴落しそうな雰囲気なので買い向かうのはかなり怖いですが、安く買うには覚悟を決めて買うしかないです。

次に出口ですが、また数回に分けて売っていきます。一応細かいルールがありそれ通りに機械的に売っていきます。難しいのはビットコインが3倍になっても仮想通貨銘柄が何倍になるか今のところ分からないことです。これは純利益、一株当たりの利益に連動するので思い通りにいかないかもしれませんが、税金を考えるとそれでもこちらの方が良いですね。

今回はこれにプラスして売却後の資金を入れる先を決めておきます。予定としてはインデックス投資でこちらに運用資産のほとんどを入れていきます。予定通りにいけば2025年には運用資産は1億円を突破するので、そろそろインデックス投資以外にも不動産も1件持ちたいです。不動産は今回でどれくらい勝てるかで変わってくるので今のところ予定です。

仮想通貨バブルの次は崩壊が来ますが、インデックス投資は仮想通貨より下落率が小さいので資産を残すことができます。金利によっては債券も入れる予定です。

まとめ
いかがでしたでしょうか。今回の内容をまとめるとビットコインは2025年の年末に1500万円になること、仮想通貨バブルの次はインデックス投資に入れて防御力を高めることをお伝えしました。

今現在も、FTXショックでかなり厳しい状況に見えますが、自分はここで損切りせずに血だらけになりながら1年買っていこうと思います。

これからも株仮想通貨、お金に関して動画作っていきますので良かったらチャンネル登録お願いします。

それでは最後までご視聴いただきありがとうございました。失礼します。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

↑このページのトップヘ