電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産1400万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2000人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが投資、副業で1億を目標に動画作ってます

タグ:給料

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電気新聞で電験三種が年2回開催されると報道されたので取り上げていきたいと思います

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


新聞で取り上げられたという事はほぼ決定なのではないかと思います(;^ω^)
似たようなもので、第二種電気工事士も年1回から年2回に制度変更されたことがありました。ここを参考にして電験三種の合格者がどうなるのか分析してみました。

年1回の時は4~5万人が合格していましたが年2回になると6万人を超えてきました。大体30%~50%程度合格者が増えたと思います。

制度変更直後では合格者はあまり変わりませんでしたが年々増えていったのもポイントです。しかし、年々合格者が増えているので試験回数が増えると合格者は増えそうです。

電験三種でも心配なのが初年度は難易度が少し上がる可能性があることです。年2回にして問題も簡単だといきなり合格者が2倍などになると批判されると思うので役人のやり方として少しずつ増やしていく事が考えられます(;^ω^)

様子を見ながら難易度も下げて調整して電気工事士のようなかんじで数年後に合格者1.5倍というのがあるかもしれません。あくまでもここらへんは妄想なので保証は出来ません(;^ω^)

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電験三種の試験方法が大きく変わる事、官公庁手続き書類が簡略化される事、規制緩和について取り上げてみました。この記事は、動画は3月22日に開催された第五回産業構造審議会の資料をもとに書いております。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。


いよいよ電気主任技術者にも規制緩和が到来しつつあります(;^ω^)
幸いにも10年くらい仕事はたくさんありそうですが、PCすら使えない人は仕事がこなせなくなりそうですね。オンライン、WEB監視、生産性の高い仕事のやり方

外部委託は規制緩和で広がりそれ以上の設備では統括で複数の現場を持つことになりそうでした。今の所は統括制度に大きな変化はありませんでしたが、資料を読んだ感じ少しずつ選任で1人1現場というのはなくなりそうです(;^ω^)

心配していた太陽光で66kVが三種の範囲になるというのも今回は見送られています。今までのパターンだと太陽光だけと言いながら数年後には需要設備に広がったりすると思うので、ここが変わるようなら電験二種だけでは厳しいので本格的に新しい仕事を探します(笑)

思ったよりも電気事故について取り上げられていて規制緩和を受け入れつつも、大きな変更には慎重な印象もありました。

しかし10年後には「生産性の高い仕事のやり方」をしないと生き残れない気がします。聞こえはカッコいいですが一言でいうと「一人でたくさん現場を持つ」

この仕事の生産性はそこにいきつくので大変そうです。自分の方針としては、この10年で稼ぐだけ稼ぎきるにしたいと思います(;^ω^)

国や会社を信じて給料が上がると思っていると痛い目に合いそうです。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は2021年になりましたので前回の独学最短勉強法をアップデートしていきたいと思います。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。


今年も電験の季節になってきました(;^ω^)
本気で合格するにはそろそろ勉強を始める必要がります

中には一人で、独学でやらなければならな人もいると思いますので自分がやっていた方法+こうやればよかったというものをまとめて2本で紹介しているので良かったらご覧ください。

電験が必要な仕事な会社としては電力会社や保安法人がありますが、そういった社員の人たちはきっちり勉強するので合格率も高いです。

なので皆さんも同じように勉強すれば合格することが出来るので、指導者がいなくても諦める必要はありません。特に高額な通信教育は必要ないのでこの動画でやり方を学んでいただきゴリゴリと勉強するのみです(;^ω^)

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
久しぶりに電験、転職に関して書いていきたいと思います。

試験が終わり合格した人はこれからどうやって職業として電験を利用していくか考えていると思います。今後の参考になればと思いnoteでも解説しているので良かったらご覧ください。

【外資・新卒・電験】転職のポイント

この資格を目指す人で給料を気にしない人を見たことないのでまずはここから書いていきたいと思いますが、正直なところ人によるとしか言いようがないです(笑)

電験三種必須で年収200万円台の求人に応募する人がいる中で必ず年収が上がると言い切れないんです。こんな求人を出す方も悪いですが、応募するほうも悪いと思います・・

仕事柄、個人で仕事してる方と話すのですが「年金暮らしの爺さんが安受けするからクソ」という愚痴をよく聞きます(笑)

仕事には相場があるのでそれを無視されると困っているようです。

家が近い、介護、病気などいろいろあると思いますが年収を上げたい人が応募すべき求人ではありません。せっかく資格を取得してもそこらへんで”当然給料を上げるならこうする”行動を取らないと上がらないんです

仕事から帰宅して履歴書を書くのは大変だと思います。企業によっては自社を志望する理由を400字や800字以上で求める頭が逝かれた企業がありました(笑)

これを見て「めんどうだな」と思った人はこういう企業に応募してはいけないんです。新卒の企業攻略法みたいなのに流されて勘違いしていることに転職しているうちに気付きました。

面接は「合うか」「合わないか」を見るための物なので合わない企業に無理やり合わせてもまた辞めると思います(;^ω^)

自分の場合はPC入力の履歴書、職歴提出で済むところでないとあまり応募すらしなくなりました。面接でも飾らない、無理に合わせないというのがキーポイントです。

学生の時、大人でも転職したことない人は本を書店で買って練習すると思いますが、今思えば面接の練習なんてしてはいけないと思います・・。就職という部分では良いんですが面接本来の「自分に合った企業」という作業が全くできていないからです

長くなってきたのでこの辺で。また気が向いたときに書きます


【外資・新卒・電験】転職のポイント

こんにちは。さんとうきんです!
最近株が忙しいので電験や外資企業について全く書いていませんでした(笑)

外資企業の良いところは書いているので今日は悪いところを書いていきたいと思います。

日本企業だと資格を小馬鹿にする輩もいるようですが、残念ながら外資企業ではそんなのは通用しません(笑)

ライセンスがないのに仕事が出来ると言い張っても無駄です。役職で必ず差を付けられます。

これだけ聞くと筋が通っていて良さそうですが、こういうのは自分にしっかりと跳ね返ってきます。これが意味するのは資格を持てないと年齢を重ねても給料は上がりません。一ミリも。自分がいる会社も定期昇給は0円で昇格するとガッツリと上がる弱肉強食システムです。

さらに、最近話題の同一賃金、同一労働についてです。

このイメージって同じことをしていれば同じ給料と思われがちですがたぶんこれは間違いです。資格がないと同じ仕事をしていると見なされないからですね。外資企業に来てイメージが変わったのはこの差が思ってた以上に大きい。

もちろん同じ資格や役職だと年齢で給料は変わらないです(前職が考慮される場合だと差がある)

なので人によっては差別されていると感じるかもしれませんし、日本企業は年齢と共に大きくなる小高い丘がポコポコあってお山の大将になると待遇も良くて気持ちよく仕事が出来るのかも。


【さんとうきんのYouTube】
電験や投資に関して動画を作っています
→チャンネル登録はこちらから

↑このページのトップヘ