個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:給料

こんにちは!さんとうきんです
今回は久しぶりに電験の転職について書いていきたいと思います

転職や電験について相談できるメンバーシップを開設しました!


【規制緩和】
ご存知だとは思いますが、電気主任技術者は業務独占から少しずつ緩和方向に動いています。

また、電験も2回実施され合格者は増えるのではないかと思います!

ここから単純に考えて電験と無資格者の差が無くなってきているというのがトレンドです。どうしても、頑張っていることなので電気主任技術者価値が上がるとか、給料が上がるとか言う人がいるんですが、トレンドとしては価値が落ちてると言う事実をきっちり理解しておきたいところです

正しく対策すれば価値が落ちても稼げますし延命することができますが、精神論では限界があるので事実はしっかりと受け止めたいところです

【新規参入者は厳しい時代になる】
これからの規制緩和で誰に一番厳しいか考えてみましょう。厳しいというのは今と比較して賃金、休日、求人数など求職者からみた質が悪化することです

免状保有者が増加して独占業務が減り外部委託が増えます。もちろん、工場での仕事はありますが有資格者でなくても良いのです

自分が社長ならどうしますか?
自分なら景気が良いうちは今までの雇用は維持しながら新規採用を減らします(;^ω^)
または採用数は変えなくても資格者でない分賃金を下げます。

そうなると新規参入者(これから資格と実務経験を取ろうとしている人)が一番厳しい状況だと自分は思っています

明日続きを書きます

転職や電験について相談できるメンバーシップを開設しました!

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電験が近いので久しぶりに書いていきたいと思います。

試験直前といっても勉強に身が入らない人、少し飽きている人、直前になって慌てている人などいると思います。休憩時間などに自分が考えていたことを通して同じ境遇の人が少しでもやる気を出してくれればと思います

Twitterでは技術とかやりがいとか精神的な部分を目的にして勉強している方がたくさんいますが、僕が勉強をしたのはそういうのではありませんでした(;^ω^)

漠然とたくさん稼ぎたいという気持ちが昔っからあって行き着いたのが電験二種でした(笑)
電験二種は取れないだろうなと思いながらも金のために食らいついたという感じだったと思います・・

休憩時間には取得した後にどうするか、給料が上がるのか、転職サイトを見るなどなどしてモチベーションを維持していました。

維持というか楽しかったですね(笑)
今は幸いにも再エネがあるので工場、ビルが合わなければそっちに行ってもいいでしょうし周りにも電力会社を退職して行く人が増えています。時間単価で考えると20代は特に激安ですしね・・

でも転職は正直運です。今の自分を電験二種受験時に想像していたかというと全くしていなかったです・・。なので同じく取得後の人生を色々考えているとは思いますがどうなるか分かりません。

転職の満足度を上げる、人生を向上させる方法を上げるなら”必ず”とか”絶対”こうするというのは少なくしましょう。1つ、2つくらいなら成功しやすいです。

僕の場合は時給です。あとは妻から言われている勤務地。あまり多いと電験二種を取得してもメリットないかもしれません(;^ω^)

研究>設備とか、ホワイトカラー>ブルーカラーみたいな印象があるかもしれませんが本当にそうなのかなーと思っています。研究だって大変だと思います。有名大の人間に食らいつくには家でも勉強です。実験も数をこなさないといけない物も多いのでルーティンワークですね(;^ω^)

確かにメーカーではR&Dの方が平均給料が高い場合が多いですが電験二種で20代、30代でそういう人の1ランク、2ランク上の給料を勝ち取れば良いわけです。

将来高い給料を貰える人は勘違いしているのは現在価値に換算して考えてないんですね・・
年収が同世代より100万円高いんであればインデックス投資にぶち込んで放置すれば良いです。それは15年で2倍、30年で4倍です。40代、50代まで我慢して700万1000万狙う必要はないんです・・

確かに給料のみでの生涯賃金はR&Dの方が高いかもしれません。でも運用益も入れると高く無いです。むしろ20代、30代で高い給料がもらえる方がトータルで多いはずです。有名大で30歳で500万円などでは投資に回す余力がないです

詳しくはこちらの動画で解説しているので良かったらご覧ください。


ここら辺の事に気付いてからは人生が変わった気がします。損しないのに損した気分になっていたんですね。年齢を重ねて高い給料になる方が得すると思っていたんですがこの動画で言っているように差がどんどんついていくわけです

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電気新聞で電験三種が年2回開催されると報道されたので取り上げていきたいと思います

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。


新聞で取り上げられたという事はほぼ決定なのではないかと思います(;^ω^)
似たようなもので、第二種電気工事士も年1回から年2回に制度変更されたことがありました。ここを参考にして電験三種の合格者がどうなるのか分析してみました。

年1回の時は4~5万人が合格していましたが年2回になると6万人を超えてきました。大体30%~50%程度合格者が増えたと思います。

制度変更直後では合格者はあまり変わりませんでしたが年々増えていったのもポイントです。しかし、年々合格者が増えているので試験回数が増えると合格者は増えそうです。

電験三種でも心配なのが初年度は難易度が少し上がる可能性があることです。年2回にして問題も簡単だといきなり合格者が2倍などになると批判されると思うので役人のやり方として少しずつ増やしていく事が考えられます(;^ω^)

様子を見ながら難易度も下げて調整して電気工事士のようなかんじで数年後に合格者1.5倍というのがあるかもしれません。あくまでもここらへんは妄想なので保証は出来ません(;^ω^)

詳細はYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電験三種の試験方法が大きく変わる事、官公庁手続き書類が簡略化される事、規制緩和について取り上げてみました。この記事は、動画は3月22日に開催された第五回産業構造審議会の資料をもとに書いております。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。


いよいよ電気主任技術者にも規制緩和が到来しつつあります(;^ω^)
幸いにも10年くらい仕事はたくさんありそうですが、PCすら使えない人は仕事がこなせなくなりそうですね。オンライン、WEB監視、生産性の高い仕事のやり方

外部委託は規制緩和で広がりそれ以上の設備では統括で複数の現場を持つことになりそうでした。今の所は統括制度に大きな変化はありませんでしたが、資料を読んだ感じ少しずつ選任で1人1現場というのはなくなりそうです(;^ω^)

心配していた太陽光で66kVが三種の範囲になるというのも今回は見送られています。今までのパターンだと太陽光だけと言いながら数年後には需要設備に広がったりすると思うので、ここが変わるようなら電験二種だけでは厳しいので本格的に新しい仕事を探します(笑)

思ったよりも電気事故について取り上げられていて規制緩和を受け入れつつも、大きな変更には慎重な印象もありました。

しかし10年後には「生産性の高い仕事のやり方」をしないと生き残れない気がします。聞こえはカッコいいですが一言でいうと「一人でたくさん現場を持つ」

この仕事の生産性はそこにいきつくので大変そうです。自分の方針としては、この10年で稼ぐだけ稼ぎきるにしたいと思います(;^ω^)

国や会社を信じて給料が上がると思っていると痛い目に合いそうです。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。

こんにちは。さんとうきんです!
今回は2021年になりましたので前回の独学最短勉強法をアップデートしていきたいと思います。

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。


今年も電験の季節になってきました(;^ω^)
本気で合格するにはそろそろ勉強を始める必要がります

中には一人で、独学でやらなければならな人もいると思いますので自分がやっていた方法+こうやればよかったというものをまとめて2本で紹介しているので良かったらご覧ください。

電験が必要な仕事な会社としては電力会社や保安法人がありますが、そういった社員の人たちはきっちり勉強するので合格率も高いです。

なので皆さんも同じように勉強すれば合格することが出来るので、指導者がいなくても諦める必要はありません。特に高額な通信教育は必要ないのでこの動画でやり方を学んでいただきゴリゴリと勉強するのみです(;^ω^)

詳細はYouTubeで話しているので良かったらこちらからご覧ください。

↑このページのトップヘ