電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産1400万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2000人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが投資、副業で1億を目標に動画作ってます

タグ:転職

こんにちは。さんとうきんです!
今回は電験を取得して転職を考えている方に向けてになります。

詳細についてはYouTubeで解説しているので良かったらご覧ください。
【電験と転職】人生を向上させろ!!!

最近は終身雇用廃止や早期退職者募集が増えてきた事から転職を推奨する記事が増えてきていますが、立ち回りを間違えるとリスクが増大し損することになるので、どういうリスクがあってどう対処するかということに向き合って考える必要があります

転職のリスクは、退職金がない、昇進が遅くなる、不安定など出てくると思います。

一方、転職のメリットは年収が上がる、休みが増えるなどがあるかもしれません。もちろんそういう会社に転職するという前提ですが(;^ω^)

人によっては人間関係で転職するかもしれません。人間関係で転職すると、その場からすぐ去りたい一心で転職するので年収は二の次にしがちですがとても危険なことだと思います。

次の職場で人間関係が良くなるかどうかは入社してみないと分からないからです。もし自分に問題があると永遠に転職することになります。そうなったときに年収が上がっていればfireという選択肢も出てきますが、給料にこだわらない転職をしているとジエンドです(;^ω^)

考え方を変えて、もしダメだったら、これもダメだったらという感じで考えていくと給料が上がる転職、投資が候補に出てきます。

詳細についてはYouTubeで解説しているので良かったらご覧ください。
【電験と転職】人生を向上させろ!!!

こんにちは!さんとうきんです。
転職と投資。あまり見ない組み合わせだと思いますが、使いようによっては最高の組み合わせになります。

詳細はYouTubeで解説しているので良かったらご覧ください。
【転職と投資はセット】就活生は必見!!!

最近は外資企業や、年功序列の廃止のせいで若くても転職をススメル記事が取り上げられるようになりましたが、メリットとデメリットは一度考えて整理してみましょう!

メリットとしては「若くても給料が高くなる」これに尽きるかなと思います。人間関係で転職もあるかもしれませんが、その場合は注意が必要です。楽になろうと逃げ回れば逃げ回るほど苦しくなっていくからです。

デメリットは退職金がない、不安定、昇進しにくい等々あると思います。

メリットでデメリットを相殺できるのかまで想定しておきたいです。

詳細はYouTubeで解説しているので良かったらご覧ください。
【転職と投資はセット】就活生は必見!!!

こんにちは!さんとうきんです。
今回は年功序列について考えていきたいと思います。たぶんほとんどの人は年功序列で大卒で400万円から始まり1000万円で終わる人生を”成功”と考えている人が多いと思いますが本当にそうなのか検証していきます。

【72の法則】
複利計算をするにあたって72の法則を暗記しておきましょう。これは72を利回りで割って出た数字が2倍になるのに必要な年数を表しています。具体例を出すと年利5%で運用すると72を5で割ると14.4年と出ます。これは100万円を5%で運用すると200万円になるのに14.4年かかるということです。めんどうなので15年とすると30年で4倍になります・・

とても便利な法則なのでぜひ暗記したい数字です。実際にシミュレーションした結果がこちらです。
スクリーンショット (2968)

大体400万円になっていますね。15年ではなく14.4だったので少し多いですが大体のイメージを掴むには十分ではないでしょうか。

【退職金、運用、iDeCo】
これを聞いてなんとなく理解されたかもしれませんが、退職金というのは数千万円を貰うとしてもその価値は大きく割り引いて考えないと公平じゃないです。企業は国債などに投資して運用して退職金を作っていますがそんなものは自分でやればいいわけです(笑)

以前は国債でも十分利回りがあり退職金が保障されていましたが、今は米国でさえも低金利となり退職金が今後さらに減ると思われます(運用成績が悪いと退職金に回すお金がなくなる)

またiDeCoも退職金を希釈させる要因です。莫大な退職金がある企業に勤めているのにiDeCoをしても損はしないけど税金がかかってきます。30年だと1500万円まで非課税なのですがiDeCo+退職金だとこれを大きく超えるんです。いくら税率が半分になるとはいえ、かなりの金額を税金で取られることになります。それであれば今すぐ退職金に回す分を現金で貰って自分で運用するほうが税金は少なくなります。

【投資には失敗するかもしれないじゃん?】
もちろん投資には失敗が付き物です。しかし、世界で株が下がり続けている日本ですら30年で配当込みだと含み益が出ているようです。日本だけに投資していた人は苦労しているかもしれませんが、世界に投資している人は安定して5%~7%の利回りをゲットしています。積立や世界株にすることで時間、地域を分散するとここらへんは簡単に解決できます。

【運用は自分の口座に入る】
もう一つ大切なことがあって莫大な退職金を手に入れれるのは最後まで社員であり、当然会社も健在で有る事が条件になります(;^ω^)

しかし、これも難しい事で30年も年月が経過すると時価総額ランキングが様変わりしているように生き残る企業は僅かですし、退職金も減らされることがあります。自分だけは大丈夫と考えている人が多いですが半導体業界で大手電機メーカーが倒産までいかなくとも待遇が悪化した事はよく頭に入れておかなければなりません・・

その点今貰ったお金で運用する分は自分の口座に入れるのでもらえないという事がないんです。世界の中の小さな1社の企業の存続と全世界株式を比較したら当然安定しているのは全世界株式に決まっていますね(;^ω^)

【まとめ】
20代、30代は夢と希望に溢れているのに仕事で潰されている方はぜひインデックス投資をはじめましょう!

残高が積みあがっていくと今日より明日がよくなると思えるので前を向き続けれます!そのお金があなたを救ってくれます。

こんにちは。さんとうきんです!
久しぶりに電験、転職に関して書いていきたいと思います。

試験が終わり合格した人はこれからどうやって職業として電験を利用していくか考えていると思います。今後の参考になればと思いnoteでも解説しているので良かったらご覧ください。

【外資・新卒・電験】転職のポイント

この資格を目指す人で給料を気にしない人を見たことないのでまずはここから書いていきたいと思いますが、正直なところ人によるとしか言いようがないです(笑)

電験三種必須で年収200万円台の求人に応募する人がいる中で必ず年収が上がると言い切れないんです。こんな求人を出す方も悪いですが、応募するほうも悪いと思います・・

仕事柄、個人で仕事してる方と話すのですが「年金暮らしの爺さんが安受けするからクソ」という愚痴をよく聞きます(笑)

仕事には相場があるのでそれを無視されると困っているようです。

家が近い、介護、病気などいろいろあると思いますが年収を上げたい人が応募すべき求人ではありません。せっかく資格を取得してもそこらへんで”当然給料を上げるならこうする”行動を取らないと上がらないんです

仕事から帰宅して履歴書を書くのは大変だと思います。企業によっては自社を志望する理由を400字や800字以上で求める頭が逝かれた企業がありました(笑)

これを見て「めんどうだな」と思った人はこういう企業に応募してはいけないんです。新卒の企業攻略法みたいなのに流されて勘違いしていることに転職しているうちに気付きました。

面接は「合うか」「合わないか」を見るための物なので合わない企業に無理やり合わせてもまた辞めると思います(;^ω^)

自分の場合はPC入力の履歴書、職歴提出で済むところでないとあまり応募すらしなくなりました。面接でも飾らない、無理に合わせないというのがキーポイントです。

学生の時、大人でも転職したことない人は本を書店で買って練習すると思いますが、今思えば面接の練習なんてしてはいけないと思います・・。就職という部分では良いんですが面接本来の「自分に合った企業」という作業が全くできていないからです

長くなってきたのでこの辺で。また気が向いたときに書きます


【外資・新卒・電験】転職のポイント

こんにちは。さんとうきんです!
景気が悪くなりそうで転職を考えていた方は厳しい時期が訪れそうです(;^ω^)

働きながら内定をもらって退職なら良いですが、なんとかなるだろうという気持ちで退職すると危険ですね。稀にいるので驚きます(笑)

ところでビルメンで給料明細を上げていた人がいたんですが総支給が37くらいで引かれているのが4万くらいですくなすぎなきがしました(笑)
電力会社だと健康保険が労使折半でなかったりするんですがビルメンも大手だとそういう制度があるんですかね。

じぶんは10万以上引かれているので羨ましい限りです。健康保険は労使折半ですが協会けんぽよりは安いのですが電力会社ほどではないですね。色々裏技があり、工夫できている企業とそうでない企業だと手取りで1割は違います。

プラス社宅も入れると2割以上は同じ額面でも変わってきそうです。。。


【さんとうきんのYouTube】
電験や投資に関して動画を作っています
→チャンネル登録はこちらから

↑このページのトップヘ