電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産1400万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2000人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが投資、副業で1億を目標に動画作ってます

タグ:電験三種

icon_054560_256

この記事では電験三種に落ちる理由を分析してみました。
自分が取得していないのに分析しても意味がないので書いておくと、さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。自分の合格した年の合格率は3%程度でした。二次試験は自己採点ですが電力管理が7割、自動制御は10割でした。

Twitterなどを見ていても、他の方とはさんとうきんの勉強法が違う気がしたので、うまくいかない人は試してみてください( *´艸`)
関連記事や当てはまりそうな記事のリンクを貼りましたので良かったらどうぞ(*´ω`)

【落ちる理由1】
勉強時間が足りない。仕事しながらだと毎日帰宅後、1時間を半年続けると頑張った気持ちになるのですがそれでは万全の対策とはなりません。半年で200時間未満なので合格してもそれはほとんど運です。。。

「分かるまでやる」も聞こえはいいですが脳死してます(*´ω`)
目標勉強時間を決める→毎日何時間するのか決める→帰宅後に出来るのか?
など分析して出来そうにないなら勉強期間を延ばしてトータル時間は絶対確保することが必要です。

必要な勉強時間は1000時間です。落ちる人でこれ以上やって不合格の方を見たことがありません。条件によって変わるので、勉強時間について詳しくはこちらの記事を参照→第2話 電験三種 独学 勉強時間 勉強範囲

【落ちる理由2】
本をコロコロ変える。自分も電験三種を受け始めた頃にやっていたのですが、結論、本が原因で落ちる可能性はほぼ0%だと断言できます。電験二種だとイマイチ本が多かったりするのですが電験三種は毎年5万人も受験するので洗練された本が出版されています。正直どれを使っても60点を取るには十分だろうと思います。

ほとんど違うのはデザインや構成で、ここからくる心理的な拒絶で良い本、悪い本が決まっている感じです。自分がススメているのは、これだけシリーズで、すでに持っている場合はその本で十分だと思います。

【落ちる理由3】
勉強範囲について考えたことがない。電験三種だとこれを飛ばしても合格する人が多いので必要性があまり感じられませんが、科目別4冊をそのままやっていたら勉強時間が1.5倍になります。自分が必要だと言ってる1000時間は自分の勉強法でやったらの話でここら辺を適当にしていると1.5倍や2倍、受からないとかもあるかもしれません。

少なくとも電験二種ではここらへんも考えれるかで雲泥の差だと思います。
詳しくは関連記事参照です。


【まとめ】
理由を3つ挙げましたが要は正しいやり方でないと落ちるという事です(*´ω`)
勉強方法を間違えなければ独学で合格できるし、DVD講座や通信教育などは一切不要です。
勉強法を関連記事にまとめたので参考にしてみてください!
理論と機械の勉強法だけはnoteにて公開していてその他はYouTubeとブログで書いてます(*´ω`)



【関連記事】
【電験三種勉強法】



こんにちは、さんとうきんです。

初めに、さんとうきんは電験二種と三種を取得しています。合格率は3%程度でした。二次試験は自己採点ですが電力管理が7割、自動制御は10割でした。こんなさんとうきんが実際に行っていたやり方を公開しました。これで二種までは取得することが出来ました(*´ω`)

【電験三種 オンライン質問サークルを見る】


この記事では電験三種と電験二種の勉強法の電子書籍を販売開始に合わせて、今まで書いた記事やYouTubeをまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです!

ブログ、YouTubeで公開しているもの、noteで販売しているものがあります。
※noteでの販売は会員登録なしで購入可能です。
※すべて勉強法や勉強範囲の記事、noteになります。

【電験三種 独学 最短 勉強法】理論、機械のみnoteでの販売になります

  <理論>

   【noteでの販売】

  <電力と法規>

   【ブログ】  【YouTube】

  <機械>

   【noteでの販売】

  <第1話 勉強法と計画>

   【ブログ】  【YouTube】

  <第2話 勉強時間 勉強範囲>

   【ブログ】  【YouTube】




【電験二種 勉強法】※①計画以外note販売

  ①勉強時間 計画【YouTube】

  <②電力・管理 勉強方法>

  <③機械・制御 勉強方法>




【さいごに】
無料公開しているものが有料になることはあっても有料公開が無料になることはありませんm(__)m

来年は、勉強法の記事は今のような感じで有料のままで、もう少し苦手そうなテーマや得点源になりそうなところをYouTubeで公開したいと思いますので、良ければYouTubeのチャンネル登録お願いいたしますm(__)m

YouTubeチャンネル登録はこちらから




この記事では、さんとうきんが転職活動を二回した結果確信したことがあるのでそれを書きます(*´ω`)
たぶん、多くの人も陥る注意点を書きました!
サムネ


今日のポイントは
・転職エージェントは不要!
・求人応募人注意点
・応募しないと始まらない
の3点を主に伝えます!

スクリーンショット (79)


一言でい表すと、転職エージェントとは転職希望者の希望を聞いて企業との仲介役になる会社です(*´ω`)

スクリーンショット (80)


ここで注意点を書くと転職エージェントに登録して実際に応募先企業の担当者と面談するまでには3回ほど電話で質問や、希望調査などをされます・・。これを少ないと感じる方は良いのですが、自分は正直多いと思いました。

エージェント1社でこれだけですから、5社応募したら15回電話します・・。
内容もWEBで済むような中身ばかりで応募者へのメリットは皆無です。サラリーマンで仕事しながらの方だと手間に感じると思います。

スクリーンショット (81)


つまり転職エージェントは今すぐ転職したい人向けで、いい企業内かな?という気持ちで登録することはオススメ出来ません。

スクリーンショット (82)


転職エージェントは応募者のためのサービスというよりも人事部の採用担当用のサービスだと思われます。初めから人事担当者が対応すると業務が増えるので足切りサービスです。それくらい応募者にメリットが少ないです。

エージェント担当者も応募者の仕事を決めないと自分の業務量が増えるばかりなので、良い企業を待っている応募者とはお互いの利害が一致しません。。。

スクリーンショット (83)


さんとうきんは転職サイトも利用しましたがこちらの方が断然楽。特に軽い気持ちでいい企業内かな?という人に強くお勧めします(*´ω`)

必要な情報はWEBで時間があるときに入力すれば良いので融通が利きます。応募後は、応募先企業が直接対応するので内定までは早いです。

スクリーンショット (84)


これは転職エージェントだろうがサイトだろうが共通するのですが、自分の希望する給料の最低ラインは決めてから応募しましょう・・。さんとうきんは、ここを決めずに(話を聞いてから決めよう!と考えていた)選考を進めていったらよく分からないまま、あやふやになり内定直前で低賃金だったためすぐさまお断りを致しました( ;∀;)

お互いに無駄な時間を過ごすことになるので最低ラインを決めて早いうちに給料や福利厚生、社宅についても把握することをオススメしますm(__)m

スクリーンショット (85)


そして、企業も知恵を付けてなんとか人件費を削れないかと日々努力している企業があります・・。転職の目的が給料出ないならば良いのですが、大半の人が給料アップが目的なはず。さんとうきんが伝えたいのはその会社になると本当に給料が上がるの?ということ。基本給だけでなく福利厚生、退職金、残業すべてトータルでいくら高くなるのか把握することが必要です。個人的にはアパートなどの借り上げが福利厚生にある企業はオススメです。さんとうきんは年間80万円を社宅として会社が借り上げているので節約できます。実際の給料と比べるにはこれの3割増しくらいが正しい評価だと思います。

どういう事かというと自分でアパートやマンションを借りると税金が引かれた後の給料から捻出することになります。。。つまり年間80万のアパートやマンションに住むには年収ベースで+100万円高く無ければ80万円が手元に残りません。

あとは残業もみなし残業込みで年収を提示している企業が多いので要注意です。労働者のうちは時間単価を高くする方法に専念した方が良いです。

スクリーンショット (86)


これは前も書いたのですが転職なのに気を使って報酬について聞かないとお互いに時間を無題にする恐れがあります。ハッキリと伝えたほうが良いですしここで嫌な顔をする企業は辞退した方が身のためです。。。

スクリーンショット (87)


唯一、WEBでの応募のデメリットといえばすべてが自分だという事です。自分で応募しなければ何も始まらないです(*´ω`)
20代で労働年収700万円になる方法にも書きましたが20代は受け身になればなるほどジリ貧です。これはマジです。奴らは色々かっこいい事を言って、反発せず受け身の人間の給料は1円も上げずにむしろ下げ始めます。少しずつ準備をしましょう!関連記事にリンクを張ったので参考にどうぞ(*´ω`)

スクリーンショット (88)


これにつきます。今の会社にに不満があるならば転職しかありません。しかし、強気の交渉をするには安定したメンタル、つまり定職に就きながら転職サイトで応募することをオススメします。退職してから転職は自分を追い込みます。

スクリーンショット (89)


こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m





【関連記事】
20代で労働年収700万円になる方法①

icon_049940_256


この記事では第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したら転職できるか経験談から考えてみます(*´ω`) 自分は電力会社へ勤め現在は3社目で電験三種、電験二種を取得済みです。


このシリーズは全部で3話構成にしました。内容は
【①電験三種で転職可能?】
【②給料、待遇】
【③将来性】
の3点について書きました。今回は【③電験三種の将来性は?】について書きたいと思います。

【結論から】
規制緩和に要注意。人手不足と技術革新から分析しました!

【人手不足】
スクリーンショット (249)

これは経済産業省より公表されている電気主任技術者の需要と供給の予測になります。電験二種、三種ともに有資格者数は十分に確保されているようですが電験三種の外部委託業者では人手不足が深刻化しそうです。。。

問題なのは有資格者がこんなにいるのに外部委託業者で採用されているのは10%未満という事。業者の努力不足でしかないですね(*´ω`)
安易に人を増やすと人件費が増加するためだと思いますが、もう少し未経験の有資格者を採用してもいいと思うのです。

多分今後も大きく変わることはないのであり得るのは規制緩和ですね。実務経験のさらなる削減か小規模設備の点数軽減で現場が崩壊しそうですが・・

電験二種でも人数はいるのですが、求人の応募者数はそれほど多くないらしく、資格だけ保有している人がいるので一概に有資格者数で比べれないとは思います。それでも最近の求人では未経験でも採用しているのがチラホラ見えるので外部委託のような著しい不足にはならない感じですかね。

転職を考えている方は、2045年まで仕事が増えていく資格はなかなかないので電験三種の次は電験二種の取得をオススメします。電験二種勉強法についてnoteを書いてますので良かったら参考にしてください。

【不安要素でしかない技術革新】
電力業界で働いていた時に、最先端のAIや自動化、IOTという単語は一切聞いたことがありません。技術系の企業なのにこういう単語が話題にならないのは時代に置いて行かれている証拠・・。電気はなくならない!というおじさんの言葉にはビックリ。車も自動で走るのに常駐や定期点検を今の頻度でやるのは費用対効果があるのかとても疑問です。損益分岐点がいずれ来るかなという感じ。外部委託業者は今よりも電気事故に特化して3~10年目は定期点検減らしたりしないと人が足りない将来像。現時点でリレー試験省略業者は多いと思われます。気が利かない担当者だと細工しないんでVCBの動作回数見れば分かりますよ(*´ω`)

事故専門なんてされたら利益率下がるから厳しいのでしょうけど毎年外部委託で日本全体で数千億取られていると考えると今が最適な制度ではないはずです。この数千億があれば他の投資に回せているので。あまり書くと怒られそうなので辞めておきます。。。

電力総連応援議員が踏ん張ってくれているうちは大丈夫かなという感じ。電力会社だけでなく電力業界のすべてがこの議員にかかってます(*´ω`)

【つまり電験はこの先不安定?】
先ほどのことをリスクとして考えても資格一つで、今のところ20年制度が続きそうで、人並みの生活が保障されているのはかなりメリットだと思うのでさんとうきんは電験三種の取得はオススメできます。他の業界でも仕事が変化していき個人では追いつけなる可能性がありますからね・・
プログラミングとかも流行ってますがフリーランスは不安定なので、電験の仕事をベースにして副業のほうが良いと思います。

電気主任技術者制度の変更に最新の注意を払っておいて電験を取得し他の業界への進出準備とかをするのが良いかなって感じです。なのでさんとうきんはブログを書いたり投資をしたり電験二種のnoteを販売したりして資格に頼らない生き方を少しずつ作っています。

【さいごに】
いかがでしたでしょうか(*´ω`)
少しリスクについて書きすぎました感じもしますが、電験はオススメです!電験をベースにして変化の時代を乗り越えましょう(*´ω`)

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m






【関連記事】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!
【②電験三種の給料、待遇】
【③電験三種の将来性】

icon_060110_256


この記事では第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したら転職できるか経験談から考えてみます(*´ω`) 自分は電力会社へ勤め現在は3社目で電験三種、電験二種を取得済みです。


このシリーズは全部で3話構成にしました。内容は
【①電験三種で転職可能?】
【②給料、待遇】
【③将来性】
の3点について書きました。今回は【②電験三種の給料と待遇は?】について書きたいと思います。

【結論から】
年収で300~500万
残業多いと700万もありうる感じ

【会社による】
これにつきます、、、
あと年齢にも影響されますね。年功序列な会社が多いので20代の人だと入社しやすいけど賃金がかなり低く抑えられてます。

よく目にする、N〇〇ファシリティーズは全国にあるから誰しもが求人を見かけたことがあるはずですが、募集賃金が低すぎて話にならないなーって感じです。大企業=ホワイトというのはこの業界には当てはまらない気がします。常に求人を出している企業は内部がズタズタの可能性があります。

【独立は楽?】
ここらへんはやりようによるといった感じです。収益的には1000万も夢ではないですが、経費を引くとそんなに会社員と変わらないかなという話でした。会社員だと人づきあいが嫌いという事で独立しても、夜の電気事故当番を順番に回したり年次を協力したりするには付き合いが不可欠なので、結局時間がとられてメリットが少ない気がします(諸説あり)

【電験二種ならどれくらい?】
400~1000万ですかね。最近は風力発電所が乱立して200万円台の求人を見たとき引きました 笑
容量が小さいから人件費にお金をかけれないんでしょうかね。努力に見合わない。。。

資格一つでこの給料が保障されているのは魅力的ですね。しかし、これくらいないと受ける価値ないですね。それくらい勉強時間が必要です(*´ω`)
noteで電験二種勉強法について販売してますので気になる方は見てみてください。内容は現在、無料で公開している、電験三種勉強法みたいな感じでどうやれば最短で受かるか?ということにスポットを当ててます。

【オススメはどこの業界?】
恐らくですけど常駐の太陽光がコスパは良いと思います。機械的な動きのない発電所は良いと思います。発電機とかタービンとかある、火力とか風力、バイオマスは定期的に整備したり事故やトラブルも多いので激務になりやすいです。太陽光も建設中だと忙しいようですが・・(諸説あり)

あとは化学がホワイトと言われているようですが、ここ最近は特に給料が高めらしいです。。。
電力会社も給料が高めなイメージなのかもしれませんが、30代になるまではかなり抑えられてるので入社される方は期待しないほうが良いですね(*´ω`)

【さいごに】
いかがでしたでしょうか(*´ω`)
次回は電験三種の将来性についてです!

こんな感じで以上になります。もし少しでも役に立ちましたらブログ村の投票お願いしますm(__)m

投票よろしくお願いいたしますm(__)m






【関連記事】
【①電験三種で転職可能?】経験談を書きます!
【②電験三種の給料、待遇】
【③電験三種の将来性】

↑このページのトップヘ