電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産1400万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2000人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが投資、副業で1億を目標に動画作ってます

タグ:ETH

icon_001360_256


こんにちは!さんとうきんです(*´ω`)
さんとうきんは2017年に仮想通貨へ参入しました。最初は数万円だったのが、資産が大きくなるにつれてセキュリティを気にするようになりハードウェアウォレットを購入して、悪くないかなと思うので記事にしてみました!


【ハードウェアウォレットとは何か】
まず、勘違いされるのは、USBのハードウェアウォレット本体にはビットコイン自体がはいっているません。ビットコインにアクセスできる秘密キーが存在しています。
ハードウェアウォレット本体に、ビットコインなどの仮想通貨が直接保存されているわけではないのです。使わないときは接続を切ると送金は一切されません。取引所に置いているとログインされてしますといつでも送金されるのでここが大きな違いではあります。また、PCでよくある、USB接続メモリの安全な取り出しといった作業は必要なく、本体は気軽に抜き差ししても大丈夫です。

イメージとしては専用アプリがありそのアプリにログインするのにはキーボードで打ちこみではなくUSBのハードウェアウォレットでログインするという感じです。1台のパソコンですべて完結せず、自分の目の前にあるUSBも関わることで安全性が高まるといった感じ。


【USBをなくしたらおしまい?】
ここも分かりにくいのですが、ハードウェアウォレットが故障・紛失しても、パスフレーズさえあれば復元できます。逆に言うと、パスフレーズごとなくなったら終わりです。。
ウォレットへのログインパスワードとウオレット復元のパスワードが別というのは他のウォレットでも結構あるパターンなので覚えておくといいと思います。

【Ledger Nano S】
このウォレットの良いところは対応銘柄が多いというところ。
Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサ(Ethereum)、
イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、
数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。
リップルにも対応しているのはかなり良いなと思いました。Ledger社が提供する製品では1100種類以上の仮想通貨に対応しております。アップデートを続けているため今後も対応通貨は増えていきます。とあるので今後、さらに増えるようです。与沢さんもこちらの商品で保管している模様。

ここではバンクエラについてチャート占いをしていきたいと思います。

スクリーンショット (261)


【出来高の増加】
IDCMへ6/4頃に上場すると価格と出来高が急増しています。しっかり反応しているところを見ると上場先の取引所で購入者が増えた模様(*´ω`)
今のところ二つの取引所では純利益が増えていないところを見ると取引も活発とは言えない感じなので新規上場を増やしていかないと価格が上がるのは難しそうです(;^ω^)

そうはいっても、最近のビットコインの急騰から資金はマイナーコインへ流入しやすくはなってきていると思われます。イーサリアムの価格が少しずつ上がってきているのも注意ですね(*´ω`)
そういったことを考慮して、BNKは7月に現在の0.3円から1円に上昇します🔮※諸説あり

【配当は増えるの?】
バンクエラローンがサービス開始しても金利収入が入ってくるには遅れがあると思うのでそこまで配当の急増にはならなそうです。どちらかというと、今までもらっていたETHが上がって元金を回収するのは数年で出来るのではないかと考えています(*´ω`)

【関連記事】
【バンクエラ】配当原資の純利益をグラフ化 6月分

↑このページのトップヘ