電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:ETH

こんにちは!さんとうきんです。
今回はビットコインとイーサリアムの価格予想をしていきたいと思います!
YouTubeでも同じ内容で動画を上げているので良かったらご覧ください。
【BTC,ETH 2021年の価格予想】

あくまでも自分の考えですしこれを元にして損失を被っても一切保証、補填は致しませんのでよろしくお願いします。

2020年はとうとうビットコインがオールタイムハイを記録しました・・
2021年は日本企業でもビットコイン投資に参入する企業が一気に増えるでしょう・・

ビットコインは処理能力が低すぎるので決済となるとイーサリアムの方が利用しやすいかもしれません。2017年の時はビットコインを送金するだけで2日もかかってしまい使い物になりませんでした。

しかし、価値の保存であれば即時に着金する必要はないと思います。高セキュリティを維持するには・・

本題のビットコインとイーサリアムの価格予想ですがビットコインは2000万円、イーサリアムは50万円から100万円です。詳細はYouTubeで解説しているので良かったらご覧ください。
【BTC,ETH 2021年の価格予想】

こんにちは!さんとうきんです。
イーサリアムの生みの親ヴィタリック氏が2020年のまとめ?を出していたので翻訳してみました(長いので興味ある人だけどうぞ)
こちらから

FullSizeRender


仮想通貨と政治の話を絡める人が多いなと思っていましたが仮想通貨のトップもこのように考えているようです。

ビットコインとイーサリアムのフォークは国家の内戦

なるほど。なんか自分が期待していたイーサリアムの開発状況とかの話ではなく99%政治の話でした(笑)
後半でやっとヴィタリックの政治以外の意見が少し書かれていてゴールドが不完全であることに若い世代は気付いていて時価総額900兆円はどこかにいかなければならないとあります。

one of the more underrated bull cases for cryptocurrency that I have always believed is simply the fact that gold is lame, the younger generations realize that it's lame, and that $9 trillion has to go somewhere

これは以前に自分のブログでも書いているのですが貴金属は価値の保存として使うには使いにくいということ(笑)

また、他の惑星で金属が見つかれば価格は大きく暴落するということです・・。
それがいつなのかは分からないのでとりあえずポートフォリオの10%を貴金属にしていますがもう少し減らそうかな

5%程度にしても良いかもしれない(;^ω^)
代わりにイーサリアムを買うか。

原文
Endnotes on 2020: Crypto and Beyond

私は今、途切れない時間の半年近くを過ごしてきたシンガポールでこの座って書いています - 多くの人にとって驚くべき期間ですが、私自身にとって最も長い私は10年近く1つの場所に滞在しました。おそらく1945年以来、人類初のボスレベルの敵になるかもしれないものと戦った数ヶ月後、都市自体は正常に近づいていますが、世界全体とその78億人の住民は、通常は遠く離れています。ワクチンの迅速な展開は人類全体がこの大きな課題を克服するのに役立つことを願っていますので、世界の他の多くの地域はあまりうまくいっておらず、より多くの苦しみを受けていますが、トンネルの終わりに光があります。

2020年は、これらのイベントだけでなく、他の人のために奇妙な年でした。「キーボード(AFK)から離れた生活」がはるかに制約され、挑戦的になったので、インターネットは良い結果と悪い結果の両方で過給されています。世界中の政治は奇妙な方向に進んでおり、私は彼らの(しばしば相互に矛盾する)個人的な原因があまりにも重要であると判断したように見えるので、彼らの最も基本的な原則を簡単に放棄している多くの政治的派閥に絶えず心配しています。しかし同時に、輸送、医学、人工知能、そしてもちろんブロックチェーンや暗号の新しい技術発見が、人類の新しい章をついに実現する可能性がある、珍しいコーナーから希望の光が生じています。


私たちが始めた場所
私たちが行くところ
だから、2020年は重要な質問を熟考するのと同じくらい良い年です:どのように世界のモデルを再評価する必要がありますか?今後数十年で世界を見て理解し、推論する方法は、今後数十年でより有用であり、どの道はもはや価値がないのでしょうか?その前に見たことのない道は,ずっと貴重なものでしたか。この記事では、私は私自身の答えのいくつかを与え、すべてから遠く離れていますが、特に興味深いと思われるいくつかの詳細を掘り下げましょう。これらのアイデアのどれが変化する現実の認識であり、誰が常にそこにあったかを最終的に見ているのを見分けるのは難しいことがあります。多くの場合、それは両方の一部です。これらの質問に対する答えは、私が家と呼ぶ暗号空間と広い世界の両方に深い関連性を持っています。

経済学の変化する役割
経済学は、食品の生産、ウィジェットの製造、住宅の売買など、物理的な物体の形で「商品」に歴史的に焦点を当ててきた。物理オブジェクトには、転送、破壊、売買はできますが、コピーはできません。ある人が物理的なオブジェクトを使用している場合、他の人が同時に使用することは通常現実的ではありません。多くのオブジェクトは、完全に「消費」した場合にのみ価値があります。オブジェクトのコピーを 10 部作成するには、1 つのリソースを作成するのに必要なリソースの 10 倍近く(10 倍ではなく、特に大きなスケールでは驚くほど近い) 必要があります。しかし、インターネット上では、非常に異なるルールが適用されます。コピーは安いです。記事やコードを一度書くことはできるし、一度書くのにはかなりの労力が必要ですが、その作業が終わると、無制限の人がダウンロードして楽しむことができます。「消耗品」の物はほとんどありません。製品は、より良いものに取って代わられることが多いが、それが起こっていない場合、今日生産されたものは、時間の終わりまで人々に価値を提供し続ける可能性があります。

インターネット上では、「公共財」が中心となる。確かに、私物は、特に個人の注意力と時間と仮想資産の形で存在しますが、平均的な相互作用は1対1ではなく、1対多です。さらに状況を混乱させると、「多く」は、企業、都市、国などの一対多の相互作用を構築するための伝統的な構造に簡単にマップされることはめったにありません。代わりに、これらの公共財は、通常、世界中の広く散在する人々のコレクション全体で公開されています。幅広いグループの人々にサービスを提供する多くのオンラインプラットフォームは、機能、コンテンツモデレーションポリシー、またはユーザーコミュニティにとって重要なその他の課題を決定するためにガバナンスを必要としますが、ユーザーコミュニティがそれ自体以外のものにきれいにマップすることはめったにありません。ツイッターが多くの場合、米国の政治家とその地政学的ライバルの代表者との間の公開討論のためのプラットフォームである場合、米国政府がツイッターを統治することはどのように公正ですか?しかし、明らかに、ガバナンスの課題が存在するので、より創造的な解決策が必要です。

これは単に「純粋な」オンラインサービスに関心があるだけではありません。物理的な世界の商品(食料、住宅、ヘルスケア、輸送)は相変わらず重要ですが、これらの商品の改善は技術に以前よりも依存しており、技術の進歩はインターネット上で起こります。




最近のGitcoinの二次資金調達ラウンドによって資金提供されたイーテリアム生態系における重要な公共財の例.ブロックチェーンを含むオープンソースソフトウェアエコシステムは、公共財に大きく依存しています。

しかし、経済学自体は、これらの問題に対処するためのあまり強力なツールではないようです.2020年のすべての課題のうち、需給曲線を見て理解できる人は何人ですか?ここで何が起こっているのかを見る一つの方法は、経済学と政治の関係を見る方法です。19世紀には、2人はしばしば「政治経済」と呼ばれる主題である結び付けられていると見なされていました。20世紀には、2つはより典型的に分割されています。しかし、21世紀には、「プライベート」と「パブリック」の境界線が再び急速にぼやけています。政府は市場のアクターのように振る舞い、企業は政府のように振る舞っています。

研究者の注目の目はますますガバナンスの課題に焦点を切り替えているため、このマージが暗号空間でも起こっているのを見ています。5年前、暗号空間で検討されている主な経済トピックは、コンセンサス理論と関係がありました。これは明確な目標を持つ難しい経済学の問題なので、利己的なマイニングペーパーのような素晴らしいクリーンな結果を得る機会があります。分散分散化などの主観のいくつかの点が存在しますが、メカニズム設計の正式な数学とは別に簡単にカプセル化して処理することができます。しかし、ここ数年で、ブロックチェーンの上にますます複雑化する金融プロトコルとDAOが増加し、同時にブロックチェーン内のガバナンスの課題が増えています。キャッシュビットコインは、開発者チームへの支払いに対するブロック報酬の12.5%をリダイレクトする必要がありますか?その場合、その開発者チームが誰であるかを決定するのは誰ですか?Zcashは20%の開発者報酬をさらに4年間延長する必要がありますか?これらの問題は確かにある程度経済的に分析することができますが、分析は必然的に調整、平衡、"シェリングポイント"と"正当性"の間で反転する、数字で表現することがはるかに困難なような概念に固執します。したがって、正式な数学的推論と人道的推論のより柔らかいスタイルを組み合わせたハイブリッド規律が必要です。

私たちはデジタル国家を望み、代わりにデジタルナショナリズムを得た
私が2014年頃から暗号空間のかなり早い段階で気づいた最も魅力的なことの1つは、世界の政治的パターンをどれだけ早く複製し始めたかということです。私は「人々が部族を形成し、お互いを攻撃している」という広い抽象的な意味でこれを意味するわけではありませんが、驚くほど深く具体的な類似点を意味します。

まず、物語.2009年から2013年頃まで、ビットコイン世界は比較的無邪気な幸せな場所でした。コミュニティは急速に成長し、価格は上昇し、ブロックサイズや長期的な方向性に関する意見の相違は、主に学術的であり、ビットコイン成長し繁栄するのを助けるという共通のより広範な目標に比べてほとんど注意を払わなかった。

しかし、2014年に、シズムが発生し始めました。ビットコインブロックチェーンのトランザクション量は、ブロックあたり250キロバイトに達し、上昇し続け、限界を増やす前にブロックチェーンの使用量が実際に1MBの制限に達するかもしれないという懸念が初めて高まりました。ビットコインではないブロックチェーンは、ここまでマイナーなサイドショーが突然スペースの主要な部分となり、イーサリアム自体が間違いなく充電をリードしました。そして、これらの出来事の間に、表面の下に丁寧に隠されていた意見の相違が突然爆発しました。「ビットコインの最大主義」は、暗号空間の目標は、一般的に暗号通貨の多様なエコシステムであってはならず、特にビットコインビットコイン、ドミニク・ウィリアムズと私はすぐにそれが何であるかを見て、現在の名前を付けた顕著で怒っている動きにニッチな好奇心から成長したという考え。小さなブロックのイデオロギーは、ブロックサイズを非常にゆっくりと増やすべきである、あるいは取引手数料の高さに関係なくまったく増加してはならないと主張し、根付き始めました。

ビットコイン内の意見の相違はまもなく全面的な内戦に変わるだろう。/r/bitcoin subredditと他のいくつかの主要な公開ビットコイン議論スペースの運営者であるTheymosは、コミュニティに彼の(小さなブロック寄りの)見解を課すために極端な検閲に頼った。これに対し、ビッグブロッカーは新しいサブレディット/r/btcに移動しました。一部の人々は勇敢に香港の有名な会議を含む外交会議との緊張を和らげようとし、一見合意に達したが、1年後に小さなブロック側は取引の一部を否定することになるだろう。2017年までに、大きなブロック派はしっかりと敗北する途中であり、その年の8月に、彼らは「ビットコインキャッシュ」(シンボルBCH)と呼ばれるビットコインブロックチェーンの独自の継続に独自のビジョンを実装するために、彼ら自身のビジョンを実行することを分離しました(または「フォークオフ」)。

コミュニティの分裂は混沌としており、通信チャネルが離婚でどのように分割されたかでこれを見ることができます:/r /bitcoinはビットコイン(BTC)の支持者の支配下にとどまりました。/r/btcはビットコインキャッシュ(BCH)の支持者によって制御されました。Bitcoin.orgはビットコイン(BTC)の支持者によって支配されました。一方、Bitcoin.comはビットコインキャッシュ(BCH)の支持者によって支配されていました。それぞれの側は、自分自身が真のビットコインであると主張しました。結果は、国が半分に分裂する時に起こる内戦の1つに非常に似ているように見えました, 2つの半分は、用語のサブセットのみを異なるほぼ同じ名前を呼び出します "民主的な" "人々"と "共和国" それぞれの側に表示されます.どちらの側も他方を破壊する能力を持っていなかったし、もちろん、紛争を裁くより高い権限はなかった。




2020年時点で、主要なビットコインフォーク。ビットコインダイヤモンド、ビットコインロジウム、ビットコインプライベート、または私はあなたが販売することを除いて、完全に無視することを強くお勧めしますビットコインフォークの他の長いリストは含まれていません(そしておそらくあなたは上記のフォークの一部も販売する必要があります)。BSVは間違いなく詐欺です!)


同じ頃、イーサリアムは、エサリアムの最初の主要なスマート契約アプリケーションから5000万ドル以上が盗まれた盗難に対する非常に議論の余地のある解決をDAOフォークの形で、独自の混沌とした分割を持っていました。ビットコインの場合と同様に、最初の内戦(4週間しか続かないが)があり、その後チェーン分割が行われ、その後、2つの現在別々のチェーンであるイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)の間でオンライン戦争が起きました。命名分割はビットコインと同じくらい楽しかったです:イーサリアム財団はTwitterでイーサリアムプロジェクトを開催しましたが、イーサリアムクラシックサポーターはGithubでイーサリアムプロジェクトを開催しました。

イーサリアム側の一部は、イーサリアムクラシックは非常に少数の「本当の」支持者を持っていたと主張し、全体は主にビットコイン支持者による社会的攻撃でした:彼らの価値観に合ったイーサリアムのバージョンをサポートするか、混乱を引き起こし、エテリアムを完全に破壊します。私自身は、これらの主張を最初にいくらか信じていましたが、時間が経つにつれて、私は彼らが過度に誇張されていることを認識するようになりました。一部のビットコイン支持者は確かに自分のイメージで結果を形作ろうとしましたが、多くの紛争の場合と同様に、「外国の干渉」カードは、多くのイーサリアム支持者が、ある程度私を含む心理的防衛であり、無意識のうちに私たち自身のコミュニティ内の多くの人々が本当に異なる価値観を持っていたという事実から身を守るために使用されました。幸いなことに、2つの通貨間の関係は、ヴァージル・グリフィスの優れた外交スキルのおかげで改善されました - そして、イーサリアムクラシック開発者は、別のGithubページに移動することに同意しました。

内戦、同盟、ブロック、内戦の参加者との同盟、あなたはすべて暗号でそれを見つけることができます。幸いなことに、紛争はすべて仮想的かつオンラインであり、実際の生活の中で起こっていることに伴う非常に有害な対人的な結果はありません。それでは、このすべてから何を学ぶことができますか?重要なテイクアウトの1つは、このような現象が、国間の対立、宗教間の対立、純粋なデジタル暗号通貨間の関係と同じくらい大きく異なる文脈で起こるならば、おそらく私たちが見ているのは、人間性の消えないエピフェレフェムです。ですから、このような状況は今後数十年にわたって多くの文脈で引き続き繰り返され続けることを期待すべきです。そして、おそらく、私たちが悪いことから出てくるかもしれない良いを分離すると思ったよりも難しいです:私たちを戦いに駆り立てるのと同じエネルギーも私たちを貢献させました。

とにかく私たちを動機づけるのは何ですか?
2000年代の重要な知的底流の一つは、非金銭的動機の重要性の認識でした。人々は仕事でできるだけ多くのお金を稼ぎ、家族の生活の中でお金から楽しみを引き出すことによってだけでなく、やる気を起こさせられます。仕事でも、社会的地位、名誉、利他主義、相互主義、貢献感、良いことと価値のあるものの異なる社会的概念、そしてはるかに動機づけられています。

これらの違いは非常に有意義で測定可能です。例えば、不道徳な仕事の差額を補うこのスイスの研究を参照してください - その仕事が道徳的に不味いと考えられる場合、雇用者は誰かに仕事をするように説得するためにいくら余分に支払う必要がありますか?



私たちが見ることができるように、効果は大きいです:仕事が広く不道徳と考えられている場合、彼らが喜んでそれを行うために従業員にほぼ2倍の料金を支払う必要があります。個人的な経験から、私はこれがケースを過小評価していると主張するでしょう:多くの場合、最高品質の労働者は、彼らがほとんどすべての価格で世界に悪いと思う会社で働くことを望まないでしょう。形式化が難しい「仕事」(口コミマーケティングなど)も同様に機能します:プロジェクトが良いと思われる場合は、無料で行います。これはまた、多額の資金を調達するが悪徳であるブロックチェーンプロジェクト、あるいは企業が管理する利益志向の「VCチェーン」でさえも失敗する傾向がある理由でもあります: 10億ドルの資本でさえ、魂を持つプロジェクトと競争することはできません。

しかし、いくつかの点でこの事実について過度に理想主義的であることが可能です。まず第一に、社会的に良いと考えられているプロジェクトに対するこの分散型の非市場的な非政府補助金は膨大ですが、世界的に年間数百兆ドルに達する可能性が高いですが、その効果は無限ではありません。開発者が「イデオロギー的に純粋」であることによって年間30,000ドルを稼ぐか、そしてプロジェクトに不必要なトークンを貼り付けて3000万ドルのICOを作ることの選択がある場合、彼らは後者を行います。第二に、理想主義的動機は、彼らが動機づけるものに不均一です。リック・フォークヴィンゲのSwarmwiseは、政治活動を重要な例として指摘することで、分散型の非市場組織の可能性を部分的に引き起こしました。そして、これは本当です、政治活動は給料をもらう必要はありません。しかし、より長く、より厳しいタスクは、優れたユーザーインターフェイスを作るのと同じくらい単純なものでさえ、本質的に動機づけられることはそれほど簡単ではありません。そして、本質的なモチベーションに頼りすぎていると、一部のタスクが行き過ぎて他のタスクが不十分に行われたり、完全に無視されたりするプロジェクトが得られます。第三に、人々が本質的に魅力的だと感じるものに対する認識は変わり、操作される可能性さえあります。

私にとって重要な結論の1つは、文化の重要性です(そして、暗号インフルエンサーが残念ながら私のために台無しにしてきたという非常に重要な言葉は、「物語」)。道徳的地位の高いプロジェクトが、そのプロジェクトの2倍のお金、あるいはそれ以上のものを持つことに相当するならば、文化と物語は数十兆ドルの価値に相当する非常に強力な力です。そして、これは正当性と協調性に対する私たちの認識を形作る上で、そのような概念の役割をカバーすることさえ始まりません。そして、文化に影響を与えるものは、世界や人々の財政的利益に大きな影響を与える可能性があり、私たちは体系的かつ意図的にそうするために、あらゆる種類の俳優からますます洗練された努力を見るつもりです。これは、非金銭的な社会的動機の重要性の暗い結論です - 彼らは戦争の恒久的かつ最終的なフロンティアのための戦場を作成します, 幸いにも通常致命的ではないが、残念ながら戦争は戦いとしてカウントするものを決定することがいかに密接に主観的であるかのために平和条約を作成することは不可能です: 文化戦争.

ビッグXはここに滞在するために、すべてのXのために
20世紀の大きな議論の一つは、「ビッグガバメント」と「ビッグビジネス」の間で、ビッグブラザー、ビッグバンクス、ビッグテック、時にはステージに参加する様々な順列です。この環境では、大きなイデオロギーは、企業に焦点を当てた共産主義、政府に対するアナーコ資本主義など、彼らが嫌いなビッグXを廃止しようとすることによって定義されました。2020年を振り返ってみると、どの偉大なイデオロギーが成功し、どれが失敗したのかと尋ねるかもしれません。

1996年のサイバー空間独立宣言の例を見てみましょう。

産業世界の政府は、あなたは肉と鋼鉄の疲れた巨人、私はサイバースペース、マインドの新しい家から来ています。未来を代表して、私たちを放っておいてもらう。あなたは私たちの間で歓迎されていません。あなたは私たちが集まる主権を持っていません。

そして、同様に精神を持つ暗号無政府主義者宣言:

コンピュータ技術は、個人とグループが完全に匿名でコミュニケーションを取り、互いにやり取りする能力を提供しようとしている。2人は、他者の真の名前や法的アイデンティティを知らずに、メッセージを交換し、ビジネスを行い、電子契約を交渉することができます。暗号化されたパケットと改ざん防止ボックスの広範な再ルーティングを介して、ネットワーク上の相互作用は追跡不可能になり、改ざんに対してほぼ完全に保証された暗号プロトコルを実装します。評判は中心的な重要性であり、今日の信用格付けよりもはるかに重要です。これらの動きは、政府の規制の性質、経済的相互作用に課税し、制御する能力、情報を秘密にする能力を完全に変え、信頼と評判の性質を変えるでしょう。

これらの予測はどのように遠ざかっていますか?答えは興味深いです:私は彼らが一方の部分で成功し、他の部分で失敗したと言うでしょう。何が成功しましたか?私たちはネットワーク上でやり取りをし、国家アクターでさえ壊れにくい強力な暗号を持ち、強力な暗号通貨を持ち、1990年代の思想家がほとんど予想していなかったスマートな契約能力を持ち、知識のない匿名の評判システムに向かってますます動いています。何が失敗しましたか?まあ、政府は消えませんでした。そして、何が全く予想外であることが判明しましたか?おそらく最も興味深いプロットのねじれは、2つの力は、いくつかの例外にもかかわらず、致命的な敵のように振る舞っていないということです、そして、政府内には、ブロックチェーンと暗号通貨と暗号の信頼の新しい形態に友好的な方法を真剣に見つけようとしている多くの人々さえいます。

私たちが2020年に見ているのはこれです:ビッグガバメントは相変わらず強力ですが、ビッグビジネスも相変わらず強力です。「ビッグ・プロバソン・モブ」もビッグテックと同じくらい強力で、すぐにビッグ・暗号が十分に高まります。人口密度の高いジャングルで、多くの複雑な俳優の間に不安な平和があります。成功を強力な俳優のカテゴリー、あるいはあなたが嫌いな活動のカテゴリーの完全な不在と定義すれば、おそらく21世紀は失望するでしょう。しかし、何が起こらないのかよりも何が起こるかを通じて成功を定義し、不完全な結果で大丈夫であれば、誰もが幸せにするのに十分なスペースがあります。



多くの場合、交差する複数の世界の境界が最も興味深い場所です。サルはそれを得る。


密なジャングルで繁栄
だから私たちは、次の世界を持っています:

1 対 1 の相互作用はあまり重要ではなく、1 対多の相互作用と多対多の相互作用がより重要です。
環境は、はるかに混沌とし、クリーンで単純な方程式でモデル化することは困難です。多対多の相互作用は、特に私たちがまだよく理解していない奇妙なルールに従います。
環境は密集しており、強力な俳優の異なるカテゴリは、互いに並んで非常に密接に生活することを余儀なくされています。
ある意味では、これは私のような人にとってあまり便利ではない世界です。私は、より単純な物理的な物体を分析し、売買することに焦点を当てた経済学の形で育ち、今ではそのような分析は無関係ではないが、以前よりも有意に関連性が低い世界と戦うことを余儀なくされています。しかし、移行は常に困難です。実際、移行は、移行が彼らがずっと信じていたことを確認するだけだと思うので、彼らが挑戦していないと思う人にとっては特に困難です。大金融危機が誰の心の中で最も最近の重要な出来事であった2009年に作成されたスクリプトに従って、今日でも正確に動作している場合は、過去10年間に起こったほぼ確実に重要なことが欠落しています。終わったイデオロギーは死んだイデオロギーです。

ブロックチェーンや暗号通貨が重要な役割を果たす準備ができている世界ですが、多くの人々が考えているよりもはるかに複雑な理由で、文化的な力と金銭的なものと同じくらい関係があります(私が常に信じていた暗号通貨のより過小評価された強気のケースの1つは、単に金が不自由であるという事実であり、若い世代は、それが不自由であることを認識し、9兆ドルがどこかに行かなければならないということです)。同様に複雑な力は、ブロックチェーンと暗号通貨が有用になる原因となるものです.どのアプリケーションも一元化されたサービスでより効率的に行うことができると言うのは簡単ですが、実際には社会的協調の問題は非常に現実的であり、非中立性や第三者への継続的な依存さえも認識しているシステムにサインオンする意欲も現実です。ブロックチェーンを置き換えることを主張する一元化されたコンソーシアムベースのアプローチはどこにも行きませんが、「愚かで非効率的な」パブリックブロックチェーンベースのソリューションは静かに前進し、実際の採用を得続けます。

そして最後に、それは非常に学際的な世界であり、層に分割して各層を別々に分析することははるかに困難です。文中で、ある分析スタイルから別のスタイルの分析に切り替える必要がある場合があります。物事は奇妙で不可解な理由で起こり、常に驚きがあります。残っている問題は、どのように適応するかということです。

こんにちは!さんとうきんです。
とうとうビットコインが暴騰し始めました(笑)
短期トレードで消耗していませんか・・
有名トレーダーでもMACDなどをみて利確ポイントをツイートしていますが無意味なので要注意です。

YouTubeでも株、仮想通貨に関して動画を上げているので良かったらご覧ください。
株・副業チャンネルはこちらから

ここから半年後まではとりあえず利確しないで適当に持ち続けようと思います
イーサリアムは利確ポイントを決めているので様子を見ながら少しずつ利確するのもありかなと(;^ω^)

ビットコインを売り払うのは最後の最後にしたいんですよね・・
少しでもこいつを引っ張って全世界株にぶち込みます

全世界株はリーマンショックで半値ですがビットコインは前回80%ほど下落してますから資産として残すときはインデックス投資、米国債にしたいところです

現金でもいいんですが、好景気が長引くとストレスになると思うので米国債で2%ほどでもいいから配当収入を得る方が精神的には安定するのではないかと思います

一時期はLQD(米国投資適格社債)も良いかなと思いましたが検証した結果持つ価値なしと判断しました。検証動画はYouTubeにあげていてこちらからご覧ください。
【有料級 LQD徹底分析】コロナショックでの円ベースでの価格の変化

来年はいよいよ1000万円を突破してくるのではないかと思います。1BTC=1000万円だと高いという人がいますが個人の感覚ほど当てにならない物はありません(;^ω^)

買う人がいれば上がるというシンプルなもので、企業が参入し顧客にアプリで提供すればさらに広まるのではないかと思います

YouTubeでも株、仮想通貨に関して動画を上げているので良かったらご覧ください。
株・副業チャンネルはこちらから

こんにちは!さんとうきんです。
リップルの証券問題が再燃し大きなニュースとなっています(;^ω^)

詳細についてはYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。
【リップルとSEC】ビットコインは2000万円に!

今回のニュースでリップら―も大ダメージを追っています(笑)
完全にブルトレンドに移行したと思った所でのニュースなので受け入れられないのも無理ないかも言しれません

さすがに今回のニュースを見た瞬間にXRPとSBIホールディングス株を手放しました(笑)
利益が少し出ていたので切りやすかったですが含み損を抱えていると迷ってしまうかもしれません。

とりあえず下落が始まった50円に戻るのか、28円の安値を再度割っていくのかを確認してからでいいのかなと思います。無理しなくてもビットコインやイーサリアムがあるのでそちらで稼げばいいのではないかと思うので静観します(;^ω^)

コインベースで取り扱いが中止となると暴落すると思うので、そのときに28円を割らなければ買っても良いかもしれませんがここを割れると一桁もあり得ると思います。総悲観は買いとも考えれますが少しリスクリワードがよろしくない気も・・

間違ってもレバレッジは危険です(笑)


詳細についてはYouTubeで話しているので良かったらご覧ください。
【リップルとSEC】ビットコインは2000万円に!

↑このページのトップヘ