電験二種+個人投資家=さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に参入しました。 YouTubeを収益化するために毎日更新しています チャンネル登録者数が1300人超え収益化できました(*´ω`)

タグ:SEC

こんにちは。さんとうきんです!
今回は米国を代表する金融機関のフィデリテイがビットコインを入れたファンドを立ち上げるニュースを紹介していきたいと思います。

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

原文はこちらから

以下翻訳をのせています

デジタルファンドのフィデリティプレジデント兼ディレクターであるピータージュバー氏は本日、米国証券取引委員会(SEC)に書類を提出し、ビットコイン専用の新しいファンドについて規制当局に通知した。


これまで知られていなかったワイズオリジンビットコインインデックスファンドI、LPは今年設立され、投資する巨人が8.3兆ドルの顧客ファンドを管理している同じボストン本社から運営されています。初期のドキュメントでは、ファンドに関する詳細はほとんど提供されておらず、現在投資家が参加していないことが示されています。プールされた投資ファンドに参加するための最低投資額は100,000ドルであることはわかっています。これは、おそらく機関投資家および認定投資家のみを対象としています。

ただし、Fidelityが最終的に新しく公開されたファンドをどのように使用するかについての考えを示すために、同社は最近、米国およびヨーロッパからの800の機関投資家に対する調査結果を発表しました。回答者の36%がすでにデジタル資産に投資していることがわかりました。 60%は、デジタル資産がポートフォリオに位置づけられていると述べています。


これはフィデリティの最新の開発であり、ビットコインを投資可能な資産として採用することの深刻さを示しています。 2017年にビットコインの最初の制度的支持者になった1年後、FidelityのCEOであるアビゲイルジョンソンが資産を採掘していると公に述べたとき、同社はFidelity Digital Assetsの立ち上げによりその関心を正式に表明しました。

翌年、2019年、ニューヨーク金融サービス局のPNCは、FidelityにいわゆるBitLicenseを付与し、さまざまな暗号化ビジネスを実行できるようにしました。



文書によると、Wise Origin FundsとFidelity Digital Asset、Smithfield、Rhode Islandに本拠を置くFidelity Brokerage Services LLCの関係は不明確なままですが、ファンドの管理人となります。 Wise Originの留守番電話での声は、組織をWise Origin Fundsとして識別します。その名前の商標申請は、フィデリティの知的財産担当副社長であるトーマスバリーによって提出され、現在、米国特許商標庁によって審査中です。

1月に$ 560,000の別のWise Originファンドが提出されましたが、ビットコインへの言及はありませんでした。

世界中の専門家からの最新の洞察で、Forbesの最高の機能を受信トレイに届けましょう。
TwitterまたはLinkedInで私に従ってください。安全なヒントを送ってください。

マイケルデルカスティーヨ
私は、ブロックチェーンと暗号通貨がどのように企業やより広いビジネスコミュニティに採用されているかについて報告します。私のカバレッジには、暗号通貨などの使用が含まれます

YouTubeでも仮想通貨のトレードプランなどの動画を上げているので良かったらご覧ください。
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

スクリーンショット (2166)


こんにちは。さんとうきんです!
ビットコインの月足チャートがこちらになります。まだ確定していないですが少し抜け始めています。。。


YouTubeでも仮想通貨について動画を作っているので良かったらチャンネル登録者お願いします
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ


今月の動きを見てから機関投資家なども買ってくのではないかと思います(;^ω^)
1年前から機関投資家の参入が目立ち始めていますが仮想通貨に参入していることは表立って公表したがらないという記事もありました(笑)

ビットコインも注目したいのですがそれ以上にアルトコインで爆益を出す人がここから数年で元寄贈すると考えています。ビットコインしか上がらないとか、ビットコイン以外は無くなるというのが2019年は風説の流布として蔓延していましたが全く根拠ないと思います(笑)

企業が数千、何万もあるならコインもそれ以上にないとおかしいですからね。ライバル企業が使ってるコインを使いたいですか?
自分なら他の有力なコインと提携して他企業を出し抜こうと考えます・・
アルトコインが世界を変えるはずです

しかし、動画でも言っているように日本に上場されていないコインはこれからハイリスクになると考えています。。。

今のように自由に送金できなくなることを一番恐れています(;^ω^)
そうなると日本人が買えるのは国内に上場しているコインのみです。しかし、見てもらえばわかるように日本に上場しているアルトコインで何十倍になっている物がありません(笑)
この半年で数十倍になっている物がチラホラ出ているのにホワイトリストに登録されてるコインは値上がりがイマイチなんです(笑)

ただ送金できなくなるリスクを考えるとあまりアルトコインを持つわけにもいきません。来年中にはホワイトリスト以外の通貨はビットコインに変えるなどして対策していく必要がありそうです。

YouTubeでも仮想通貨について動画を作っているので良かったらチャンネル登録者お願いします
→仮想通貨については再生リストにまとめているのでこちらからどうぞ

↑このページのトップヘ