個人投資家+YouTuber =さんとうきん

20代です。電験二種、三種取得。株は10年以上していて、本業の年収が700万円を超え始めたので本格的に株、仮想通貨へ参入しました。運用資産2000万 【YouTube】投資チャンネル運営中。登録者数2900人超え!サブチャンネルでは資産0円から始めた凡人サラリーマンが資産1億を目標に動画作ってます

タグ:samsung

icon_035850_256

【とある情報筋によると】
サムスンは7月10日、ブロックチェーンアプリの開発キットSamsung Blockchain SDK(以下、SDK)のベータ版を公開した。SDKは、分散型アプリケーション(DApp)におけるブロックチェーンアカウントの管理を容易にする。同社の携帯端末Galaxyシリーズに搭載されたSamsung Blockchain Keystoreと連携することで、Keystoreや外部のコールドウォレットを用いた送受金の機能を実現できるという。
SDKはDApp開発者向けにベータ版が提供されている。2019年末までに正式版のリリースを予定している。対応する端末はSamsung Blockchain Keystoreを搭載するもので、同社のGalaxy S10e、S10、S10 +、S10 5G、およびGalaxy Foldが対象となる。米国、カナダ、韓国向けに提供されるという。開発環境はEthereumのブロックチェーンに対応する。
Samsung Blockchain Keystoreは、ユーザーアカウントとブロックチェーンアドレスのひも付けを行い、その管理とトランザクションへの署名などの機能を提供する。SDKは、Keystoreと連携して外部ブロックチェーンノードとの通信を可能にする。DApp上で外部コールドウォレットの活用が可能になり、送受金などの実装を容易に行うことができるとのこと。

【ウォレットと連携する意味】
色々な外部ウォレットから取引所へ送金するためにパスワード入力したりするのがアプリ一つで出来ればかなり利便性が高まりますし、今まで抵抗がある人も使いやすくなるので生活に浸透するかなと思います(*´ω`)

イーサリアムのスマートコントラクトはまだまだ伸びる可能性を秘めています。。。
価格は低迷気味ですがビットコインのように先物やETFなどが話題になれば価格も追いついてくるかなと思います(*´ω`)

icon_060110_256
【COINTELEGRAPH】
On July 10, Kim Nam-jin applied for a Trademark 5 (TM5) on the name “Samsung Coin” with the Korean Intellectual Property Office (KIPO). As per the filing, it appears that Nam-jin is seeking to trademark the name in both its Korean spelling in Hangul as well as in English.
However, per a July 19 report, a Samsung representative told CoinDesk that Kim Nam-jin is not affiliated with the Korean tech giant Samsung. “We don’t work this way,” the representative apparently said.
Additionally, the report says that the trademark was listed under categories including downloadable electronic money computer program, electronic money card, electronic encryption device, and IC card with electronic money function, although blockchain and cryptocurrency are not mentioned anywhere.
The report also notes that this is not the first time Kim Nam-jin has attempted to trademark a seemingly crypto-related term associated with a Korean tech giant.
According to the report, Nam-jin also entered an application with KIPO for the name ThinQ Wallet on the same day the individual filed for Samsung Coin. However, in this case, LG Electronics had already filed to trademark ThinQ Wallet as of July 2, which is the name for a proposed, multi-functional crypto wallet.
As reported by Cointelegraph on July 10, Samsung announced that it has released its blockchain and decentralized application (DApp) Software Development Kit (SDK). The SDK is designed for account management, payments, and cold wallet support among other things. The latest Samsung Blockchain SDK is apparently a superset of all previous SDKs, and contains the Samsung Blockchain Keystore SDK.


【WHAT KEY POINT】
Samsung like ETH.
The system based etheleum.But etheleum is undervalued because the price of Bitcoin has risen too much.

Now,People are difficult to use Wallet.Just as smartphones have become more convenient with bank transfer apps, wallet evolution will make everyone usable

The virtual currency is visible in the middle of the bubble as app development and convenience increase with the price of Ethereum soars. maybe

↑このページのトップヘ